発売前情報

開発者日記

翻訳元URL:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=477219

前回-第25回

その他軍事関連について

 

 そろそろ、開発日記も一つのサイクルの終わりに近付いている。しかしながら、まだ数個ほど紹介する項目が残っているが、今回は開発者に寄せられていた軍事に関するいくつかの疑問に答えてみたいと思う。

 

Well we’re coming near to the end of the developer diary cycle. However, there are still a few topics left, so let’s clear up some of the military questions today.

 

 まずは予備役だ。我々はVictoriaから予備役に関するシステムを変更した。Vic1では予備役プールを増加させるため絶えずボタンをクリックし続ける必要があったが、Vic2では予備役の総人数は国家の人口に応じて自動的に増えるように変更される。しかし重要な事を覚えていて欲しい――もし総動員をかけて予備役を招集する場合、招集されたそれらの兵士は戦闘に参加するため、小銃を必要とする。つまり莫大な人口を有するからといって、必ずしも莫大な陸軍を動員できるわけではない。兵士には工業力による支援も必要不可欠である。もう一つ、予備役の総数は憲法の国民的価値にも影響される。例えば自由主義は最も少ない数の予備役を持つことしか認めない(自由主義の信奉者は、彼らが人々に軍務を強要することにイデオロギー的な問題があると考える)。対照的に平等主義の場合は、最も多くの予備役を保有することを認める。また、総動員を行なった場合の予備役にかかるコストだが、動員できる予備役の数が少ないほど、経済への影響も少ない。また、技術開発により、動員可能な兵士の数は増え、そして動員にかかるコストも減少していく。

Reserves; we’ve changed the reserve system from Victoria. Instead of constantly clicking to increase your reserve pool you have a reserve pool based on your population size. It is important to remember that if you do mobilise these reserves, the troops will require guns to fight properly, so having a big population does not mean you can field the mother of all armies. You also need an industrial base to support them. The amount of reserve troops is also based around your national value; Liberty allows the fewest reserve troops (being believers in liberty they have ideological problems about forcing people to serve) while Equality allows the largest army. The economic costs of mobilisation are reversed, the lower your mobilisation cap the less economic effects there are to mobilise troops. Technology increases the amount of troops you mobilise and reduces the economic costs.

 

 総動員はまた、即座に行なわれる。あなたが召集した兵士の連隊は故郷のプロヴィンスに出現するが、それらの連隊の組織力は0であり、敵と戦うことに関しては限定的な効果しか期待できないだろう。これはまた、もしあなたの国の人口密集地が国境の近くにある場合、その地から召集しうる連隊を動員するには、その地を防衛する必要があるということにもなる。技術開発により、組織力の回復する速度は上昇していくので、後半のゲームでは総動員はスムーズに進む。

Mobilisation is also now instant. You call up your troops and the regiments appear in the province they are drawn from. However, these regiments have 0 organisation and will take a little while to become effective fighting troops. This also means that if you have a population centre close to the border, it will need to be protected to allow the regiments you can draw from there to mobilise. Again technology increases the rate at which units regain organisation, so in the late game you can mobilise faster.

 

リーダーについても解説しよう。Vic2のシステムはVic1とほとんど同様なことを明かそう。あなたは将校POPから指揮点を稼ぎ出し、それを提督と将軍を買うために注ぎ込む。全てのリーダーは二つの特性を持ち、それらは良い点と悪い点を組み合わせた物だ。しかしながら、最悪の特性を持つリーダーも、リーダーが任命されていない状態には勝る。我々はVic2において、ここに一つの変更を加えた。ヒストリカルリーダーの廃止だ。もちろん、私はあなた方が史実に登場した指揮官が登場しないことに反発することは知っている。しかしながら、それは廃止されるべきだと考えていた。ヒストリカルリーダーの存在はプレイヤーがゲームの中の歴史ではなく、あらかじめ定義されていたファイルの情報に従ってプレイする状況を生み出していたからだ。

 
  • Onto leaders; the system in Victoria 2 bares a striking resemblance to the Victoria system. You earn leadership from officer POPs that you can spend to buy either an admiral or a general. Each leader has two traits, which give a mixture of bonuses and penalties, but even the worst leader is still better than no leader. We have made one change; historical leaders are gone. I know there will be those of you who will bemoan the loss of the historical leaders. However, we felt they had to go. The historical leaders created a situation where you played to the leader file and not the game situation.
     
     
  • 最後に、艦艇による封鎖について話したいと思う。我々はVic2では何かできるようにしたいと言っていたが、これがそうだ。封鎖は確実にあなたの国家の貿易を締め上げていく。封鎖による効果が累積していくと、世界市場から商品を購入する価格は跳ね上がっていくだろう。我々は封鎖が輸入に関するコストを引き上げ、輸出に関してあなたが得られる金額を引き下げるようにデザインした。あなたが正当に得るはずだった資金は、秘密めいた目標を持つ国際投資家の闇カルテルと関係しているのか、はたまた無関係な正体不明の仲買人に持ち去られてしまうことだろう。
     
  • Finally, let's talk blockades. We did say they would do something, and they will. Blockades steadily strangle your trade. The cumulative effects of blockade makes it more expansive to trade on the world market. We model this by increasing the costs of importing goods and reducing the amount you earn from exports. The money disappears into the hands of shadowy middlemen who may or may not be connected with the shadowy cartel of international financiers with hidden goals.
     
     
  • 今週はここまで、近いうちにまたお会いしたい。
  • スクリーンショット

次回-第27回


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-25 (日) 20:34:53