RECRUITED_PERCENTAGE_LESS_THAN;Less than ァY$VAL$ァW% of possible soldiers recruited.\n;Less than ァY$VAL$ァW% of possible soldiers recruited.\n;;;;;;;;;;;x;;;
RECRUITED_PERCENTAGE_MORE_THAN;At least ァY$VAL$ァW% of possible soldiers recruited.\n;At least ァY$VAL$ァW% of possible soldiers recruited.\n;;;;;;;;;;;x;;;
SEPARATISM_TECH;分離主義;Separatism;;;;;;;;;;;x;;;
INC_RES_TECH;研究点;Research Points;;;;;;;;;;;x;;;
TOTAL_POPS_NOT_TR;Less than ァY$VAL$ァW pops in $WHERE$.\n;Less than ァY$VAL$ァW pops in $WHERE$.\n;;;;;;;;;;;x;;;
TOTAL_POPS_TR;At least ァY$VAL$ァW pops in $WHERE$.\n;At least ァY$VAL$ァW pops in $WHERE$.\n;;;;;;;;;;;x;;;
IS_CRIME_NOT_HIGHER_THAN_EDU_TR;ァY教育費ァWのほうが、行政費よりも支出が多いです。\n;More is spent on ァYeducationァW than on administration.\n;;;;;;;;;;;x;;;
IS_CRIME_HIGHER_THAN_EDU_TR;ァY行政費ァWのほうが、教育費よりも支出が多いです。\n;More is spent on ァYadministrationァW than on education.\n;;;;;;;;;;;x;;;
ANY_AT_WAR_STARTS;Any country at war with.;Any country at war with.;;;;;;;;;;;x;;;
REBEL_POWER_LESS_THAN;反乱発生の恐れは、ァY$VAL$ァW%未満です。;Rebel threat is less than ァY$VAL$ァW percent.;;;;;;;;;;;x;;;
REBEL_POWER_MORE_THAN;反乱発生の恐れは、ァY$VAL$ァW%以上です。;Rebel threat is at least ァY$VAL$ァW percent.;;;;;;;;;;;x;;;
POP_TYPE_PERC_NOT;$NAME$は、ァY$VAL$%ァW未満です。\n;$NAME$ is less than ァY$VAL$%ァW.\n;;;;;;;;;;;x;;;
POP_TYPE_PERC;$NAME$は、ァY$VAL$%ァW以上です。\n;$NAME$ is at least ァY$VAL$%ァW.\n;;;;;;;;;;;x;;;
MAJORITY_IS;国民の大多数は、;Majority of population is ;;;;;;;;;;;x;;;
MAJORITY_IS;国民の大多数は、非;Majority of population is NOT ;;;;;;;;;;;x;;;
ICL;Iceland;Iceland;;;;;;;;;;;x;;;
ICL_ADJ;Icelandic;Icelandic;;;;;;;;;;;x;;;
ISR;Israel;Israel;;;;;;;;;;;x;;;
ISR_ADJ;Israeli;Israeli;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ;Byzantine Empire;Byzantine Empire;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ_ADJ;Byzantine;Byzantine;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ_conservative;国民党;Komma Ethnikofronon;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ_reactionary;パレオロゴス党;Komma Paleologos;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ_liberal;自由主義者党;Komma Fileleftheron;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ_anarcho_liberal;現代主義者党;Neoteristikon Komma;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ_socialist;ビザンティン社会主義者党;Sosialistiko Komma Byzantos;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ_communist;ビザンティン共産主義者党;Kommounistiko Komma Byzantos;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ_fascist;自由思想者党;Komma ton Eleutherofrovon;;;;;;;;;;;x;;;
ISR_conservative;ヘルート(自由);Herut;;;;;;;;;;;x;;;
ISR_reactionary;連合宗教戦線;Hazit Datit Meuhedet;;;;;;;;;;;x;;;
ISR_liberal;進歩党;Miflaga Progresivit;;;;;;;;;;;x;;;
ISR_anarcho_liberal;一般シオニスト;Tzionim Klaliym;;;;;;;;;;;x;;;
ISR_socialist;マパイ(イスラエル労働党);Mifleget Poalei Eretz Yisrael;;;;;;;;;;;x;;;
