発売前情報

開発者日記

翻訳元URL:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=451973

前回-第6回

パラドックス版クリスマス・キャロル*1

ナショナリズムのモデル化

 

 エベネゼル・フォーラマイトは辺りを見回して幽霊を探したが、見あたらなかった。最後の鐘の音が鳴り止んだ時、彼は老ヨハン・アンダーソンの予言を想い出した。そして、眼を挙げると、厳かな幻影を見つめた。幻影はゆったりとした服を着てフードをかぶり、地表に沿った霧のように、彼の方へ向かってきた。

Ebenezer Forumite looked about him for the Ghost, and saw it not. As the last stroke ceased to vibrate, he remembered the prediction of old Johan Andersson, and lifting up his eyes, beheld a solemn Phantom, draped and hooded, coming, like a mist along the ground, towards him.

 

第四節: 最後の精霊

STAVE IV: THE LAST OF THE SPIRITS

 幻影は、ゆっくりと、厳かに、静かに近づいた。幻影が彼のそばへ来ると、フォーラマイトはひざまづいた。この精霊が動いてきたその空気に、憂鬱と神秘が振りまかれたように感じたためである。

The Phantom slowly, gravely, silently, approached. When it came near him, Forumite bent down upon his knee: for in the very air through which this Spirit moved it seemed to scatter gloom and mystery.

 

 精霊は漆黒の外套に身を包んでいた。外套は頭や顔、体、見えるものすべてを覆い、片手だけが外へ差し伸べられていた。手がなければ、その姿を夜から切り離し、それを包む暗黒から区別することは難しかったであろう。

It was shrouded in a deep black garment, which concealed its head, its face, its form, and left nothing visible save one outstretched hand. But for this it would have been difficult to detach its figure from the night, and separate it from the darkness by which it was surrounded.

 

 長身で威厳があると、精霊がそばへ来たときに彼は感じた。そして、その神秘的な存在のために、畏怖の念が満ちるのを感じた。それ以上は分らなかった。精霊は話しも動きもしなかったので。

He felt that it was tall and stately when it came beside him, and that its mysterious presence filled him with a solemn dread. He knew no more, for the Spirit neither spoke nor moved.

 

「私はこれから来るVictoria 2の幽霊殿の御前にいるのでしょうか」フォーラマイトはたずねた。

“I am in the presence of the Ghost of Victoria 2 Yet to Come?” said Forumite.

 

精霊は答えず、手で前方を指した。

The Spirit answered not, but pointed onward with its hand.

 

「あなた様は、未だ実装されていないがこれから実装されるであろう機能の影をお見せになろうとなさっている、」フォーラマイトは続けた。「そうなのですね、精霊殿」

“You are about to show me shadows of the features that have not been implemented, but will be implemented in the time before us,” Forumite pursued, “Is that so, Spirit?”

 

 飛行機の旅は苦痛だ。乗っている便がアーランダ*2で明らかに遅れているということは、ヒースローで乗り換えのためダッシュしなければならず、その挙句に乗り換え便も遅れていることが判明する。荷物は当然別オプションで運が良ければ1日か2日遅れて到着する。しかし、思いもよらぬたくさんの空き時間をもたらしてもくれる。そこで私は開発者日記を書き始めた。この話題での日記が予定されていないことが判明したからには、読者はクリスマスボーナスとしてこれを受けとることができると私は考えた。

Air travel is a pain. Obviously your flight is going to be delayed in Arlanda meaning you have to sprint across Heathrow to make your connection, only to find that that flight is delayed too. Luggage is, of course, an option extra and arrives a day or two after you, if you are lucky. However it also gives you a lot of spare time you never thought you had. So I began to write a developer dairy. As it turns out there was no diary scheduled for this topic so I figured you can get it as a Christmas bonus.

