各国戦略の手引き

メキシコ(Mexico)

概要

分離独立を図るテキサスの不法移民との戦いからGCが開始される我らがメキシコ共和国。
無頼漢どもを討伐し、迫り来るマニフェスト・ディスティニーの脅威に抗いましょう!

国情

総人口713万人。労働人口178万人。識字率は12.4%でこの人口としては悪くはない。
独立を求めて暴動が起きているテキサスを含めて、有するステート数は14でとてもひろ~い、でもスカスカ広大な領域に新大陸補正で将来的な移民に期待できる。
カリフォルニア州のシエラネバダ山脈以外及びバハカリフォルニア半島(ソノラ州)ロサリトの6プロヴィンスでは、生活指数が40越えで他に類を見ない豊かな地域であり、放っておいても畑から人が生えてきます。
最上位文化はメキシコ人でちょうど51%を占めます。主要文化はマヤ人で約6%を占め、最南部に分布しています。
序列16位の準列強として、北米大陸の空白地に植民できます。
コロラド州、オクラホマ州、オレゴン州が入植先候補ですが、乏しい植民ポイントでは腐れメリケンアメリカとの植民レースには勝てないため、オレゴン州が実質的な入植先になります。オレゴン州はカリフォルニア州の北にある沿岸州で、材木が産出され海軍基地建設による植民ポイントの確保が図れる有望な州です。
牛臭いコロラド州やチェロキー族が保留地に押し込められる涙の旅路決断が起きてゲンが悪いオクラホマ州なんて要りませんとも

生産

羊を除く生活必需品全てと鉄に石炭、材木にコーヒー、綿花に染料まで産出する豊かな土地です。さらに1836年のスタート直後に、チワワ、ドゥランゴ、クリアカン、アカプルコで、1848年にはカリフォルニア州マリポーサでゴールドラッシュが起こり、財政にかなりの余裕が生まれます。
テキサス独立を阻止できれば、テキサス州ラボックで硫黄が確保できるでしょう。
70-80年代にはテキサス州ヒューストン、オースティン、ダラス、カリフォルニア州ロサンゼルス、モントレー、90年代からはモレリア州コラタロ、メヒコ州ベラクルス、ヌエボレオン州タンピコで石油が発見され、燃料に不自由する事はありません。
自給できない工業資源としてはゴムや南洋材がありますが、隣国中央アメリカ(ホンジュラス)のサンミゲルや南米ブラジル及びボリビアで産出します。特に隣国中央アメリカはメキシコの主要文化であるマヤ人が多くいるので、列強となって影響圏に加えるよりは、不当に奪われた土地を正当な支配者であるメキシコが取り戻すよう、征服戦争によって資源確保するべきです。

軍事力

非正規歩兵8連隊、正規歩兵1連隊。最大保有可能連隊は10個連隊。
テキサスの暴徒どもは騎兵1連隊、砲兵1連隊、親衛歩兵1連隊の3個連隊のため、兵力を集中すればなんとか打ち破れる程度ではあります。
将軍はほぼほぼ攻撃補正+1~+2が付いて防衛補正皆無の猪突猛進な脳筋ばかり。
スペインからの独立から時が経っていないからといって、血の気が多すぎる奴らばかりじゃないですかやだー
海軍はフリゲート艦と帆船輸送艦が共に1艦ずつ。
中途半端すぎてどちらも役に立たないうえ、艦隊はカリブ海側にあるために東南アジア方面の植民地確保には用いる事ができない。
マジつっかえ、廃棄だわ廃棄

技術

伝統的学会で4/1/3/3/2と中の中、もしくは中の下。GC開始直後から戦争中である国家としては陸軍4は有難い反面、工業技術の遅れは工業化や人口増加の障害となるため早めの開発をしたいところ。特に1836年の貴金属産出プロヴィンスは全て平原か林野で、実験的鉄道の研究が終わり次第に即鉄道敷設可能で+16%の貴金属産出量上昇が見込めるため、優先的に研究したい。もしくは取引の自由の研究で鉱業(貴金属)+10%を狙ってもよい。こちらは研究終了後即産出量が上昇するため、鉄道と比較して効果は低いが即効性がある。
また領内では石炭・鉄・貴金属・硫黄の全てを産出するため、工業技術の金属工学ツリーを解禁していくのも一考に値する。

外交

旧宗主国であるスペインと、同じ北米大陸在住者であるアメリカと関係が良く、テキサスとは敵対しています。まあアメリカとはテキサスとの戦争とマニフェスト・デスティニー発動で決定的に関係悪化するんですけどね
お嬢とは良くも悪くもありません。
カナダ植民地にお住まいのお嬢や、キューバ植民地に居座っているスペイン兄貴はロクな兵力を駐屯させておらず、纏まった兵力を有しているのは潜在的な敵国であるアメリカのみになります。
つまり同盟するに足る国家が北米にはおりません。
さて困ったぞ
ベリーズ植民地を有して隣国であるお嬢から攻撃されないよう、お嬢とは友好を保つべき、と言ったところでしょうか。
なお、スペイン植民地であるキューバにアメリカコアを付与するオステンド・マニフェストが発動された場合、アメリカとスペインはほぼ戦争になります。それを見越してスペイン及びイギリスと同盟するのも良いでしょう。アメリカVSイギリス・スペイン・メキシコ同盟でアメリカの野望を砕くのです!