ISR_communist;マキ(イスラエル共産党);HaMiflega HaKomunistit HaYisraelit;;;;;;;;;;;x;;;
ISR_fascist;Brit HaBirionim;Brit HaBirionim;;;;;;;;;;;x;;;
ICL_conservative;独立党;Sjalfstaeddisflokkurinn;;;;;;;;;;;x;;;
ICL_reactionary;市民党;Borgaraflokkurinn;;;;;;;;;;;x;;;
ICL_liberal;進歩党;Framsoknarflokkurinn;;;;;;;;;;;x;;;
ICL_anarcho_liberal;ベスト党;Besti flokkurinn;;;;;;;;;;;x;;;
ICL_socialist;社会民主党;Althyedduflokkurinn;;;;;;;;;;;x;;;
ICL_communist;アイスランド共産党;Kommunistaflokkur Islands;;;;;;;;;;;x;;;
ICL_fascist;国家第一主義党;Flokkur Thjoeddernissinna;;;;;;;;;;;x;;;
ANY_CORE_LIMITED;For any core that is\n;For any core that is\n;;;;;;;;;;;x;;;
ANY_CORE_NORMAL;All core provinces will get\n;All core provinces will get\n;;;;;;;;;;;x;;;
POLITICS_NOT_BEFORE;我々は、ァY$DATE$ァWまで、再び与党を変更することができません。;We can not change ruling party again before ァY$DATE$ァW.;;;;;;;;;;;x;;;
POLITICS_NOT_ACCEPTED;我が国の現在の統治体制では、ァY$WHICH$ァW党の存在は認められません。;Our form of government does not allow ァY$WHICH$ァW parties.;;;;;;;;;;;x;;;
RELEASE_PRESTIGE;威信: ;Prestige: ;;;;;;;;;;;x;;;
RELEASE_INFAMY;悪評: ;Infamy: ;;;;;;;;;;;x;;;
PROV3247;West Hawaii;West Hawaii;;;;;;;;;;;;x;;
PROV3248;West Magellan Strait;West Magellan Strait;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC1002;経済的自由の不足や議会改革のペースに不満を抱く自由主義者のグループが、$COUNTRY_ADJ$政界で新しい派閥を作りました。無政府主義者は、自由主義イデオロギーの革命的な前衛者です。彼らは、自由思想や、$COUNTRY$と外国との間の自由貿易を実現させるため、そのために必要ないかなる手段であっても、使用することを躊躇いません。;A group of liberals disgruntled with their lack of economic freedom, and the pace of parliamentary reform, have formed a new faction in $COUNTRY_ADJ$ politics. The Anarcho-Liberals are the revolutionary avantgarde of the liberal ideology, and they will not hesitate to use whatever means necessary to see their ideas of freedom and free trade instituted both in $COUNTRY$ and abroad.;;;;;;;;;;;;x;;
SOMEONE_HAS_ADDED_STATUS_QUO;他国が戦争目的にァY原状回復ァWを追加した場合、我々はそれを追加することが出来ません;We cannot add a wargoal if someone has added a ァYStatus QuoァW wargoal;;;;;;;;;;;x;;;
NO_INTERVENTION_NOT_ENOUGH_OPINION;我が国が介入するためには、戦争目的で目標とされた国家に対して、少なくとも我が国がァY$REQLEVEL$ァW以上の影響力を有している必要があります;In order to intervene, a nation targeted by a wargoal need to have at least ァY$REQLEVEL$ァW opinion of us;;;;;;;;;;;x;;;
peking_convention_title;北京条約;The Peking Convention;;;;;;;;;;;;x;;
peking_convention_desc;ネルチンスク条約(1689年)以来、ロシア帝国はアルグン川と外興安嶺(スタノボイ山脈)を中露間の自然国境として認めてきました。19世紀中頃になると、ロシア帝国は外興安嶺とアムール川との間に広がる広大な土地を手に入れるべく、この境界線を越えて拡大するようになりました。そのような状況の中で、アロー戦争(第二次アヘン戦争)において、西洋同盟は、中国皇帝の夏宮を炎上させ、北京に入城した後に、講和を持ちかけました。このとき、ニコライ・イグナチェフという名の狡猾な少将は、ロシアの援助だけが同盟軍を北京から立ち退かせる唯一の方法だと、中国人に信じさせました。この援助の代償が北京条約であり、中国はすでにムラヴィヨフが獲得していた権益を認め、その上でウスリー川と太平洋の間の領域を割譲しました。これにより、ロシアは銃を一発も撃つことなく、約350,000平方マイルに及ぶ領域を獲得しました。