発売前情報

翻訳元URL:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?730739-Halloween-special-Victoria-II-Call-of-Cthulhu-event-chain

ハロウィーン特別企画:クトゥルフの呼び声イベント―未来へ投票せよ

「人類の感情で最も古く最も強いものは恐れであり、恐れの中で最も強いものは道への恐怖である」

"The oldest and strongest emotion of mankind is fear,
and the strongest kind of fear is fear of the unknown."

レディース&ジェントルマン
私たちのハロウィーン特別企画:クトゥルフの呼び声イベントのへようこそ!
まず最初にこれから紹介するイベントをゲームに追加することは実際にはしておらず、この企画はただ読者を楽しませmodderにインスパイアを与えることだけを意図していることに注意して欲しい。私たちはただ物語を楽しんで欲しいだけなんだ。

Ladies & Gentlemen,
welcome to our Halloween special: Victoria II: Call of Cthulhu event chain!
Please note that we are not actually adding these events to the game, they are intended only to amuse the reader and inspire modders.
We do hope you will enjoy our story!

 選挙はVictoriaⅡ:クトゥルフの呼び声イベントに組み込まれており、崇拝者と政府の間に繋がりを持たせてある!そのため私たちは2つのイベント群を載せることを決めた。未来は写し出された現在だ!

The votes are in for the Victoria II: Call of Cthulhu event chain,
and we have a tie between the cultist and the government!
Therefore we have decided to publish both the events. The future is now revealed!

VictoriaⅡ:クトゥルフの呼び声イベント連鎖

Victoria II: Call of Cthulhu event chain

第1章:ニューイングランドでの地震

 「昨晩、地震がその島を直撃しその地震はここ数年のニューイングランドで最も重大なものと感じられた。今朝、漁師たちが1つの島が海のど真ん中に浮かび上がっているのを見つけた。我々は無限大の黒い海のど真ん中にある平穏な無知の島で暮らしているが、そのことは我々が遠くへ漕ぎ出さねばならないということではない。
-私たちはこのスゴイ発見を掘り下げねばならない!
(このルルイエ島は大洋の中から浮かび上がり、クトゥルフ崇拝者のイデオロギーを活性化する。)

Chapter 1: The earthquake in New England
"Last night an earthquake shook the land, the most considerable felt in New England for some years. This morning, fishermen found that an island has risen in the middle of the ocean.
We live on a placid island of ignorance in the midst of black seas of infinity, and it was not meant that we should voyage far.”

  • We must investigate this amazing discovery!
    (The island of R'lyeh has risen from the ocean, activating the Cthulhu cultist ideology)

第2章:ルルイエ島

 「ルルイエ島の訪問者は偉大な彫刻の施されたモノリスの眩暈がする高さにある緑がかった石のブロックの信じられない大きさに畏怖する。ルルイエ島では不思議な洞窟が発見され、その壁と柱は象形文字の彫刻で覆われている。意味が明らかな象形文字は図である。その文字はある種のモンスターかモンスターを表すシンボルのように見える。果肉と触手の生えた頭はグロテスクと翼を持ったウロコ状の体を乗り越えている。不思議なことに、その光景は今なお夢に現れるという報告が多く寄せられる。
-あの象形文字が意味するのは何なのだろうか?

Chapter 2: The island of R'lyeh
“Visitors to the island awe at the unbelievable size of the greenish stone blocks, at the dizzying height of the great carven monolith. On the island, strange caves have been found where the walls and pillars are covered with hieroglyphic carvings. Above these apparent hieroglyphics is a figure. It seems to be a sort of monster, or symbol representing a monster. A pulpy, tentacled head surmounted a grotesque and scaly body with rudimentary wings. Curiously, many report that this image now haunts their dreams.”

  • I wonder what those hieroglyphics mean?

部分的な翻訳

 「ある地方の知識人が、古代の本の助けを借りて巨大な医師の扉の表面から発見された象形文字のはじめの部分の翻訳に成功した。訳文にはこう書いてある。あれは死ななず永遠に横たわる、そして不思議な永劫と共に死ですら死ぬ。」
-非常に興味深い

A partial translation
“A local intellectual has succeeded in translating one of the first groupings of hieroglyphics found on a massive stone door, with the aid of an ancient book:
That is not dead which can eternal lie,
And with strange aeons even death may die.”

  • Most interesting!

