発売前情報

開発者日記

翻訳元URL:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=443002

なぜ

 

 やあ、これはVictoria2の最初の開発者日記だ。君たちは毎週来るこのような開発者日記を沢山見ることになるだろう。我々としては週に一度日記を届けようと思うのだが、必ずしもそうはならないということを現時点で把握している。休暇(でもそれは共産主義のスウェーデンでの話だし、そのようことはあると考えていると、私は聞いている)や主要なゲームショウなどが、この週サイクルの予定を妨害するだろう。金までのほとんどの週で、君たちは私が書いた日記を目にするだろう。

Well this is it, the first developer diary for Victoria 2. You’ll be seeing a lot more of these over the coming weeks; we aim for one a week but we know now that this won’t always happen. Either there will be things like holidays (I know what you are thinking: ‘but this is communist Sweden and we do get those kinds of things here’) or major games shows will interrupt this weekly schedule. However, most weeks until gold you’ll see a diary from me.

 

 細かいところまで注意深く見ている人たちは、この日記がヨハンの投稿ではないことに気が付いているだろう。では私は誰だろうか。私はクリス=キングといい、Victoria2のデザイナーをしている。私がパラドックス社に入社したのは三年半前で、最初に携わったプロジェクトはVictoria Revolutionだった。そういう経緯で、Victoriaは私の心の中で特別な地位を占めている。正直に言うと、私はクレジットに名前を載せられるデザイナーだ。だがこのことは、君たちに見せるゲームのアイディアの全てが私のものであるということを、論理的に導くものではない。ゲームのデザインは明確に共同作業で、チーム全体で様々な点について意見を出す。ゲームのデザインでクレジットに名前が載せられているということが意味することは、最終的に開発日記に全てを書き込む役回りを背負う者になるということだ。そういうわけで、開発者日記を書くという役割が私に降りてきたのだ。

Well first up, those of you with a keen eye for detail will have seen that this is not Johan posting, so who the hell am I? I am Chris King and I am the designer for Victoria 2. I joined Paradox three and half years ago and my first project was Victoria Revolutions. Victoria has always had a special place in my heart because of that. In a fit of honesty I must say that although I am credited designer, it does not logically follow that everything you see in the game is my idea. Game design is very much a collaborative work and the whole team pitches in at various points. Still the joy of the credit for game design means you end up being the poor guy who has to write everything down. So that’s why it has fallen to me to write the developer diaries.

 

 では、みんなが不思議に思っているはずの最初の質問にうつろう。なぜVictoria2かということだ。まったくもって秘密ではないかもしれないが、Victoriaはパラドックス社の商業的に最も成功したタイトルではない。このことは、より有名なタイトルの続編を作るということになったかもしれない。だが、Victoriaの続編を作ることになった。

So the first question you must all be wondering, why Victoria 2? It is probably no secret that Victoria was not Paradox’s most commercially successful title. Which did make it less likely to become a sequel that some of our more popular titles. However, here we are doing a sequel.

 

 Victoriaの続編を作ることになったのには主に二つの理由がある。その第一はVictoria Revolutionだ。Victoria Revolution自体は大ヒットしたわけではない。ゲーム販売チャートを追っている人たちは、チャートのトップテンに入ったWorld of Warcraft やthe Sims のような売れ行きには達することができなかったことに気づくだろうが、拡張パックとして見ると話は別だ。そこで意見を交わされた考えが、Victoriaの拡張パック第二弾で、いくつもの考えが出されていった。だがこの計画は失敗に終わった。なぜなら、会社が、我々が古いゲームエンジンで再び仕事をしないようにと決めたからだ。だがアイディアはのこった。

There are two main reasons for this, first up was Victoria Revolutions. Now it itself it wasn’t a blockbuster, those of you who follow game sales charts will notice it wasn’t quite able to shift games like World of Warcraft or the Sims of the top of the charts, but as an expansion it had its following. So one idea bounced around was a second expansion to Victoria and ideas were generated. All this came to nought because as a company we decided to not work with the old engine again, but the ideas remained.

 

 新エンジンがゲームを作りだしている間に、新エンジンのコードベースは絶えず拡張していった。我々が数年前まで可能だとは考えていなかったゲーム作りのプロジェクトが、可能となった。そこで、Hearts of Iron 3以後にどのゲームを作るか決めるという時に、Victoriaの拡張の話が残されていた。その考えはとても素敵に見えたが、それ以上のものが必要とされた。だが、素晴らしいゲームになるだろうという私の考えの中核はそこにあり、残りは歴史性であった。

Meanwhile the new engine is cranking out games and the code base for the new engine is steadily expanding. With this foundation projects that we did not consider possible a few years ago suddenly became doable. So when it came to decide which game to do after Hearts of Iron 3, there were these ideas sitting around for an expansion to Victoria. These ideas looked pretty cool but more was going to be needed. However, here was the kernel of what we believe is a great game. The rest is history.

 

 伝統的に開発者日記はスクリーンショットを含んでいる。だが、悲しいことにここにはスクリーンショットは貼られていない。開発者のエゴが付けられている日記を読むことを苦痛に感じず、ここでゲーム内の写真を見たいという人のために、スプライトがある。これらは、ゲームのスプライトでの最後の小さな選択で、我々は開発を通してベールを取り払うだろう。

Traditionally dev diaries usually include screenshots, but this one sadly doesn’t. For those of you who can’t be bothered to read long developer ego stroking posts and just want to look at the pictures here are some sprites. These are just a small selection of the final in game sprites; we will unveil more as we go through development.

 

スクリーンショット

 

次回-第2回


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-25 (日) 20:00:57