大国をアゴで使う日本

1870年2月
ある程度海軍研究が終わったので軍産複合体を実行。
これからは富国強兵しなきゃ(使命感)

1871年11月
スペイン「エジプトと戦争するんで助けて下さい」
日本「同盟は維持したいけど、戦争もめんどいから一日で白紙講和ね」
スペイン「」

1873年4月
ロシア「中国と戦争((ry」
日本「いいけど、イギリスさんは?」
ロシア「イギリスさんは今ちょっと忙しいらしい」
日本「あっそうかあ……まあうちらだけでもいけるっしょ」

中国「」

1873年10月 戦局がこちら側に傾いてきたころ

ロシア「モンゴル寄越せ」
日本「沿岸部ステート1つ寄越せ」
中国「沿岸部ステートだけなら……」
日本「じゃあそれで」
ロシア「えっ」
日本「工業化のおかげでうちのほうが国家順位高いから」(ロシア7位、日本6位)
ロシア「ぐぬぬ」
日本「もう勝負ついてるから」

イギリス「お待たせ! インド兵しかいないけどいいかな?」
日本「もう勝負ついてるから」
イギリス「じゃあうちだけで単独戦争する」
中国「えっ」

日本・ロシアとイギリスに連撃食らって中国は見事に大破

1879年12月
ロシア「今度こそモンゴルほしい」
日本「しょうがないにゃあ……」

指揮官「クリスマスは本国で!」
兵士「それあかんやつや」

1881年4月
日本「1つ沿岸部ステートを((ry」
ロシア「あのさあ…………」

中国から無事ステートをとって講和

1887年6月
イギリス「日本、同盟して中国切り取ろう」
日本「いいよ(こいつも利用してやろう)」
ロシア(あんな国と同盟していいのかな……いやうちが言うのもあれだけど)

1890年11月
日本「中国に宣戦布告。満州寄越せ」
イギリス・ロシア「手伝うよ」
日本「じゃあうちは国境線で防衛してるので、占領お願いします」
イギリス・ロシア「わかった」

中国軍「イギリス強すぎて日本を攻める暇なんてない」

日本「馬鹿なイギリスとロシアに占領させて一切の損失なしに満州ゲット。おいしすぎる」

1891年10月に無事勝利

日本「満州ゲットヤッター!」
イギリス「…………」
ロシア「だから言わんこっちゃない」
日本「イワンだけにか?wwwwwwww」
ロシア「やかましいわ」

1897年10月
ロシア「こーんーどーこーそっ、モンゴルほしいの! モンゴルくれなきゃ同盟切っちゃうんだからねっ!」
日本「あーわかったわかった、最近BBRもやばいしモンゴルくれてやるよ」
日本「イギリスも呼んでおくけどいいよね?」
フランス「自分、参戦いいっすか?」
日本「えっなんで」
フランス「自分イギリスの同盟国なんで」
日本「あー、俺が呼んだイギリスに呼ばれたわけだ。まあ別にいいよ」
フランス「おっすお願いしま~す」

中国「あの……モンゴルうちのステートなんですが」
日英仏露「お前のものは俺らのもの」

いつもの通りお嬢をこき使って中国全土占領。日本とフランスは大して何もしてません

1899年5月 講和会議にて

日本「大勝利っすねwwwwwwwwwwwwwww」
イギリス「俺も1つステートほしいわ。グィファー・ドゥムドとかいうとこ」
ロシア「モンゴルください」
日本「両方OK。フランスは何かほしいのとかないの?」
フランス「いや今回は別にいいっすよ。俺今回あんまり頑張ってないし……」
日本「あっそう……じゃあ俺は5ステート要求するわ」

中国「」

日本「BBRギリギリだけどまあいっか」
イギリス「よくないのは俺らもなんだが?」

長くなったんでここらへんでいったん切ります。
どうしてイギリスとかロシアって中国北部のおいしくないゴミステートばかりほしがるんですかね」
あと国家順位が下の国が戦争指導国になる現象も起きてるんですがそれは……
フランスとイギリス(1位と2位)差し置いて日本(4位)が指揮とるとか意味不明ってそれ一番言われてるから。

・次回予告

列強の魔の手が中国に迫る。
日本の容赦ないステート要求、イギリス、ロシアの圧力。
列強たちの間でも、分割と負担の割合で水面下の対立が起こる。

頑張って中国! ここであんたが滅んだら、中華民族の誇りはどうなるの!?
まだチャンスは残されてる。ここを耐えたら、列強同士で戦争が起こることだってあり得るのよ!
次回、「中国、滅亡」 戦争スタンバイ!

次回→中国併合


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-28 (月) 20:42:13