各種データ

友好度

友好度は自国とある他国との関係であり-200~+200の値を取ります。

友好度が0以上であれば敵aiはこちらへの宣戦布告に消極的になり、+100以上であれば*1戦争の正当化が不可能になります。

CBを貰えるイベントも友好度が高いほど発生しづらくなります。

同盟の締結や通行権要求の受諾にも関わりますが、aiは利害が一致しないと同盟してくれることは少ないです。ただし、友好度がマイナスだと-1000の補正が付き、そもそも同盟できません。

外交点

外交点は様々な交渉に必要なリソースである。基本的には1コマンド1点消費するが、関係改善には2点消費し、参戦要請と影響力に関するコマンドは消費しない。
基本値は0.3/月で、列強は+100%、準列強は+25%、非文明国は-25%の補正を受ける。

上限は9で、これ以上ストックすることはできない。

外交インターフェースとコマンド

20201214174142_1.jpg

以下、外交コマンド(上図赤枠)について左上から順に解説する

同盟結成

同盟を締結する。締結できるかどうかは事前にわかり、infarmyが少ない、自国兵力が多い、近いなどがプラス要因。
なお、失敗するのに同盟締結を要請した場合、拒否されたうえに友好度が下がる。

同盟国になると互いに戦争に呼べるようになり、特に同盟国が宣戦された場合は参戦要請が自動で送られる。
特に小国においては同盟は必須であり、自国が入っている勢力圏の盟主は同盟してくれることが多いので、チェックしておこう。

自国が列強国と結んでいる場合、他の列強国は自国の同盟申請に絶対に応じない(むこうから申請してくることはある)。

要因補正値
基本値-50
同じ勢力圏+25
別の勢力圏-25
距離計算式不明
陸軍、海軍兵力
友好度値の1/5
異なる政体-20
影響力を持つ国影響力1につき1.2
友好度がマイナス-1000

参戦要請

相手国に参戦を要請する。同盟国にしか実行不能で、外交点0で行える。
宣戦ボタンのチェックで参戦要請をすると拒否した同盟国と同盟が切れるため、こちらからするのが良い。

軍事通行権の要請

相手国の領土を通れるようになる。同盟よりは受諾しやすいが、相手とかなりの友好関係にないと拒否される。

要因補正値
基本値-50
友好度値の1/5
異なる政体-20
同じ勢力圏+25
別の勢力圏-25
影響力を持つ国影響力1につき1.2

軍事通行権を与える

相手が自国を通れるようになる。相手の友好度が上がるので機会があれば与えてもよいだろう。

要因補正値
基本値-50
友好度値の1/5
異なる政体-20
同じ勢力圏+25
別の勢力圏-25
影響力を持つ国影響力1につき1.2

関係改善

相手国との有効度を15上昇させる。特に上限はなく時間をかければ200まで持っていける

関係悪化

相手国との有効度を25低下させる。CB獲得イベントを起こしたいときや有効度が高い国に正当化をかけたいときに。

戦費支援

宣戦布告

敵と戦争状態になる。CBがなければ実行不能。

ユニットを指揮

傀儡国のユニットを指揮できるようになる。なお自国の輸送船に乗ることはできないし、戦争が終われば直ちに指揮権を失う。

信用失墜

影響力25必要。選択された列強国がその国に影響を与える際、-75%のペナルティーを受ける。
同国に重ねて顧問追放、大使追放を行うと効果が消滅する。

顧問追放

影響力50が必要で、選択された列強国の対象国への影響が0になる。

大使追放

影響力65が必要で、自国と対象国の関係が蜜月以上でなければならない。選択された列強国は今後1年一切その国に影響を与えられなくなる。

発言力増大

影響力50が必要。
関係は中立/Neutral→友好/Cordial→蜜月/Friendlyと推移する

発言力低下

影響力50が必要
選択した国の関係を一段階下げる。

影響圏編入

影響力100必要で、他国の影響圏でなく、蜜月関係にある国を影響圏に編入する。

影響権離脱

影響力100必要で、すでに所属している影響圏から対象国を抜けさせる。
自国勢力圏の国を離脱させる場合は影響力を消費せず行えるが、その場合は威信10とInfamy1を被り、対象国への影響力が0になる。

開戦を正当化する

CBを作る。詳しくはこちら
開戦自由/Casus Belli?

影響力と影響圏

影響力は列強に固有のギミックで、外交の緑枠部分の優先順位*2の三つの四角をクリックして影響力を注ぎ込む。

注ぎ込める影響力は一定の値なので、優先度をつければつけるほど良いというわけではないが、まったく優先度をつけていないとその影響力は失われる。
また、影響力がすでに100の国に影響を注いでいると他の列強の影響を減じられる。

要因補正値
属国*3+100%
友好度値の1/10だけの%
隣国+50%
異なる大陸-50%
他国の投資家相手国に対しある列強が投資しているとき、ほかの列強に最大-50%
人口計算式不明

勢力圏の国

外交交渉、講和による国家解放、戦争によって他国を勢力圏に加えることが可能である。

勢力圏下の国は国内市場と扱われ、市場として、また資源の買い付け先として有効である。
ただし、非文明国は100%、文明国は75%、準列強が50%しか市場にアクセスできない。

勢力圏下の国は勢力圏の盟主と敵対することになる戦争には同盟を無視してでも参加しない。

コメント欄

お名前:

コメントはありません。 Comments/外交コマンドと外交関係?


*1 人入りであっても
*2 優…と表示
*3 傀儡国/Pupppetsかドミニオン/Dominions

添付ファイル: file20201214174142_1.jpg 77件 [詳細] filegreat_power_panel2.jpg 52件 [詳細] filegreat_power_panel.jpg 40件 [詳細] fileVictoria-II-Take-Your-Diplomatic-Hands-Off-My-Sphere-2.jpg 50件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-14 (月) 18:48:44