 

 国家の形成をどう扱うべきだろうか。これは私たちが考慮すべきものの中でも最大級の難問である。当然、歴史と同様に、ドイツやイタリア、ルーマニア、ユーゴスラビアなどの国が形成されることを私たちは望んでいる。私たちはまた、スカンジナビアや汎スラブ国家などの形成が可能にもしたい。なぜなら、人々がそのことを真剣に議論していたからだ。私たちが本当に賢ければ、大コロンビアのような国家を加えることも可能だろう。この国はVictoria 2の時代が始まるより以前に数年存在していた。私たちは検討を開始し、アイデアを探し回り、In Nomine*3のUnionタグという小さなぴったりなものを思い出した。この国タグは一つの文化グループに結びつけられ、これこそが私たちが探し求めていたものである。

What to do about Nations forming? This is one of those tough questions we need to think about, obviously we want Countries like Germany, Italy, Romania and Yugoslavia to form because they did. We also want countries like Scandinavia and other Pan-Slav nations to be able to form because people seriously talked about this. If we are really clever we could also add in nations like Grand Colombia, which did exist a few years before Victoria 2 starts. We starting thinking about this and bouncing about ideas and we remembered a little neat thing in In Nomina, the Union Tag. This country tag is linked to a culture group and this is just the thing we are looking for.

 

 第一段階として、私たちは文化グループを再編し、今では文化グループは大幅に小さく、Victoriaの時代に形成される国により直接対応する。Victoria 2の文化グループはEU3の文化グループと密接に対応するものから出発した。見掛け上は、各グループは非常に言語的な集団であり、類似する言語を母語とする。これをさらに小さな集団に、現実味を持って再編することは可能だろうか。私たちは可能だと気がついた。ドイツ文化グループ内にスイスが存在するからには。スイス自体は多言語文化の国である。ドイツ人であることはスイスの統治をたやすくはしなかった事実が象徴している。信じられないのなら、ハプスブルグ家に聞いてみればいい。私たちはまた、言語的に非常に類似した人々を別々の文化グループに分離する。世界中の英語話者を表す英語文化グループは存在せず、またさらに進めて、ゲームプレイ上の目的でアメリカ人を3つの文化に分割する。

Step one, we reshuffle culture groups so they are now much smaller and more directly linked to the countries that did form in the Victoria era. Culture groups in Victoria 2 began by being very closely linked to the culture groups in EU3. On the face of it they were pretty much linguistic entities of peoples of a similar language. Could we realistically reshuffle these into smaller entities? We realised we could, sitting in the Germanic culture group are the Swiss. Who are themselves a multi linguistic culture. Representing the fact that being German did not make it easier to rule Switzerland, just ask the Habsburgs if you don't believe me. We also break linguistically very similar people down into separate culture groups, there is no English language culture group representing English speakers around the world and we go one further and split Americans into three separate cultures for game play purposes.

 

 その結果、一部の文化グループはやや孤立してみえるが、もしすべてが無理でも大半は、プレイヤーがより大きな国家を形成できるように、関係するUnionタグを持つことになるだろう。一部のUnionタグは開始当初からすでに存在する。スイス文化グループはすでに大スイスを形成し、とても満足している。アメリカ文化グループは、USAという自身のUnionタグをプレイ開始時から持っている。理由は後ほど説明する。このように、私たちは文化グループをかなり小さくしている。ルーマニア人が今では全員自身の一つの文化グループに属しているといった具合である。しかし、ルーマニア国はその文化の国土と関連づけされ、よって、ワラキアやモルダビアの諸州はルーマニアを形成する可能性がある。同様にドイツ文化グループも、北ドイツと南ドイツにまとめられる。例はこれくらいにして、このことで私たちが何をしようとしているのかをお見せしたい。

The result is that some culture groups are now looking a bit lonely but most, if not all, will have a Union tag associated with them so you can form the greater nation. Some Union tags already exist at the start. The Swiss culture group has already formed greater Switzerland and are fairly happy with it. The American Culture group has the USA as their Union Tag in play from the start, and we'll explain why later. So we make culture groups much smaller, like the Romanians will now be all on their own in a culture group, but will have the country Romania associated with countries of that culture, thus the states of Wallachia and Moldovia have the potential to form Romania. The same goes for the the German culture group, now condensed down to North and South German. The list goes on, but you see where we are going with this.

