発売前情報

開発者日記

翻訳元UERL:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=467524

前回-第16回

世界市場と輸入

 

 Victoriaについてあまり知らない人たちのために、オリジナルのゲームについて触れることにしよう。Victoriaには世界市場という概念があり、これは商品の中央市場として働いていた。RGOと工場はここで商品を売り、国家とPOPはここから商品を買っていた。国家はまず最初に国内で商品の売り買いを行い、残りを市場から売り買いしていた。さて興味深いことに、市場はゲーム内の需要にお構いなしに全ての商品を買い、人々がほしがるものは何でも売っていた。このことは世界市場からシステム内へ多額の資金が流入するという副作用をもたらした。

For those of you who are not familiar with Victoria, let’s start with a brief run down of how things were in the original game. Victoria had the concept of a world market, which acted as a central clearinghouse for goods. RGOs and factories sold there, and countries and POPs bought from it. Countries bought and sold internally first and then the remainder were dumped onto the market for others to buy and sell. Now, an interesting abstraction was that the world market bought everything regardless of there being any demand in the game and then sold whatever people wanted. This had the side effect of making the world market a huge source of input money into the system.

 

 我々は世界市場と国内での購入の中心的な概念を残すことにした。この概念は我々に馴染み深い土台として、開発の出発点となってくれる。しかし、我々はこのシステムはこのままでは不十分になると感じた。我々は世界市場がよりよく機能することを確実にするいくつかの改良をした。経済の変化はVictoriaの時代で2番目に重要な(1番目は政治の変化だ)カギなので、経済はこのゲームにおける第2の柱だ。

We have kept the core concept of a world market and internal buying. This gives us a nice familiar foundation to work from. However, we felt this was not going to be enough. We have made several additions to how the world market worked to ensure that it ran better. Economic change is the second key theme of the Victoria era (on top of political change) so it forms the second pillar of the game.

 

 最初の改善は直接的には世界市場と何の関係もないものだ。しかしこれは市場の在り方の中枢に当たるものだ。我々は個別の貿易商品に関してVictoriaと同様のものを踏襲すると決め、各商品の需要と供給を概観し、吟味した。そして全ての商品に関して、ある程度一定の需要が確実にあるように需要のモデルに変更を加えた。例えば、ゲームの開始直後の世界からゴムを取り除き(この時点では誰もゴムを欲しがらないからだ)、後に人々がゴムを欲しがり出すときにゴムを加えるようにした。我々は需要の創出を助けるために職人を追加した。この2つの要素はともに、世界市場がより良く価格形成機能を働かせることを可能にする。

The first change we made had nothing to do with the world market directly; however it was central to how the market functioned. We had made the decision to keep the identical trade goods from Victoria, so we went through and looked at supply and demand for each one. We then changed the demand model to ensure that every good had some sort of constant demand. For example, we have removed rubber from the start of the game (no one wants it) and added it back in later, when people will start to want it. We have added the Artisan to help create that demand. These two things in conjunction will allow the world market to function better as a pricing mechanism.

 

 我々がした2つ目の変更は、世界市場はもはや全ての商品を購入するわけではないという事だ。もしも製品全体のうち90%のみが購入されうる場合、市場は全体の90%のみを買う。残った10%はシステムから失われ、全ての生産者は得られたはずの報酬の90%のみを受け取る。このことは、供給が需要より大きい時は生産性の低い生産者がその商品の市場から追い落とされることを意味する。このことは経済をより現実的に機能させる。市場はその時、総需要と総供給に着目しているのだ。もし総需要が総供給よりも小さいならその製品の価格は下落する。一方、総需要が総供給を上回れば価格は上昇する。つまり、製品の価格はもはや一定していないが、より現実的な価格モデルへと導かれることを意味する。最後に、我々はどこからもこのシステムに大量の資金を組み入れたりはしていない。なぜなら市場は、それ自身は商品を買わないからだ。市場は本来の姿どおりに単純に商品の交換所としてふるまうだけだ。

This feeds into our second change; the world market no longer buys everything. If only 90% of the production could be bought then only 90% is bought. The remaining 10% is lost to the system and all the producers only receive 90% of the money they would have got. What this means is that when supply is greater than demand, less efficient producers will be forced out of that market for good. This makes for a more realistically functioning economy. The market then looks at total produced and total bought. If less is bought than produced then the price of the good falls, if as much of the good is bought as sold the price rises. Now, this does mean that there is no steady price for a good, but it should lead to a more realistic price model. Finally, we don’t have lots of money being pumped into the system from nowhere, because the market does not buy goods on its own, it simply acts as a clearing house for goods (as it should do).

