発売前情報

開発者日記

翻訳元URL:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=444604

前回-第1回

 

 開発者日記の第二回目の時間だ。いくつかの決定を必要とする議論をするために、我々は誰もが異論をはさみ得る問題すなわちマップについての決定をした。

Well time for instalment number 2 of the developer diary process. In order to inject some much needed controversy we decided to go for something everyone can disagree about, the map.

 

 マップはパラドックスのゲームで最も重要なものの一つだ。そのため、我々はマップについて色々考えた。我々がそうしたのには二つの理由がある。第一に、プレイヤーは地図の画面で始めるのに結構な時間を費やすので、マップが正確であると感じなければならないこと。そして第二に、マップはゲームをするキャンパスであるので、その為の機能を満たさなければならないことだ。

The map it is one of the most important parts of a Paradox game. Therefore we do put a lot of thought into the map. We do this for two reasons. Firstly you are going to spend a lot of time staring at it so it was to feel right and secondly it is the canvas on which the game is played so it has a game play function to fulfil as well.

 

 実際に皆も地図のでっちあげを見たことがあるはずで、我々も自身で考え見た、実際のゲームからの手のひらサイズのマップのスクリーンショットを持っている。(この開発者日記の下を見てくれ。)皆さんが見れるこのマップはHearts of Iron 3のマップと比べてはるかに明るい。第二次世界大戦の時代は、世界中で死と破壊をもたらした恐ろしい世界的な戦争を伴うとても暗い時代だ。だが、我々は、この時代の空気が19世紀に当てはまるとは思わなかった。19世紀は、科学的・文化的な進歩の無限の可能性が無条件に信じられていた、より楽観的な時代だ。この雰囲気を反映して、我々はマップをより明るいものとした。

Well you’ve seen a mock up of the map and we also have a handy map screenshot from the real game (see bottom of the developer diary) to see what we were thinking. As you can see the map is far brighter than the Hearts of Iron 3 map. World War II was a pretty bleak era with terrible global warfare taking death and destruction across the globe, but we felt that this look did not fit the 19th century. The 19th century was a more optimistic era where the belief in the unlimited potential of scientific and moral progress was taken for granted. To reflect this we went for a much brighter look for the map.

 

 そこで、我々には、どのようにマップ上世界をプロヴィンスへと分割するかという単純な仕事が残されていた。この工程に入った時に、すでにHearts of Iron 3のための完全なマップが手元にあるという観点から始めた。Hearts of Iron 3の時代の重要な地域から幾らかのプロヴィンスを、Victoriaの時代の重要な地域へと移植すれば、完璧に使える良いマップを作ることができると、考えていた。

Then we are left with the ever so simple task of how do we divide up the world into provinces. When we first began this process we started from the angle that, well, we already have a perfectly good map for Hearts of Iron 3. We felt that if we moved a few provinces from places that were important in the Hearts of Iron 3 era to places that were important in the Victoria era we would have a perfectly serviceable game map.

 

 だが、この考えは、マップ作りが始まってもいないうちに、破棄された。基本的に、Hearts of Iron 3のマップは戦争の為―すなわち軍隊の移動・徹底的な包囲そして大規模戦闘の為―に設計されている。だがVictoriaはそのようなものではない。Victoriaは、新たな諸国民の勃興と旧来の帝国の分裂・アフリカでの塗りあい・各帝国群・民族主義と帝国主義を扱うものだ。本質的に、Hearts of Iron 3のマップは条件に合わなかったのだ。そのため、この考え以前に戻らなければならなかった。

However this idea was ditched even before the map began to be created. Basically, the Hearts of Iron 3 map was built for war; for armies moving around, for sweeping encirclements and massed battles, but that is not Victoria. Victoria is about the rise of new nations and the break up of old empires, painting Africa your colour, of empires, nationalism and imperialism. Essentially, the Hearts of Iron 3 map just did not fit the bill. So we had to go back to square one.

 

 我々は、プロヴィンスが全くない空白の世界地図の時点まで戻ることになった。我々は、軍事的な目的よりも政治的な目的の為にプロヴィンスの境界を引く必要があった。Victoriaの時代の本質をつかみ、国境線を明確に移動させる必要があると、我々は感じた。我々は、国家がきれいに見えるようにし、歴史的に国境を変えられるようにする必要があった。どこでそのような条件も満たしたマップを、我々は見出すことができたのであろうか。

We are back to a blank map of the world with no provinces at all; we need province boundaries for political rather than military purposes. We felt that to capture the essence of the Victoria era we need to capture the shifts in country borders very specifically. We needed the countries to look good and be able to shift in an historical manner. Just where could we find a map that looked like that?

 

 我々にとって幸運なことに、CLIOというタイトルの、完璧な素晴らしいマップがVictoriaのシナリオと改造フォーラム*1に埋もれていた。そこで、我々はそのマップとの使用の許可と同意を得ようとし(ここのことはいささか無礼だったのではないかと我々は思っている。)、そこからマップについてのことが始まった。このマップはVictoriaの時代の完璧な良いマップで、さらにコミュニティーで作られたという利点をもつ。それゆえ、プロヴィンスの境界について何者も文句を言う必要はないだろう。

Fortunately for us there was a perfectly good map buried in the scenario and modifications forum for Victoria, going under the title CLIO. So we sought permission to use the map and the people agreed (we felt it was a bit rude to just take it), and began from there. Here was a perfectly good map of the Victoria era, with the added benefit that the community made it so no one is going to need to complain about the province boundaries.

 

 これはスカンディナビアのスクリーンショットだ。周りの同僚に囲まれて、この地域へのバイアスがあるとは感じる。だが、そのことを別としても、我々には、Victoria2のプロヴィンス割の明白な目標を持っている。それは地形の種類を明確化することだ。そこで我々は、明快さの為にプロヴィンスの地形的風土を一つにしようとしている。ところで、細かいところまで見ている人たちは、このマップから川の名前とプロヴィンスの名前が抜けていることに気づくだろう。そのわけは我々がまだそれらを設定していないことにある。

Here is a screenshot of Scandinavia. I sense a certain amount of bias to that region amongst my co-workers. However that aside we had one clear objective with provinces in Victoria 2, that the terrain type should be clear. So we have tried to make the provinces a single terrain texture for clarity. Now those of you with a keen eye for detail will notice a shortage of rivers and province names on the map, this because we haven’t added those yet.

 

公式フォーラム投稿の要約

prestigeを消費することで自国より弱い国をSpheres of Influence(勢力圏)に編入できる。

勢力圏への編入は独立保障と似ているが、単なる独立保障とは異なり、勢力圏内の国家に対する同盟締結や独立保障などの外交的働きかけが行われた場合も大義名分獲得の理由になる。

勢力圏の解除は戦争によって可能(和平条件として勢力圏解除を要求できる)。
勢力圏がらみの戦争では和平時の属国解除や賠償金等の要求に必要な戦果ポイントが安くなる。

勢力圏は無制限に拡張できるのではなく、距離や国家間の力関係によって制限される。

 

スクリーンショット

 

次回-第3回


*1 原文はthe scenario and modification forum for Victoria:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-25 (日) 20:00:16