AAR
ポルトガルの翼ー王立植民地軍ー

前:ポルトガルの翼ー王立植民地軍ー/エスペランサ

ポルトガルの翼ー王立植民地軍ー/マガリャンイス

1924年、アメリカ合衆国、マサチューセッツ。
ある農場で1人の男が小さな金属の筒のようなものを設置した。
彼の周りには身なりのいい紳士たちがその作業を見守っている。
男は作業を終えて筒から離れる。
しばらくたつと金属の筒は鋭い音を立てながら炎を吹き出して、あっという間に青空に白い雲を描きながら上昇していった。
紳士たちは口を開けながら空に飛翔する筒を追う。
「あんたら」男は言う。「ポルトガルから来たんか?」
「ゴダードさん」紳士の一人が答えた。「いかにもそうです。我々はポルトガルから来ました」
ゴダードと呼ばれた男はその男を睨みつける。
「ポルトガルでこの技術の研究を続けませんか?」
「ポルトガルで、だと?」
「ポルトガルはあなたの力を必要としています。全力であなたの研究を支援します」
「わしは」ゴダードは語気を荒くする。「アメリカ市民だ。外国のために仕事をする気はない」
「お気持ちはよくわかります。我々もそうですから」
紳士は一呼吸おいて静かに話を続ける。
「ゴダードさん。考えてみてください。スミソニアンから資金援助を貰えているかもしれませんが、アメリカであなたの研究を理解してくれる人がいますか? 失礼ながら、あなたは周囲から変人扱いされているではありませんか! だが、ポルトガルは違います。あなたのその技術を評価し、支援したいと思っています」
「じゃあ、ここにいるわしを支援してくれ! それでいいだろう!」
「それができないことはよくご存知のはずです」紳士は首を振った。「これは取引なのです。我々はあなたを支援し、あなたはわが国の庇護下で研究を続けるという取引なのです」
ゴダードは押し黙る。
空にはまださっきの筒が描いた白い雲がかすかに漂っていた…。