第3章:地の塩(常識人)

 社会と生業の中での平均的な人々-ニューイングランドの伝統的な地の塩-はすべて、不思議な島が現れてから浮上した新しいイデオロギーに転向する。象形文字の夢の力は計り知れないほど強くなり、人々を変え始めているようだ。人々は互いに争い合い殺し合いすらするようになり、密造酒やワインやウイスキーを飲み、阿片に溺れだし、自らの職場を離れて戻らなくなる。」
-私たちは労働者を強制的に工場へ戻らせなければならないだろう。
(クトゥルフ崇拝者の闘争性が上昇する)
-転向した地の塩はあまりに多い、もし彼らが狂ったイデオロギーを放棄するなら待って様子見するのが最適だ。
(人口の10%がクトゥルフ崇拝者に転向している)

Chapter 3.Salt of the Earth
“Average people in society and business—New England’s traditional “salt of the earth”—are all turning to this new ideology which has surfaced since the strange island appeared. The intensity of their dreams has become immeasurably stronger and seems to change people. They are fighting and even killing each other, drinking moonshine, wine and whiskey, indulging in opium and leaving their workplaces without returning.“

  • We must force the workers back to the factories!
    (Militancy increase for all Cthulhu cultists)
  • There are too many, best to wait and see if they abandon this mad ideology...
    (10% of the population convert to Cthulhu cultists)

第4章:クトゥルフ崇拝者

 「クトゥルフ崇拝者は武装した叛徒の徒党を結成し始め、このイデオロギー的病は国中に広まる。これらのクトゥルフ崇拝者は以前のイデオロギーを捨て去り、ひとつの目的のみを求めるようになる。すなわち旧支配者の地球への帰還だ。これはいかなることだろうか?私たちは政府に対する反乱と反抗的行動の上っ面しか把握できないが、名も無き儀式と反乱勢力が足場を築いたところならどこでも人間を生贄にするという噂は存在する。
-私たちは、彼らがさらに遠くに広がる前に、反乱を速やかに鎮圧しなければならない。
(反乱軍の新タイプ、クトゥルフ崇拝者が解禁される)

Chapter 4. Cthulhu cultists
“Cthulhu cultists are beginning to form armed bands of rebels, spreading this ideological disease all over the country. These Cthulhu cultists cast off any previous ideology, they only seem to have one goal – to return these “Great Old Ones” to the Earth. Whatever do they mean?
We can only see the surface, their revolt against their government and their rebellious behavior, but there are rumors of nameless rites and human sacrifices wherever this group gains a foothold.”

  • We must strike down these rebels immediately, before they can spread even further
    (New rebel type activated: Cthulhu cultist)

第5章:旧支配者

 「例の反乱軍は政府の転覆を求めているが、彼らの真の指導者は幾ばくかの人間がいた時代にいた旧支配者だ。旧支配者は星々の彼方から若い宇宙にやってきた……彼ら旧支配者は今や去り地中深くの海の底で眠っていた。だが彼らの体は、不死のイデオロギーを生み出すことになる最初の人間に夢の中で旧支配者の秘密を語りかけた。
-このイデオロギーは狂気と恐怖そのものだ。

Chapter 5. The Great Old Ones
“The rebels claim to want to overthrow the government, their true leaders are the Great Old Ones who lived ages before there were any men, and who came to the young world from beyond the stars... Those Old Ones are gone now, inside the earth and under the sea; but their bodies had told their secrets in dreams to the first men, who formed an ideology which had never died.”

  • This ideology is madness and horror.

第6章:精神錯乱と集団パニック

 「パニックは人々に拡散し、不思議で恐ろしい夢は驚くべき数の人々から報告され続ける。犯罪、倒錯、そして狂気が市街に横行する。多くの人々が国を離れルルイエ島に向かうために、考えうるすべての手段を用いて大規模な移動を開始する。地元に残る人々もいるが、彼らは狂った人のように振る舞い、明らかに不可思議な精神錯乱の中にある。それはまるで、彼らがエクスタシーと恐怖に取り憑かれたかのようで、また集団催眠のようでもある。この狂気は一体なんだ?
-私たちはこの受け入れがたい振る舞いを鎮圧しなければならない。
(すべてのクトゥルフ崇拝者の闘争性が増大する)
-避けられない運命を受け入れる
(人口の20%がクトゥルフ崇拝者に転向する)

Chapter 6. Delirium and mass panic
“Panic has broken loose among the population and strange, terrible dreams are being reported by an alarmingly large number of people. Crime, perversion, and insanity are rampant in the streets. The population of the country is leaving en masse by any means they can for the island of R'lyeh. Others remain, but are behaving like mad men, manifested in a strange delirium. It is like they are possessed by ecstasy and horror, it´s like a mass hypnosis. What madness is this?”