 

 Unionタグは、一定の国土として定義され、その領土的熱望を表す中核を含む。なぜこの中核を文化グループの居住地と結びつけようとしないのかと疑問に感じているであろう。ドイツを見てみよう。ドイツタグの中核は1871年にドイツが領有していた地域である。今ではドイツ人が明白な多数を占めない地域があり、また、オーストリア領の、ドイツ人が多数派の地域を除外している。イタリア人はダルマチアなどの地域の領有を、ジュリアス・シーザーの時代以来一人もイタリア人が見当たらない地域も中にはあるのを無視して主張する。一方で、トランシルバニアの厳密な民族構成を丸一日議論することもできようが、勘弁していただきたい。しかし、ハンガリー人が明らかに多数派だった十分に実体のある地域がビクトリアの時代に存在した事実を私たちは無視できない。以上から、こうした新国家の国境を引いた19世紀のナショナリストたちは、当時誰が実際にそこに住んでいたのかを完全に無視したと私たちは結論づけ、だから私たちも同じようにやろうとしている。 

The Union Tags are defined as static countries, with set cores representing their territorial aspirations. Now I suppose you are wondering why don't we try to link these cores to where the people of this culture group live? Look at Germany, the German Tag's cores are the provinces that Germany holds in 1871. Now there are provinces there where Germans are not a clear majority and excludes provinces, in Austria, that have a German majority. The Italian claims on places like Dalmatia ignore the fact that some of these places hadn't even seen an Italian since Julius Caesar. While we could argue all day on the precise ethnic composition of Transylvania, but please let's not, however we cannot ignore the fact there are some fairly substantial regions there in the Victoria period were Hungarians were the clear majority. From this we conclude that the 19th century nationalists who drew the boundaries of these new nations totally ignored who was actually living there when they did, so we are going to do the same.

 

 プレイヤーがUnionタグを形成するには2つの方法がある。第一は文化グループ内で最大最悪の国家になることである。列強になり、その地域に他の列強が何ら影響を持たないことである。プレイヤーは勢力圏を常に意識して、地域をその中に保持すべきである。勢力圏は戦場での勝敗に左右されうるので、仮にプロシアでプレイしてオーストリアを戦争で負かせば、おそらく南ドイツの小国をオーストリア勢力圏から奪ってプロシアへ加えられるだろう。それからフランスと戦わねばならないかもしれない。ドイツへの影響を排除するために、あるいはドイツ中核の奪回を求めてか、理由はわからないが。しかし、ひとたびこれが達成されれば、ドイツ帝国に万歳三唱の時がやってくる。残りのドイツの小国は、新しいドイツに合流する選択肢を受け取る(AIは必ず賛成するが、プレイヤーには他の選択もある)。このシステムのいいところは、ドイツ統一の歴史的瞬間だけでなく、強力なババリアがプロシアに代わってドイツを統一するといった歴史にない可能性も、同様に可能であることである。おそらく、オーストリアとフランスの瓦解が、戦争ぬきでのドイツ誕生の地ならしになるのではなかろうか。

There are two ways you can form a Union Tag. Firstly is by being the the biggest baddest country in the culture group. You are a great power and no other great power has any influence there. You should be thinking along the lines of spheres of influence and province holding here. Spheres of influence can be won and lost on the battlefield, so if you as Prussia defeat Austria in war, you could perhaps get the South German minors out of the Austria Sphere of influence and into the Prussia one. Perhaps you may then need to fight France to remove their influence in Germany, or do you need to conquer the German cores, I don't k2010-07-21 (水) 22:19:38 However, once this is done it is time for three Hurrays for the German Emperor. The remaining German minors now get the option to join the new Germany (the AI is odds on to agree this, but a player has a few more options) Now the beauty of this system is that not only allow for a historic crack at forming Germany, but ahistoric possibilities like a powerful Bavaria supplanting Prussia to form Germany is also possible. Perhaps a collapse of both Austria and France will pave the way for Germany without war?

 

 第二の方法は、自由主義革命によるものである。自身の文化タイプの国に住む自由主義者は、Unionタグがなければ、汎国家主義の反乱者となることを考える闘士となる。彼らの論理は単純である。わが国は自由さに欠けている。なぜなら、自由主義者の声が聞こえてこない。もし国に少しでも自由主義者がいるのなら、私たちは声を聞いているだろう。隣国の同じ文化グループにも自由主義者はいる。団結して、より大きな自由主義の声をあげよう。凡国家主義の反乱者が政府を転覆すると、彼らは条件を満たす最も強力な国家を示すUnionタグを申し出る。もし彼らが受け入れれば、彼らはUnionタグになり、自由主義革命が進行中の国のみを継承する機会を得る。
ゆえに、1848年のプロシアはドイツの王冠を受けるには値しないかも知れないが、1859年にピドモントがイタリアの王冠を受けるのはまさに妥当であろう。再び私たちは歴史的選択に柔軟性を持たせて設定する。ブルンスウィックをプレイしてすべての来るものを何とか受け入れたなら、新たな自由主義のドイツを建国すべきではないか。中央アメリカ合衆国もUnionタグであり、このモデルで時折復活を遂げるが、復活の終焉はないことに留意してほしい。その確率はどれほどであろうか。

