発売前情報

開発者日記

翻訳元URL:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=468922

前回-第18回

イースターボーナス-宗教

 

 さて、クリスマスにボーナス日記があったのだから、イースターにそれがないなどということがあるだろうか。今日は木曜日で、イースターの週末なので会社は明日から休みになる。そこでそんなイースターの休みを乗り切るための短い開発者日記を出すことにしよう。イースターということで、宗教について少々述べよう。

Well, you got one for Christmas, so why not Easter too? It's Thursday and the office will be shut down for the Easter Weekend, so here is a little developer diary to tide you over the Easter Holidays. With it being Easter, why not a little something about religion?

 

 EU3と比べると、国際関係を左右する力として、宗教の重要性は殆どない。Victoria2の時代の国家は、完璧に申し分のない非宗教の理由を見出して戦争を遂行し、三十年戦争が小競り合いに見えるほどであった。しかし、同時代の宗教は無意味な存在ではなかった。適切なモデル化を確実に行うために、我々は19世紀の宗教・秘教運動について徹底した調査を行った。

In comparison to EU3, religion is nowhere near as important as a driving force for international relations. The countries in the Victoria 2 era found perfectly good secular reasons to wage war that made the Thirty Years War look like a small skirmish. However, at the same time religion was not meaningless. We did a lot of research into religious and esoteric movements in the 19th century in order to ensure they were properly modelled.

 

 それぞれのPOPは一つの宗教を信仰し、各政府はそれぞれの宗教政策を持つ。差別的な宗教政策のもとでは、国教以外を信仰するPOPは昇進が難しく、宗教的な安住の地を求めて移民しやすい。

Each POP has a religion and each government has a religions policy. Discriminatory policies against religions make non-state religion POPs less likely to promote and more likely to emigrate, seeking religious fulfilment elsewhere.

 

 19世紀は18世紀の世俗化思想の啓蒙運動に対する反動も存在した時代だ。アメリカ合衆国の憲法を見てみることにしよう。この憲法の前文には「~われらとわれらの子孫のうえに自由のもたらす恵沢を確保する目的をもって、アメリカ合衆国のために、この憲法を制定する」と記されている。そしてアメリカ連合国の前文の同様の箇所を見ると、「~全能の神の恩寵と導きを祈願する、われらとわれらの子孫のうえに自由のもたらす恵沢を確保する目的をもって、アメリカ連合国のために、この憲法を制定する」と記されている。唯一の違いは、明示的な神への言及のみである。我々はこのことを第二次宗教大復興と呼ばれるイベントの流れを通して再現した。このイベントの流れは、南北戦争前のアメリカでみられたキリスト教伝道の興隆を再現する。啓蒙思想の理想への落胆もまた、人々をより秘教的なカルトに向かわせた。

The 19th century also saw a reaction to the 18th century enlightenment with its notions of secularisation. Consider the constitution of the USA:
“and secure the Blessings of Liberty to ourselves and our Posterity, do ordain and establish this Constitution for the United States of America.”
And now the identical paragraph from the CSA constitution:
“and secure the blessings of liberty to ourselves and our posterity — invoking the favor and guidance of Almighty God — do ordain and establish this Constitution for the Confederate States of America.”
The only difference is an explicit reference to God; we have modelled this via an event chain called the “Second Great Religious Revival”. This event chain simulates the increasing levels of Christian evangelism seen in the Ante-Bellum USA. The disenchantment with the ideals of the enlightenment also saw people dabbling in more esoteric cults.

 

 この傾向はまた、ゲーム後期のイベント連鎖である南極探検でも再現されている。南極点に到達する代わりに、狂気山脈を発見することがあるのだ。こうして、「クトゥルフ*1の呼び声」*2イベント連鎖が始まる。海からルルイエ島が浮上し、クトゥルフ主義が登場する。POPはこのイデオロギーに魅力を感じ、叫び・殺し・騒ぎ・楽しむ衝動に駆られる。我々はそれを急進性の上昇という形であらわすつもりだ。新たな反乱のタイプも登場する。クトゥルフ崇拝者だ。彼らは善悪を超越しており、それゆえニーチェの思想が発明済みであれば、より団結しやすくなる。彼らの目的は旧支配者*3の復活だ。彼らが政府を転覆したならば、プレイヤーはゲームオーバーとなり、偉大なるクトゥルフが復活する。

This trend is also modelled in our late game event series the "Antarctic Expedition". Instead of reaching the South Pole, you could find the Mountains of Madness. This starts the "Call of Cthulhu" event chain. The island of R'lyeh will rise from the ocean, activating the Cthulhu ideology. POPs will feel an attraction to this ideology and get an urge to shout and kill and revel and enjoy themselves, which we will model through a militancy increase. We also activate a new rebel type; "Cthulhu Cultist". These rebels are beyond good and evil, so are more likely to join if the invention Nietzscheism has been discovered. Their goal is the return of the Great Old Ones. Should they succeed in overthrowing a government it is game over, as Great Cthulhu awakens.

 

 我々はこのことがゲームの臨場感を増し、ゲーム後期をより面白いものにすると確信している。

We believe this will both add to immersion and make the late game much more interesting.

 

スクリーンショット

 

次回-第19回


*1 クトゥルフ神話の神詳しくはwikipedia参照
*2 クトゥルフ神話の話の一つ詳しくはwikipedia参照
*3 クトゥルフ神話の用語

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-25 (日) 20:21:32