工業化

低識字率と保有技術の低迷で工業化は大分先になります。また民主制で政権与党である保守党の経済政策は介入主義であるため、プレイヤーが工場を建設することはできません。資源自体は領内で大体の資源を産出するのですが。
ですが希望はあります。
メキシコ固有の決断である、「メキシコ帝国の復活」で制限王政に移行する事ができるので、それで反動政党の帝政支持派に換えて国家資本主義の経済政策で工場を建設するのが一番簡単でしょうか。イベントが発動できる頃には人口も増え技術も進歩して工業化の障害はなくなっていることでしょう。
ただし自由主義者の急進性が軒並み8以上に急上昇します。

序盤の戦略-テキサス分離独立封じ込め戦争-

『マニフェスト・ディスティニー』
「明白なる使命」や「明白なる運命」、「天命」とも訳される、文字通りメキシコの運命を定めるアメリカ固有の決断です。
ゲーム内効果では、テキサス州、ニューメキシコ州、オクラホマ州、コロラド州、オレゴン州、ネバダ州ユタ州、カリフォルニア州およびアリゾナ州にUSAコアを付与し、アメリカとメキシコの関係値を-250、影響値を-500に定めます。
アメリカ-メキシコ間を最悪ランクの関係に落とし、メキシコの北半分の領土と、威信値と、国力を定期的にアメリカが刈り取りに襲来することになります。例えるならバッタの飛蝗害、もしくは賽の河原に積んだ石を打ち壊しに来る鬼の所業。
5年ごとに威信と領土と抵抗した場合は軍隊まで持っていかれちゃ、やっとれんのですよ!
さらにアメリカに分捕られた領土はメキシココアを消失するわけでもなく、つまりは闘争性と好戦主義がマシマシのマシでどうしようもない状態に。
つーか完結したメキシコAARがないのってこのクソ決断のせーだろ間違いないわ
つまりはマニフェスト・ディスティニーの発動を断固阻止するのが、メキシコの生き残る道になります。

マニフェスト・ディスティニーの発動条件は以下の5つを満たすことです。
1.アメリカであること
2.ロマン主義が研究されている
3.威信が50以上
4.国家としてのテキサスが存在していない
5.テキサス州オースティンをメキシコが所有して「いない」

1はそのまんま。2-3は時間の問題でメキシコとして阻止できる条件ではないです。
重要なのは4及び5です。国家としてのテキサスは、メキシコとの戦いが終了すれば勝敗に関わらずほぼ消え去ります。テキサスが勝利してメキシコから独立すれば、即アメリカの州として申請するイベントによって、アメリカ合衆国テキサス州として統合されます。
逆にメキシコが勝利すれば、テキサスを併合しメキシコ共和国テキサス州として歴史は紡がれていく事でしょう。
そしてメキシコによるテキサス併合は、5のテキサス州オースティンをメキシコが所有して「いる」ことになり、マニフェスト・ディスティニーの発動を阻止することに繋がります。
そのためテキサスの暴徒どもによる分離独立運動は、メキシコとしては断じて許容できません。是非とも叩き潰す必要があるのです。
ですが一つ問題があります。ゴミクズアメリカの戦争への介入がそれです。
アメリカの介入条件はただ一つ。
テキサス分離独立戦争で、メキシコが+1以上のウォースコアを積み上げること。

うん?

・メキシコはテキサスの相手で精いっぱい。アメリカとの軍事力差は隔絶しており、アメリカが1/4の戦力を差し向けてくるだけで敗北は確定。
・なのでアメリカの介入は絶対に防ぐ、防がなければ戦えない!そのためにはウォースコアをプラスにしない。
・マニフェスト・ディスティニーの発動を阻止する。そのためにはテキサス兵どもは叩き潰し、彼奴らが不当に占拠している領土は解放する!
・するとウォースコアが絶対に+1以上になり、アメリカの介入は確定!

詰んだwwwwwww\(^o^)/
どうすんだよこれ勝たなきゃ死ねるのに、勝つと死ぬ

コントみたいな運命が待っていますが、だがしかし!諦めるのはまだ早い。まだ幾つかの選択肢が残されています。

1.ささやき-えいしょう-いのり-ねんじろ!
おじょうはさんせんしてかなだにあめこうをひきつけろおじょうはさんせんしてかなだにあめこうをひきつけろおじょうはさんせんしてかなだにあめこうをひきつけろおじょうはさんせんしてかなだにあめこうをひきつけろおじょうはさんせんしてかなだにあめこうをひきつけろおじょうはさんせんしてかなだにあめこうをひきつけろおじょうはさんせんしてかなだにあめこうをひきつけろおじょうはさんせんしてかなだにあめこうをひきつけろ

2.時間を稼いで戦力を強化し、アメリカとの決戦に備えろ!
テキサスとの戦いを出来る限り長引かせ、その間に不正規兵を8連隊を順次ボッシュート解雇して正規歩兵や砲兵に入れ替えましょう。マックス10個連隊を全て正規歩兵及び砲兵に換装したら反撃開始です。すぐさまアメリカが参戦介入してくるでしょう。戦力を強化してもまだ不利なことは不利ですが、戦いようはあるレベルです。防衛的に戦いアメリカが白紙和平に応じるまで粘りましょう。莫大な戦費がかかりますが敗戦してテキサスを失うリスクに比べれば安いもの。これぞプレイヤーの本懐、力の見せ所、メキシコプレーの醍醐味です。

3.ゲームシステムに則った合理的な戦い

コメント

  • 新しく作成しました。VSテキサス戦は後日記載します。 -- 2020-03-07 (土) 00:13:50


添付ファイル: fileuil.PNG 9件 [詳細] fileloi;.PNG 6件 [詳細] filelo;.iu.PNG 7件 [詳細] fileerg.PNG 5件 [詳細] file1572673454.PNG 6件 [詳細] file0001.png 6件 [詳細] file0WDAJfq.jpg 8件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-14 (土) 19:25:43