Onto the second way, via liberal revolution. Liberals who live a country of their culture type and the union tag does not exist, and are militant consider becoming Pan-Nationalist rebels. Their logic is simple, our country isn't liberal enough because the liberal voice is not being heard, if the country had a few more liberals then we would be heard. Our neighbour of the same culture group has liberals, let's join together for a louder liberal voice. When Pan-Nationalist rebels overthrow a government they offer the union tag to the most powerful country who meets the conditions. If they accept they become the Union tag and get the chance to inherit only those countries who have a liberal revolution in progress. Thus in 1848 it might not be worthwhile for Prussia to accept the German crown, but in 1859 it may just make sense for Piedmont to accept the Italian crown. Again we set up a historical option with flexibility. If you managed to take on all comers as Brunswick, why should you not form the new Liberal Germany? Note the USCA, also a union tag, does from time to time stage a comeback with this model, but probably won't last. What are the odds of that?

 

 今や、国は自身のUnionタグに反旗を翻すことができる。これはもちろん起こることだ。アメリカ連合国の合衆国からの分離、中央アメリカ合衆国の崩壊を見るが良い。第一次世界大戦の後、ババリア人は真剣にドイツの継承を検討していた。ウクライナは1920年代にわずかながらロシアから自由な日々があったが、長続きしなかった。ナショナリストの反乱者はUnionタグ内でいつでも存在しうる。理由は何であれ、現行の政府が自分たちの代表でないと感じる人々は地域主義者に転向することがある。
今までも見られたし、今日でも見られる。

Now countries can revolt away from their union tag, This did of course happen, think of the CSA leaving the USA. Think of the collapse of the United States of Central America. In the aftermath of World War I, Bavarians seriously considered succeeding from Germany. Ukraine did have a brief day in the sun in the 1920's free from Russia, but that didn't last too long. Nationalist Rebels are always possible inside a Union Tag. People who feel that the current government does not represent them for what ever reason may turn to regionalism. You saw then and you see it today.

 

 最後のUnionタグの素晴らしい能力は、いくらかの併合の制限をもたらすことだ。Unionタグは同じ文化グループの国の併合が可能であり、首都に一つの中核をもつ。よって、アメリカ合衆国は、アメリカ文化グループのUnionタグとして、アメリカ連合国を併合してUnionを守ることが可能である。一方で、アメリカ連合国は逆は不可能であり、望めるのは分離を保つことだけである。

The final neat power of the union tag is it has some of the annexation restrictions lifted. They can annex countries who's culture is of their culture group and they have a core on the capital. Thus the USA, as the union tag of the American culture group, can annex the CSA to save the Union. The CSA on the other hand cannot do the reverse, all they want is to be left alone.

 

 ここまで私は、物事のとる正確な形に関して少し貧弱であったが、それは、決定やイベントは今も作成中のためである。だから、あらゆることは我々の進行とともに確定していくことになるが、少なくとも概念のアイデア全体について読者に知ってもらえたと思う。

Now I have been a little sparse on the exact form of things take but that is because the decisions and events are still being scripted. So all in all things will firm up as we go along, but at least you get an overall idea of the concept.

 

 さて、スクリーンショットはないのかと読者はお思いであろう。残念ながら、他のパラドックス社のスタッフは無情で容赦ないカルバン派の神の性質を理解せず、代わりにカトリックの祝日には働かないことを選択している。私は彼らの霊魂のために祈るつもりだったが、どのみち彼らには地獄での永遠の苦悩が明白に宿命づけられている。皆様へ新年おめでとうございます。

Now I suppose you are wondering if there is a screen shot? Sadly the remaining Paradox staff do not understand the harsh unforgiving nature of the Calvinist God and instead choose not to work on Catholic holidays. I would pray for their souls but they are manifestly destined for eternal torment in hell anyway. Happy New Year everyone.

 

次回-第7回


*1 以下のサイトを参考に翻訳した:http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~matsuoka/dickens/carol/carol-morita-0.html
*2 ストックホルムの空港
*3 EU3の拡張パック

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-25 (日) 20:10:24