マガリャンイス計画

シロツグ「あ、将軍、お戻りですか。お久しぶりです」

将軍「ああ、戻った。なかなかアメリカというのも遠いな」

シロツグ「ま、仕方ありませんね。ところで、何の用だったんですか?」

将軍「あ? ああ。ちょっと技術者をな…」

シロツグ「技術者?」

将軍「ああ、ま、それはいい。いまのところ、変わったことはないか?」

シロツグ「えーと、実は…」

将軍「なんだ??」

19240411.jpg

シロツグ「英領インドで反乱が起こっているのはいいのですが…」

将軍「うむ、迷子の同盟軍も無事帰還しつつあるようだが…」

19240502.jpg

シロツグ「南アフリカから参戦要請が…」

将軍「な、なに? 対オランダ戦か??」

シロツグ「いや、ズールー併合戦争です」

将軍「!! しまったあ…」

シロツグ「唯一、勢力下に入れていませんでした。コアプロビあるし、戦力少ないし、同盟国も列強の支持もない国だったらね…」

19240525.jpg

将軍「参戦したんだろうな…」

シロツグ「せめて苦しまずに併合することにします」

将軍「仕方ないな…ま、勢力下に入れる必要がないだけましか…」

シロツグ「実はもう1件ありまして…」

将軍「まだあるのか??」

19240601.jpg

シロツグ「フランドルから参戦要請がありました」

将軍「フランドル?? …ベルギー併合だとぉ??」

シロツグ「どうもベルギーで革命が起きたようで、外交関係は真っ白…」

将軍「ベルギーもフランドルのコアだったなぁ…」

19240601_F.jpg

シロツグ「こっちも苦しまずに併合します…」

将軍「そうしろよ」

19240612.jpg

シロツグ「まずベルギーが陥落しました。1プロビしかないもんなー」

将軍「フランドルに併合してしまうしかあるまい」

19240622.jpg

シロツグ「ベルギーがフランドルに併合されました」

将軍「あとはズールーか…」

19240703.jpg

シロツグ「ズールーも降伏しました。南アフリカへの併合に同意するとのことです」

将軍「うむ。併合しよう」

19241106.jpg

シロツグ「第8回オリンピックへの参加が打診されました。もちろん、受諾します」

将軍「うむ、平和な時代がやって来たということかな」

シロツグ「そうですね、改革も進んでいます」

19250101.jpg

将軍「だいぶ人口も増えてきておるよなぁ。そろそろNFも6になるんじゃないのか?」

シロツグ「そーですね。いまの技術では6が限界になります」

将軍「ふむ…そろそろNFを増やす技術も研究せんとな」

シロツグ「はい。植民地のステート化も思ったように進んでいませんしね」

将軍「どうしても植民地が増えるとなぁ。主要文化の官僚はそっちにまわるのか、増えんのだよ…」

19250104.jpg

シロツグ「危機レイヤーです。各地で危機が勃発しそうですね」

将軍「うむ。そうだ、さっきの件だがな…」

シロツグ「さっきの件?」

将軍「技術者のことだ」

シロツグ「ああ、技術者ですか。アメリカは工業大国だから、いろんな技術者がいるんでしょうね」

将軍「ロケットの技術者なのだ」

シロツグ「ロケット…ロケットぉ?」

将軍「うむ。いまはまだ黎明期にある技術なのだがな。アメリカに優秀な技術者がいると聞いて、招聘したのだ」

シロツグ「確かに昨今、ドイツでも宇宙旅行協会というのができていましたけど…」

将軍「そのとおり。ドイツもすでにそのような研究を進めているのだ。わが国も負けてはおられん」

シロツグ「はぁ…なるほど。月に植民地でもつくるんですか?」

将軍「そういうんじゃない。わしをセシル・ローズと一緒にするな。わが国は北極も南極も探検した。地球にはまだ前人未到の地があるが、宇宙もその一つだ。ならば挑戦したいと思うだろう?」

シロツグ「将軍のロマンですね」

将軍「うむ。わしはこの計画に『マガリャンイス』と命名した。世界一周をした…ことが記録されている最古の人物だ」

シロツグ「じゃあ、いずれ宇宙戦艦を持つんですね」

将軍「何に使うんだ、そんなもん。鉄砲でもついているのか?」

シロツグ「そんな重いもの、どうやって運ぶんですか…あれ? なんかいろいろ混ざってるような…」

将軍「ま、いい。そろそろ現実に戻ろう」

19250503.jpg

シロツグ「はい。研究が促進するイベントです。Prestigeでもよかったんですけどね。いま、わが国は列強第1位ですが、第2位のドイツとは僅差です。少しでも点が欲しいところです」