;Since the Treaty of Nerchinsk (1689), the Russian Empire has recognized the Argun river and the Stanovoy mountains as the natural frontiers between Russia and China. In the mid 19th century the Russians would expand beyond this border to seize the vast lands between the Stanovoy Mountains and the Amur River. The Western Allies would later bring the Second Opium War to a conclusion by burning the Chinese Emperor's summer palaces, and entering Beijing. A cunning major general named Nikolay Ignatiev was able to convinced the Chinese that only Russian support would cause the allies to evacuate Peking. The price for this support was the Convention of Peking, which confirmed Muravyov's gains and, additionally, ceded territory between the Ussuri River and the Pacific to Russia. Thus, Russia had gained some 350,000 square miles of territory without firing a single shot.;;;;;;;;;;;;x;;
russian_vladivostok_title;東方の支配者;The Ruler of the East;;;;;;;;;;;;x;;
russian_vladivostok_desc;1860年6月、“東方の支配者”という意味を持つウラジオストクの港が、朝鮮国境近くに建設されました。ウラジオは、ロシアにとって主要な貿易港と造船所になりました。最終的に、ウラジオはロシア東部の大陸間鉄道のターミナル、ならびに主要な科学的・文化的・工業的中心地になりました。ツァー(皇帝)は、この街が、ロシアの東西をつないぐ中核となることを夢見ています。ウラジオストクへ延びるシベリア鉄道が、東洋と西洋との間の商品や原材料の運び手として、スエズ運河に取って代わる事もありえるかもしれませんよ?;In July of 1860 the port of Vladivostok, or 迭uler of the East,?was founded near the Korean frontier. It would become a major Russian trade port and shipbuilding yard. Eventually, it would become the focal point of an intercontinental railroad as well as a major scientific, cultural, and industrial center in its own right. The Czar dreamed that the city would become a hub connecting the west with the east. Perhaps the railroad to Vladivostok will eventually replace the Suez Canal as the bearer of goods and raw materials between the East and the West?;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME80000;北京条約;The Convention of Peking;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC80000;ロシア人が、彼らが我々の正当な領土をかすめ盗ることを黙認するよう要求してきました。これは法外な要求といえます。しかし、我々には彼らの要求を受け入れる以外、選択肢はないかもしれません。もし我々が要求を受け入れるなら、ロシア人は、我々が他のヨーロッパ人と対峙して主権を守ることを助けてくれるでしょう。また、ロシア人が力ずくでこの問題を解決しようとした場合、我々には彼らを撃退できないかもしれません。;The Russians have demanded that we acquiesce to their theft of our rightful territory. This is outrageous, but we may have no recourse but to accept their demands. If we do, they shall help ensure our sovereignty vis-?vis the other Europeans. Also, we may be incapable of defeating them if the Russians decide to resolve this issue by force.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA80000;我々に選択の余地はない。調印しよう。;We have no choice, sign their treaty.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTB80000;ロシア皇帝め、地獄に堕ちやがれ!;The Czar can go to hell!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME80001;中国が申し出を拒否;China rejects the Convention;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC80001;恩知らずな中国人は、我々の正当な要求に同意するよりも、自分たちの都市が炎上する光景を見てみたいようです。我々は、強情なアジアの隣人の希望をかなえてやるべきかもしれません。;The ungrateful Chinese would rather watch their cities burn than agree to our rightful demands. We may just have to accommodate the desires of our wayward Asiatic neighbors.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA80001;一度ロシアの旗が掲げられた土地からは、二度とその旗が降ろされることはないのだよ!;Where once the Russian flag is raised, it must not be lowered!;;;;;;;;;;;;x;;