 

 封鎖について話していこう。私は封鎖がどのように算出されるか、ここで深く触れようとは思わない。しかし封鎖が世界市場にどのような影響を与えるかという事は話そうと思う。我々は封鎖を割合で計算している。これは国内の商品の価格に影響を与える。より封鎖されればされるほど、売った商品から受け取る金額は小さくなり、購入する商品の代金は大きくなる(邪悪な仲買人が利益を吸い取っているのだろう)。それゆえ封鎖はPOPの稼ぎをどんどん小さくしていき(ついでに税収も低くなっていく)払わなければいけない代金をどんどん高くしていく。商品が手に入らないことはPOPに悪影響を与える。つまり、POPの闘争性を増大させ改革の欲求を高める。それゆえ封鎖は戦争の武器となるのだ。

On to blockades! I am not going to go into too much detail here about how blockades are calculated, but I will tell you how it will effect the world market. We calculate a blockade percentage; this then affects the prices of goods inside your country. The more you are blockaded the less money you receive for selling goods and the more you have to pay to buy goods (it is assumed that evil middle men are taking profits.) Thus as a blockade tightens your POPs earn less and less money (leaving less for you to tax) and have to spend more and more money. Not getting goods is bad for POPs; it increases their militancy and their desire for reform. Thus blockade becomes a weapon of war.

 

 最後に、域内市場について少し話をしよう。Victoriaにおいては、それは単純に自分の国のことを指していたが、いまでは列強は拡大された域内市場を持つ。自国だけではなく、自国の勢力圏下にある国も含まれる。それゆえ自国の商業的に有利な地位を獲得するために、戦争(又は外交)をすることができるのだ。自国から商品を買った後に他国から買い、商品を自国で売った後に他国へ売るという、こうした優先的な市場を獲得する。
これにより『非公認の帝国』を築くことが可能になった。イギリスの場合、南アメリカを征服する必要はなく、これらの国々を自国の勢力圏に入れれば、その国々は自動的に自国の市場を差し出すだろう。それと同様にアメリカ合衆国もユナイテッドフルーツ社*1の優先的地位*2の維持を確固たるものにするために中央アメリカに干渉したくなるかもしれない。

 Finally, let’s talk a bit about the internal market. In Victoria it was simply your own country, but now Great Powers have an expanded internal market. It is not just their country, but countries inside their sphere of influence as well. Thus, you can use warfare (or diplomacy) to carve out commercial advantages for your country. You have these captive markets that buy from you first and then the rest of the world and will sell to you first and then the rest of the world. This allows the creation of an informal empire. As Britain you have no need to go conquering in South America; bring these countries into your sphere of influence and they will automatically orientate their economies towards you. Similarly, the USA may want to intervene in Central America to make sure the United Fruit Company maintains its favoured position.

 

 我々は、単純に地図を自国色に塗り絵する代わりになる、現実性のあるものを探している。商業的な影響はともかく有用で、時にはより良いものになりうる。我々の外交モデルによって、プレイヤーは他の列強と他国の優先的な貿易上の権利をめぐる争いを続けることが可能になる。

We are looking to give the player realistic alternatives to simply painting the map their colour. Commercial influence can be just as useful, sometimes better. Our diplomatic model allows you to continually compete with other Great Powers for other countries to get preferential trade rights

 

スクリーンショット

 

次回-第18回


*1 かつて存在した企業wikipedia参照
*2 詳しくはwikipedia参照

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-25 (日) 20:18:11