発売前情報

開発者日記

融資と債務

 

 ここで取り上げるものは、Victoriaでのイベントでの「フランスのメキシコ出兵」についての考察として生まれた。まあ、このイベントのすべてが悪いということではなかったがこのイベントには2つの論理的な問題があった。フランスは、債権を回収するために1860年代にメキシコに侵攻するか選択をする。メキシコに債務がないなどのあまりない事態がフランスの侵攻を阻むことはできない。その間に、近隣のグアテマラは何度も好きなだけ財政破綻するが、フランスはメキシコにしたような熱のこもった対応を取らない。我々は資金がどこからともなく湧いてくるという、いかにもおかしい問題も抱えている。パズルの最後のピースといえるものはVictoriaの国債システムで、このシステムにおいては、ただ自らのもとにいる民衆が豊かだということだけで政府は資金を得る。この全てのことから我々は融資システム全体の再考を始めた。

This feature began as a thought about an Event in Victoria; the French intervention in Mexico. Now, the event itself wasn’t all bad, it just had two intellectual problems: The French have the choice to intervene in Mexico in the 1860s to collect debts. We don’t let minor things like Mexico having no debts get in the way of this. Meanwhile, neighbouring Guatemala can go bankrupt as many times as it likes and the French are pretty cool about this. We also have the game play problem of conjuring money out of thin air, which felt a bit wrong. The final piece of the puzzle was the Victoria State bond system, where essentially the government got money for nothing because its people were rich. From all this we began to rethink the whole loan system.

 

 我々の目標は、次の二点に挑戦し確立することだ。一つは、資金がより理にかなったやり方で循環すべきだ。もう一つは、国々は債務不履行を開戦の口実に用いたのだから、何らかの方法でこれを盛りこみたい。このようなところから国立銀行のコンセプトは生まれた。自国のPOPが蓄えの一部を国立銀行に預金し、それを国立銀行が融資する。国立銀行が借金をした場合POPはその利子を受け取ることになるのだ。

Our goal is to try and capture two things; money should move around in a more sensible manner, and since countries did use the failure to pay debt as a pretext for war we want to have this in as well somehow. The concept of the national bank is born. Your country’s POPs deposit some of their cash reserves into a national bank that then lends money. If the national bank makes loans then the POPs will receive interest on the money.

 

 それでは、国立銀行の基本的なシステムを説明する。プレイヤーが資金を借りる必要があるときは、最初に自国の国立銀行に向かい、国民から借金をする。国民は自らが国立銀行に預けた金額に応じて利子を受け取ることになる。本質的に、プレイヤーは国民から現金を引き出す形で、戦争や産業の拡大などに資金を融通することができるようになった。
このことは融資システムに大いなる現実性を付与した。つまり、もしプレイヤーが突然財政破綻したとしても、どこからともなく魔法のごとく現れた資金を単に失うのではない。
代わりにその行為が、自らの全国民を貧しくすることになる。2つ目に、政府による借入は民間経済から資金を取り去るために、財政と民間経済の間のバランスをとることがより
重要になる。なぜなら、POPが資金を切らした場合、POPは国立銀行から預金を引き出し始めるからだ。

So here is the basic system. When you need to borrow money you first go to your national bank and borrow money from your population, who will then receive interest on their debt based on how much money they have deposited in the bank. Essentially you can finance things like wars and industrial expansion by tapping your population for cash. This adds greater realism to the lending system; suddenly if you go bankrupt you don’t just lose money that magically appeared out of nowhere, you are going to impoverish your whole population. Secondly, borrowing money by the government removes money from the civilian economy, making for a balance between the two more important, because if a POP is short of money it will start to withdraw its cash reserves from the National Bank.

 

 ここまでは順調だ。だが、国民が、プレイヤーが借りるための資金をまったく持っていないとどうなるのだろうか。その場合、プレイヤーは他国の国立銀行から融資を受け始めることができる。つまり、国際的債務市場が存在し、そこでは豊かな国から融資を受ける
ことができ、その後プレイヤーは債権国に利子を支払う。うまくいけば、債権国が自国の商品を購入して債務を返済することが可能となり、世界を巡る資金の循環が保たれる。

So far so good. However, what happens when your population just doesn’t have the money for you to borrow? Well, then you can start borrowing from other countries national banks. Essentially, there is an international debt market, where you can borrow money from richer countries who you then pay interest to. Hopefully they will then buy your goods to allow you to pay the debt, leaving the money flowing around the world.

 

 だが、融資の利子の全てを支払うことができなくなると、その国は債務不履行に至る。そのような国は、債権国が保有する艦隊の規模に応じて返済の停止を始める。まず債権国の中で艦隊の規模が最小の国家が支払いを停止される。(君だって艦隊に自国の商業的利益を保全してもらいたいだろう)もし当該国が返済を行わず、かつその国に海岸があれば、自国から砲艦を送れる(艦隊自体を持っていない場合はこの限りではない)。それにより対象国に、融資のX額の債務を毎月支払わせることが可能となる。Xの値は、自国の艦隊の規模に規定される。その国が自国の要求に従い返済をする限りにおいては、その国に対してできることはなくなる。だが、艦隊で要求できる分にすら、応じなかった場合、自国は開戦の大義名分を手に入れる。だから、メキシコが自らの国際的な債権者群を満足させ続けることに失敗したならば、5万ものフランス勢がやってくるということになるかもしれない。

The catch comes when you can’t pay all the interest on the loans; you then go into debt default. You start to not pay people based on the size of their fleet. The country with the smallest fleet is defaulted on first. (You will thus want a navy to protect your commercial interests.) If a country does not pay and has a coast you can send in the gun boats (unless you don’t have a fleet). This allows you to force a country to pay X amount of debt of every month of your loan. The amount is determined by your fleet size. As long as the country on the receiving end pays your demand you can do nothing to them. However, should they fail to respond to the persuasion that only your fleet can offer, then you get a justification for war. So, as Mexico, if you fail to keep your international creditors happy, 50,000 Frenchmen might pay you a visit.

 

 最後の問題は、自国経済を好調に運営している際に、急な出費のため借入れの必要がありながら、単純にプレイヤーが借りられる資金がないと何が起こるのだろうか。負債が多額ならば、じきに財政破綻である。幸いにも、負債が少なければ、秘密の目的を持つ国際的な金融業者の影のカルテルがあり、いつでも手を差し伸べようとしてくれる。
我々は、無からお金が生じるという状態をなくそうとしたが、良いゲームプレイのために我々はこのようなものを引き続き維持することが必要だと感じた。

The final question is what happens if you happen to be running your economy well, there is a sudden spike in expenses, leaving you needing to borrow and there is simply no money available for you to lend? Well, if your debt is high then bankruptcy beckons. Fortunately for those countries with low debts there is a shadowy cartel of international financiers with hidden goals who are always willing to lend a hand. Although we tried not to have money coming out of nowhere we felt that for the sake of good game play we needed to have this to keep things working.

 

 要約すると、我々は与信が無制限ではない債務市場を作成中であり、返済できないとゲームプレイ上、きわめて直接的な影響を生じる。

In summery we are creating a debt market where credit is not unlimited and there are very direct game play consequences for not paying up.

 

スクリーンショット

 

次回-第23回


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-25 (日) 20:28:46