オーストリアによるドイツの成立

時代背景

19世紀はまさに「国家」と「国民」が急速に理解されはじめた世紀と言えるだろう。
急激な産業、科学の発達は人々に膨大な富と物、そしてわずかながらの時間を与えた。
ある者は富を持ち、より多くの富を求め、すなわち市場の拡大を目指し積極的に行動をおこし、
またある者は、自由や平等について議論した。
このような状況の中で人々の間では旧来の小さな世界観は崩壊し新しい世界観が構築された。
ナポレオン戦争から芽生えウィーン体制の間に育ったナショナリズムの高揚はその一例といえる。
国民と呼ばれるものが国家(またはより小さい団体)に対し従属のみするという時代は終わり、
国民が国家を利用しより多くの利潤を獲得しようとする時代になった。

オーストリアの状況

ドイツ人によるドイツ建国を目指す政治的な動きは遅くても、
1834年ドイツ関税同盟が発足された時点で盛んに議論されていた。
ドイツは神聖ローマ帝国から続く政治的分裂をしており、その統一は
より大きな市場、経済圏を求める富裕層などに支持されたいた。
しかしこの統一においてある問題が発生した。
それは二つある大国、プロイセンとオーストリアのうちどちらが中心となってドイツを建国
するかという問題である。
プロイセンの大半はドイツ人で構成されており、北部諸国の支持を受けドイツ関税同盟を発足した
急成長を続ける国家である。
オーストリアは政治中枢を握るのがドイツ人であるがその人口は2割ほどでしかなく多民族国家であるといえる。
それぞれプロイセンを支持することを小ドイツ主義、オーストリアを支持することを大ドイツ主義と
よばれた。
地理的要因からそれぞれ南部はオーストリアを支持し、北部はプロイセンを支持した。
(南部においては北部中心の関税同盟では恩恵を受けにくいからであり、北部においては
巨大な市場が付近になかったという経済的要因もある)

オーストリアはオーストリア継承戦争や7年戦争におけるプロイセンからの敗北から斜陽を迎えている
国家とされたいた。
多民族国家としての問題点を抱え、列強内でも政治的に大きく遅れているといえる。

1836~

オーストリアによるドイツ建国を目指すにあたりいくつかの問題点を克服しなくてはならない。
・デンマーク内に多数のドイツ人が住むシュレスヴィヒ・ホルシュタインの問題
・小ドイツ主義を掲げるプロイセン及び北部諸国
・フランス領であり旧神聖ローマ帝国領アルザス・ロレーヌ
の3つが主な問題である。

プロイセンはフランス、オスマンと同盟しオーストリアに対抗し、
オーストリアはスペインと同盟をした(墺西同盟)。

プロイセンは小ドイツ主導のドイツ建国のため、またオーストリア牽制のためにデンマークへ宣戦布告
をした1836~1837普丁(プロイセン・デンマーク)戦争。
翌月オーストリアは北部におけるプロイセンの影響力拡大を懸念し、
デンマークへ宣戦布告をした1836~1837墺丁(オーストリア・デンマーク)戦争。

陸路で進軍するプロイセンに対し、海路で進軍したオーストリアはデンマーク首都を攻略し
講和会議によりシュレスヴィヒ・ホルシュタインを獲得した。

この出来事により両陣営の軋轢は増すこととなった。

補足

皇帝「皇帝やってます、よろしく」
秘書「秘書です、よろしくお願いします」
皇帝「見てくれた人は分かると思うけど99%がifの話なんで注意してね」
秘書「まぁ、1836年からシュレースヴィヒ・ホルシュタイン問題が発生してますからね・・・」
皇帝「目標が大ドイツ主義主導のもとにドイツを建てる事だからね・・・」
秘書「史実では1871年にプロイセンによってドイツは成立しますね」
皇帝「とりあえずドイツ成立の条件を簡潔にまとめると・・・まずプロイセンから


1,デンマークを殴りシュレスヴィヒ獲得

2,ホルシュタインを勢力圏か領土にする
(シュレスヴィヒ獲得の前にある程度評価を上げていると楽になる)

3,ハノーファーを勢力圏か領土へ
(イギリスが撤退するのが1839~1840年あたりなので忘れないように)

4,ザクセンを勢力圏か領土へ
(一番の問題であるオーストリアが他の列強と同盟を結んでいる場合かなり厳しくなる。
対策として、オーストリアの一番弱い同盟国に宣戦布告で釣る、
相手が干渉戦争(国家破綻した場合の)をした場合は同盟国を呼ばないので、宣戦された国家が自国の同盟国ならばオーストリア一国のみと戦え、自国は同盟を呼べるので有利に戦えるでしょう。
自分の場合ホルシュタインが破綻→オーストリアが宣戦で北ドイツ同盟でぶん殴って勝てました。
たまにオーストリアはデンマークの傀儡でない場合ホルシュタインを勢力圏に入れるために宣戦するので
それを利用するのもありです。
そのためデンマークにはシュレスヴィヒ獲得とホルシュタインの傀儡からの解放をするといいでしょう)
5,1~4により北ドイツ連邦が成立します。4の時に覇権を認めさせた場合は6へ。
もしザクセンのみを奪った、または他の南ドイツがオーストリアにより奪還された場合は再びオーストリア
と戦う必要があります。

6,1~5まで終わらせると北ドイツを中心としたドイツ同盟となります。
後はフランスからアルザス・ロレーヌを奪いドイツの成立です。
(この時にオーストリアが勢力圏であると大ドイツ,勢力圏に入れてないと小ドイツとなります)

補足 小ドイツを目指す場合でもオーストリアのボヘミアなどは獲得すると美味しいです。
もし4において覇権を認めさせる事が難しいならばザクセンのみを獲得し先に北ドイツ連邦になるといいでしょう。
プロイセンの利点は識字率が高い事とプロイセン→北ドイツ連邦→ドイツになるほど国力が飛躍する
事でしょう。
後半になるほど有利になるので4,のオーストリアよりも6,のフランス戦の方が楽な場合もあります
(国力が違うのもありますが・・・)
また常に同盟関係を意識していると楽でしょう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-13 (土) 11:16:36