発売前情報

開発者日記

翻訳元URL:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=455648

前回-第7回

職人

 

 先週以降新たな変更があった。これからその内容を見ていこう。ヴィクトリアの経済システムは大規模な資本主義経済を的確に再現している。しかし、小規模な手工業つまり前近代的な産業が存在しなかった。職人が私たちの結論だ。

Well after last weeks rather short effort let’s go for something with a little meat in it. The Victoria economic system was very good at simulating large-scale capitalism but there was no small scale manufacturing or pre industrial economies. Our solution is the Artisan.

 

 職人POPは小さな工場のように振る舞う。つまり、世界市場から商品を購入し世界市場に売るために製品を作るのだ。だが、工場とは異なる点がある。職人が作る商品は1つに絞られない。かわりに、毎月ごとに作る商品を選び生産する。もし前の月に作った商品が適度な資金を生むなら、職人は同じ商品を作り続けるであろう。職人は常に少量の商品を作り続けるが、作るものはその国の技術に制限される。だから、担当国にラジオを作る技術がなければ、そこの職人もラジオを作ることはないだろう。また、職人は技術の進歩を通じて生産性を向上させることができない。だから、長期的には工場がより競争力を持つようになるし向上による生産が十分な速度になるほど成長すれば、工場は職人を今までの地位から追い落とすことになる。最後の点は、競争に負けた職人が工員や熟練工に変わりつつある間に生産性の高い職人は資本家になろうとすることである。

The Artisan POP acts a bit like a factory; it buys goods of the market and makes things to sell. However, unlike a factory the Artisan is not tied into making a single good, instead every month it will pick a good to make, if last month’s good made money it will be more likely to make the same good again. The Artisan can always make a small number of goods but after that it is limited by your technology, so if you don’t have the radio, the Artisan won’t make one. However Artisans do not gain efficiency via technology, so on a long enough time line factories will always be more competitive and if supply rises fast enough they will force Artisans out of that niche. As a final point Artisans who do very well will consider becoming capitalists, while Artisans who lose lots of money start becoming labourers and craftsmen.

 

 話はどれもむしろ単純に聞こえるが、適切な結果をもたらすことをいくつかここに示す。最初に、我々は任意の国に工場なしに加工を行う能力を加えることができる。中国の例を挙げるなら、1830年代において中国は全世界の工業力の30パーセントを占めていた。しかし非常に効率が低く、当然のごとく世界の先進地域の工場にこの職人たちは徐々に市場を奪われていった。このようにして我々はこの時代の脱工業化されていくアジアを再現することができる。

Sounds all rather simple, however here are some neat consequences; firstly we can give any country a manufacturing capacity without giving them factories. If we take a country like China, in 1830 it had something like 30% of the global manufacturing capacity, but it was very inefficient and what should happen is factories in more advanced part of the world should gradually force these guys out of business. Thus we can simulate the de-industrialisation of Asia during the period.

 

 2つ目に、職人による製品の供給は世界市場への橋渡しをする。工場による製品の供給が十分になされていない場合に、その製品に対する需要を知った職人たちはその製品を作り始める。この過程により人々のその製品に対する需要が確認される。このことは、市場がより効果的かつ効率的に働くことを可能にし、POPの需要にうまく適合することができる。

The second thing Artisans supply is bridging in the world market, if there are not enough factories producing an item to meet demand the Artisans can step in to top up production making sure that there is enough of a good available for people to buy. This allows the market to function more effectively and efficiently and also make it much more responsive to POP’s demands.

 

 とはいえ、私が一番気に入っている職人の持つ効果は新たな発明の出現時に現れる。ヴィクトリアレヴォリューションでは、プレイヤーは資本家が新しい工場を作るのを何年間も待っていた。だが、いまでは、職人がこれを変えた。資本家が大規模な工場を造るまでのあいだ僅かであるが職人が製品を作るのだ。私見では、職人は2つの素晴らしい効果をもたらす。明らかに一つ目は橋渡し機能で、これは前の段落で触れたものだ。でも、一番のお気に入りの機能は経済システムにさらにリアルさを加えるものだ。たとえば自動車の発明では、ヘンリー=フォードは突然デトロイトに巨大自動車工場を建設することを思いついたわけではない。自動車は初期、小さな作業所で作られていた。自動車市場が形成され、それに伴い自動車工場が現れたのだ。

However my favourite effect that Artisans have is when a new invention appears. Back in Victoria Revolutions you then had to sit around for years for a Capitalist to get round to building a new factory. Well no longer, now the Artisans can step up to the breach straight away. Producing small numbers until the Capitalists get round to starting mass production. This for me adds two cool effects; obviously we have the Artisan bridging effect, which I mentioned in the previous paragraph. However, the best effect for me is that it adds more realism to the economic system. With the invention of the Motor Car, Henry Ford didn’t suddenly hit on the idea of let’s build a huge factory in Detroit. Cars were first produced in small workshops, a market was created and then the factories started to appear.

 

 政治的には、職人は間違いなくファシズムに魅力を感じる。ゲームについての私たちの考えでは、職人はこのゲーム内の資本主義における典型的な敗者である。資本家に着実に市場から締め出され、また、自営業であるゆえに下層階級が獲得した最低賃金などの恩恵の対象外である。これに対する単純明快な解決策を主張するファシズムのイデオロギーは職人層にはより熱烈に支持されるだろう。職人層がより強固に残っている国家は、結果としてよりファシズムの影響を受けやすくなる。

Politically Artisans have a certain attraction to fascism. In our vision of the game they are the classic losers in the game of Capitalism. The Capitalists are steadily putting them out of business and the benefits like minimum wages that the lower classes win do not apply to them as they are working for themselves. The Ideology of fascism with its simple answers will appeal to them more strongly. Countries than manage to keep a strong artisan class will therefore be more susceptible to fascism.

 

 これらのことから私たちは職人層を追加することにした。これにより経済発展に大きく現実味が加わると同時に、世界市場はより機能的になり、政治に新たな影響が加えられる。来週は開発者日記を休ませてもらう事になるというのも報道向けのイベントがあるからだ。だから新情報に注意してサイトから目を離さないでほしい。

So there we have the Artisan class. It improves the world market functionality and adds something to the politics, while adding greater realism in economic development. No developer dairy next week as we have a press event on, so keep an eye on the game sites for news about Victoria 2.

 

スクリーンショット

 

次週-ボーナススクリーンショット

次回-第9回


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-25 (日) 20:11:42