  • We need to strike down this unacceptable behavior
    (Militancy increase for all Cthulhu cultists)
  • Accept the inevitable
    (20% of the population convert to Cthulhu cultists)

第7章:崇拝者の勝利で幕が閉じる-選挙の時間だ!

 「星々が再び右に現れるまで崇拝者が死ぬことはなく、支持者たちはクトゥルフを戴きその墓から彼の人民と彼の地球支配を復活させるだろう。その時はすぐわかるだろう、その時になれば人類は旧支配者のように、自由で野性的に、善と悪の彼方にあるようになり、法と道徳を投げ捨て、すべての人間は叫び殺し、快楽を大いに楽しむようになるだろう」
-違う、神の下に!これは神の下ではない!
(戦いを継続する)
-Ph'nglui mglw'nafh Cthulhu R'lyeh wgah'nagl fhtagn (クトゥルフへの聖歌)
(クトゥルフが目覚める)

第7章:崇拝者の勝利で幕が閉じる-選挙の時間だ!

 「星々が再び右に現れるまで崇拝者が死ぬことはなく、支持者たちはクトゥルフを戴きその墓から彼の人民と彼の地球支配を復活させるだろう。その時はすぐわかるだろう、その時になれば人類は旧支配者のように、自由で野性的に、善と悪の彼方にあるようになり、法と道徳を投げ捨て、すべての人間は叫び殺し、快楽を大いに楽しむようになるだろう」
-違う、神の下に!これは神の下ではない!
(戦いを継続する)
-ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん(クトゥルフへの聖歌)
(クトゥルフが目覚める)

Chapter 7. Cultist victory draws close – time to Vote!
“That cult would never die till the stars came right again, and the followers would take great Cthulhu from His tomb to revive His subjects and resume His rule of earth. The time would be easy to know, for then mankind would have become as the Great Old Ones; free and wild and beyond good and evil, with laws and morals thrown aside and all men shouting and killing and reveling in joy.”

  • No, by God! This must not be!
    (Continue to fight)
  • Ph'nglui mglw'nafh Cthulhu R'lyeh wgah'nagl fhtagn
    (Cthulhu awakens)

クトゥルフの目覚め/クトゥルフにより政府は転覆される

 「主は慈悲を持ってらっしゃる!星星は右に。政府は叛徒により転覆される。その国はカオスに沈む。そして偉大なるクトゥルフが目を覚ます。解放された旧支配者は人々に、新しい叫び方や殺し方を教える。そしてお祭り騒ぎをして自ら楽しみ恍惚と自由のホロコーストとともに全地球が燃え上がる。
-(レディース&ジェントルマン、私たちはこれはゲームオーバーなんじゃないかと恐れてますよ)

Cthulhu awakens/government overthrown by Cultists
“Lord, have mercy! The stars are right. The government has been overthrown by the rebels. The country is in Chaos. The Great Cthulhu awakens. The liberated Old Ones will teach the population new ways to shout and kill and revel and enjoy themselves, and all the earth will flame with a holocaust of ecstasy and freedom.”

  • (Ladies, and Gentlemen, we are afraid this means Game Over.)

クトゥルフの眠り/崇拝者は打倒される

 「呪われた島は再び沈む。だが、地球上のクトゥルフの大臣たちは未だに怒鳴り飛び跳ね、寂しい場所の偶像をかぶったモノリスの周りで殺しを続けている。誰がその末路を知っている?興隆したものは沈むかもしれず、沈んだものは興隆するかもしれない。うんざりさせるものは時を街深い場所で夢を見、崩壊はどよめく人間の都市を超えて広がる。
(崇拝者は政府の転覆を試みられなくなり、ルルイエ島は再び海に沈み、あのイデオロギーは危うく根絶されるところまで後退するだろう。腹黒い政治家と落ち着かない民衆を常に残しつつ……)

Cthulhu slumbers/Cultists defeated
“The accursed island is sunken once more; but the ministers of Cthulhu on earth still bellow and prance and slay around idol-capped monoliths in lonely places. Who knows the end? What has risen may sink, and what has sunk may rise. Loathsomeness waits and dreams in the deep, and decay spreads over the tottering cities of men.“
(Should Cultists not manage to overthrow the government, the island sinks back into the ocean and the ideology recedes to barely nothing. Only scheming politicians and a restless population remains, as always…)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-11-01 (金) 13:05:38