将軍「Dreadnoughtの建造はどうだ?」

シロツグ「進めていますが、もうNSPに余地がなくなってきているのと、海軍支出100%にしただけで毎日の収支が-10000にもなるので限界です」

将軍「はぁ?」

シロツグ「だって、NSP8800ぐらいをめいっぱいDreadnought建造するんですよ…そりゃそうなりますよ」

将軍「ううむ。まぁ、海軍全体で500隻ぐらいいるしなぁ」

19250519.jpg

シロツグ「ルメリアで危機が発生しました! イギリスがブルガリアを支持するようです」

将軍「トルコはこちらに支持を要請してきたな。受諾しよう…」

19250524.jpg

シロツグ「うーん、これは厳しいですね。どの国もポルトガル支持傾向です…」

将軍「ダメだな。次の危機に期待しよう。危機を長引かせてもよくない。すぐに交渉で解決だ」

19250524_PP.jpg

シロツグ「イギリスはWhitePeaceを受け入れました」

将軍「いまイギリスやフランスと和平中だしな。危機にしてもうまくいかんこともある」

シロツグ「そうなんですか」

将軍「和平期間中だと参戦してくれない国も多いからな」

19260101.jpg

シロツグ「また社会改革が進められます。製品の安全性の改革ですね」

将軍「工場のコストが増えるのは痛いがな。ま、仕方ない」

19270107.jpg

シロツグ「危機が発生しました! アルバニアです!」

将軍「うむ。あ? フランスがトルコを支持しているのか?」

シロツグ「先を越されましたが、アルバニアからの支持要請を受諾します」

将軍「うむ…どうなるかな…」

19270109.jpg

シロツグ「ドイツが戦争中なので、4か国での危機になりました。お? イギリスがフランス側、イタリアがポルトガル側につきそうです」

将軍「大戦にできそうだが…今回は危機を発展させない」

シロツグ「? どうしてですか?」

将軍「今回の危機は攻撃側なので結構キツいんだ。まず、少なくともWarScoreがアルバニア要求ステート分が最低かかる。次にいま和平期間中だから、わが国のほとんどすべての同盟国が参戦しない…防御側なら参戦してくれると思うんだが」

