各国戦略の手引き
オーストリア(Austria)

概要

神聖ローマ帝国を解体されたことによって、苦境に陥ったハプスブルク家。1804年、オーストリア大公国等の家領を以てオーストリア帝国の皇帝を名乗ります。しかし、近代オーストリアは多民族を抱えながら苦難の歴史を歩み、イタリア統一戦争、普墺戦争、そしてオーストリア=ハンガリー帝国の成立によって、ドイツ人及びハンガリー人を中心とした二重国家へと進んでいきます。
所有植民地は中国天津租界地のみでしたが、欧米七列強の一国として1918年の帝国崩壊まで君臨し続けました。

国情

労働人口は8.84M、識字率は16.1%、リサーチポイントは7.47、兵力は33/41、予備役は13、海軍兵力は3/34、技術は5/5/5/5/5となっています。
労働人口は多めですが、初期兵力は低くなっています。技術は一応、一通りは揃っています。列強にしては識字率が低めですがロシアよりは高く、教育費MAXを維持すれば何とかなるレベルです。また、最初から南ドイツ諸邦や北イタリア諸邦等を勢力圏に治めています。

開始時には工業点がゼロであり、資本家や工場労働者がほとんど居ませんが、工業化の開始は早い時期に始まるでしょう。最初は政党をNeo Absolutistsに変更して、国家が率先して工場を建設しましょう。

全体として、初期の兵力・工業力は列強としては物足りないものですが、列強国の名に恥じない国力を持っており、伸び代があります。また、オーストリア帝国は欧州の中央にあるため、様々な戦略をとることができます。

初期戦略

開始時において、列強のうちフランスとプロイセンは友好的ですので、どちらかとは必ず同盟しましょう。その後の動きによってはロシアとの同盟も試みるべきかもしれません。また、サルデーニャも最初は友好的です。

最初の仮想敵はオスマン帝国です。特にオスマン帝国領ボスニアは歴史上、後にオーストリア=ハンガリー領となる領土で、オーストリア側に突き出すような形になっていますので、ここを早めに奪取するとバルカン半島への介入がしやすくなります。

また、両シチリアは強国の傘下に入っていない状態ですので、この領土を獲得することにより、低リスクで識字率の高い人民を得ることができます。

並行して海軍も多少増強し、将来のアフリカ植民のためにもオマーン領のアフリカ等、非文明国に対する租界要求(Demand Concession)も試みましょう。

あくまでもプロイセン王国と雌雄を決したいという方は、フランスやロシアと同盟を結び、挟撃しましょう。南ドイツ連邦の成立、大ドイツの実現は簡単ではありませんが、上級者でなくとも不可能ではありません。

1861年(アメリカ南北戦争)のシナリオについて

開始時点の軍事力は向上していますが、南に統一国家イタリアがおり、オーストリア帝国内のイタリアコアステートを常に狙っています。イタリアは、プロイセン王国とのドイツ主導権争いや、オスマン帝国のボスニア奪取戦などをしている間に、火事場泥棒的に宣戦布告してきますので、フランスと同盟することによって抑止力を保ちましょう。普仏戦争が起きた場合、イタリアは史実通り教皇領へ侵攻することが多いので、フランスに同盟参戦してイタリア北部を叩いておきましょう。

補足

実は大ドイツの成立は人口やプロイセン(オーストリア)を列強から落とす必要がない(ドイツ帝国成立後、プロイセンへの大義名分にプロイセンの併合が追加される)という点でオーストリアの方がやりやすいです。
プロイセンとの覇権争いの講和が成立すると、たとえプロイセンが列強であっても一日だけ影響下に
おくことができます。そのすきにドイツ帝国を成立させる必要があります。
ただ、ドイツ帝国をオーストリア主導で成立させるとその時点でかなり領土が広くなるので、
プロイセンとの決戦のときにあちこちに兵を駐屯させておく必要があります。
統一イタリアが存在している場合はさらに南西のイタリア国境にも気をつける必要があります。
更にフランスが突然アルザス=ロレーヌの奪還戦争を仕掛けてくることもあるので要注意。
低い識字率による列強各国との技術格差をどう埋めるかが課題か。
なお、時代が進むごとにプロイセンとフランスがどんどん強くなるので早期開戦をお勧めします


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-28 (土) 01:10:40 (234d)