シロツグ「ああ、なるほど。でも、イギリス軍の侵入をドーバー海峡でおさえて全力でフランスをイタリアとボコればいいんでは?」

将軍「まぁな…だが、フランスは陸軍技術がすでに30/30だ。結構キツい。イタリアは26/30だしな…」

シロツグ「そうすると、この危機は…」

19270109_PP.jpg

将軍「ま、アルバニア独立は受け入れてくれるらしいから、独立させてもらおう」

シロツグ「フランスも戦争よりはアルバニアをポルトガルにくれてやるほうがいいと考えたんですね」

将軍「ま、平和なのはいいことだよ」

19270113.jpg

シロツグ「ドイツから参戦要請が…」

将軍「はぁ? Moravia要求の戦争??」

シロツグ「どうしますか?」

将軍「ドイツの実力をもってすれば造作もない戦争だ」

シロツグ「あ、じゃあ、Declineですか」

将軍「違う違う! 参戦するが、戦闘行為はせん。…艦隊をアドリア海に送って海上封鎖するぐらいでいい」

19270202.jpg

シロツグ「うわ…ドイツ軍が怒濤の進撃をしています」

将軍「うむ。これではオーストリア=ハンガリーはもつまい」

19270218.jpg

シロツグ「わずか1か月でオーストリア=ハンガリーは屈服しました。やはりなぜかわが国が交戦国を代表して交渉しています」

将軍「ま、それでいいんじゃないのか。要求はすべて受け入れるということだしな」

19270608.jpg

シロツグ「西アフリカの植民地で事件があったようです。イギリスに対してCBを得ました」

将軍「うむ。とはいえ、いまはイギリスと和平期間中だから宣戦布告できんのだ。危機になれば別だが、危機が大戦になるまでにCBの期限になりそうだな」

19270722.jpg

シロツグ「ヨーロッパ各地で戦争が起こっていますね…」

将軍「ドイツが絡んでいると勝つことはできんだろうな。わが国もガチンコでドイツに勝てるだろうか…」

19270729.jpg

シロツグ「それにしても、ドイツはオーストリア=ハンガリー戦から立て続けですが…」

将軍「なんというスタミナだ…! わが国もそれなりに持久力はあるが、ドイツのこの持久力には敵わん…!」

シロツグ「オスマン帝国陣営はこのドイツの怒濤の攻撃によりWhitePeaceを受諾…すごい…!」

将軍「ドイツを倒すには、北ドイツ連邦時代になんとかしないと無理なんじゃないか…JK」

シロツグ「かもしれませんねぇ…」

19271214.jpg

将軍「!! まだやるのか…!!」

シロツグ「スウェーデン・ソ連戦争にドイツがStatusQuoで参戦…?!」

将軍「これは…ソ連も運がなかったな…」

19271109.jpg

シロツグ「ビサウがコアステートになりました。これでNSPが大幅に増えます」

将軍「おお、すばらしい! …でも、早晩ドイツに追い抜かされるんだろうなぁ…」

シロツグ「工業点では追随が不可能ですからね…Dreadnought建造とPrestigeで稼がないとドイツに追いすがることも難しい状況ですよ…」

19271216.jpg

将軍「改革が実行可能になったようだな…いまや改革は最小スパンで実行可能になってないか?」

シロツグ「そんな感じですね。12時間労働制限の改革を実行します」

将軍「それにしても、わが国は社会改革も政治改革もよく進んでいるほうだろうな…」

シロツグ「財政的にあまり良好な国ではないんですけどね。国民が求めるので、仕方がありません」

19280406.jpg

将軍「イギリスとの戦争で、英領インドを確保しようと思ったのだが…」

シロツグ「はい」

将軍「なんだ? この反乱軍の規模は…英領インドは北斗の拳状態なのか??」

シロツグ「…軍隊の表示が357とか、清国相手でも見たことないですよ」

将軍「わが軍が毒ガス技術を持っていたところでどうしようもないな…。わずかにやりやすいベンガル方面とセイロン制圧が英領インド方面の作戦となりそうだな」

シロツグ「ベンガルにも100を超える軍隊がいたりしますけどね。なんでこうなっちゃうんだろ…」

将軍「これならイギリスがきちんと管理しているほうがマシだなぁ…」

19280827.jpg

シロツグ「シャンパーニュで危機が発生しました!」

将軍「そうか…とはいえ、あまりいい危機ではないのだろう?」

シロツグ「ドイツ、イタリア、イギリス、いずれもがわが国支持の傾向です」

将軍「まれに支持国によって傾向が変わることがあるものの、これは長引かせる必要もない危機だ…」

19280828.jpg

シロツグ「…変な話ですが、定期的にPrestigeを稼げますね」

将軍「そうだな。それがなきゃやってられんよ…」

19281024.jpg

シロツグ「! 和平期間が終了しました。わが国に支払われていた賠償金が0になりました…」

将軍「あと10年もない期間だが…この後どうなるのかな…?」

19281220.jpg

シロツグ「植民地に関するイベントが発生しました」

将軍「ま、Prestigeを稼げるならそれでいいだろう…。ロケットの開発か…植民地軍の今後にどんな影響があるのか…楽しみではあるが…」

前:ポルトガルの翼ー王立植民地軍ー/エスペランサ
次:ポルトガルの翼ー王立植民地軍ー/広東


添付ファイル: file19280406.jpg 94件 [詳細] file19280827.jpg 121件 [詳細] file19280828.jpg 76件 [詳細] file19281024.jpg 79件 [詳細] file19281220.jpg 67件 [詳細] file19250503.jpg 63件 [詳細] file19250519.jpg 74件 [詳細] file19250524.jpg 73件 [詳細] file19250524_PP.jpg 75件 [詳細] file19260101.jpg 73件 [詳細] file19270107.jpg 65件 [詳細] file19270109.jpg 65件 [詳細] file19270109_PP.jpg 64件 [詳細] file19270113.jpg 72件 [詳細] file19270218.jpg 66件 [詳細] file19270608.jpg 66件 [詳細] file19270722.jpg 69件 [詳細] file19270202.jpg 87件 [詳細] file19270729.jpg 78件 [詳細] file19271109.jpg 80件 [詳細] file19271214.jpg 72件 [詳細] file19271216.jpg 76件 [詳細] file19241106.jpg 71件 [詳細] file19250101.jpg 61件 [詳細] file19250104.jpg 81件 [詳細] file19240703.jpg 107件 [詳細] file19240525.jpg 70件 [詳細] file19240601.jpg 83件 [詳細] file19240601_F.jpg 75件 [詳細] file19240612.jpg 69件 [詳細] file19240622.jpg 72件 [詳細] file19240502.jpg 67件 [詳細] file19240411.jpg 69件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-19 (土) 22:30:59 (1125d)