OL_SIEGES;占領;Occupations;;;;;;;;;;;;x;;
IS_NOT_BIG_PROD_TRIG;はァY$VAL$ァWの大生産国ではありません。\n;Is NOT a big producer of ァY$VAL$ァW.\n;;;;;;;;;;;x;;;
IS_BIG_PROD_TRIG;はァY$VAL$ァWの大生産国です。\n;Is a big producer of ァY$VAL$ァW.\n;;;;;;;;;;;x;;;
HAVE_LOWER_RANK_THAN;これよりも順位が低い: ;Lower rank than ;;;;;;;;;;;x;;;
HAVE_HIGHER_RANK_THAN;これよりも順位が高い: ;Higher rank than ;;;;;;;;;;;x;;;
MUST_NEGOTIATE_WITH_WAR_LEADER_STATUS_QUO;我が国が戦争目的を追加し、敵陣営がァY原状回復ァWの戦争目的を追加したときは、我が国は敵陣営のァY同盟主導国ァWと交渉しなければなりません;We must negotiate with the enemy ァYWar leaderァW since we have added wargoals and they have added a ァYStatus QuoァW wargoal;;;;;;;;;;;;x;;
law_of_guarantees_title;教皇保障法;The Law of Guarantees;;;;;;;;;;;;x;;
law_of_guarantees_desc;1870年、統一を成し遂げた新生イタリア王国は、『教皇保障法』を可決しました。この法律は、いわゆる『ローマ問題』を解決することを目的とし、ローマ教皇に対して、大使の接受権を含め国王固有の特権と同様のものを付与するというものでした。しかし、教皇ピウス9世やその後継者たちは、この法律は教皇庁の独立を侵害するものだとみなし、受け入れを拒否しました。結局、1929年のラテラノ条約によって問題が完全に解決されるまでの間、ローマ問題は存在し続けました。それでも、教皇保障法の成立によって、この時から新生イタリア王国の首都はローマである示されました。;In 1870 'The Law of Guarantees' was a law passed by the newly formed Kingdom of Italy -- aimed at solving the 'Roman Question' -- that accorded the pope privileges similar to that of the King himself, including the right to send and recieve ambassadors. Pope Pius IX refused to accept the laws, which were seen by both him and his successors as an infringment of the independence of the Holy See. While the issue was not conclusively solved until the Lateran Treaty of 1929, the Law of Guarantees nevertheless meant that the young Kingdom's capital would from then on be Rome.;;;;;;;;;;;;x;;
form_byzantine_empire_title;王の中の王、支配者の中の支配者;King of Kings, Ruler of Rulers;;;;;;;;;;;;x;;
form_byzantine_empire_desc;1453年の暗黒の年にギリシア人の手から奪われて以来、ローマ帝国の称号はオスマン帝国が使用してきました。しかし、オスマン帝国の崩壊により、人々の間からオスマン帝国がローマ帝国の称号を用いることを正当だと思う意識が急速に弱まっています。人の望みの都市コンスタンティノープルは、数世紀にも及ぶトルコによる支配の時代の後、再びギリシャ人の手に取り戻されました。年や時間が再び経過したように、再び我々は自分たちの称号を名乗るべきです。バシレイオス(注:“王”という意味)よ、我々の帝国の復活を宣言しましょう!;With the collapse of the Ottoman Empire, the Ottoman claims to Imperial Roman titles, so viciously and deceitfully wrought from Greek hands in the dark year of 1453, are all fast becoming fading memories. Constantinople, the City of Man's Desire, is again, after centuries of Turkish occupation, in Greek hands. As years and time passed again, again ours they were. Basileos, proclaim our Empire restored!;;;;;;;;;;;;x;;
form_israel_title;バルフォア宣言;The Balfour Declaration;;;;;;;;;;;x;;;
form_israel_desc;「国王陛下の政府は、ユダヤ人のパレスチナにおける居住地建設を支持することが、ユダヤ人の協力を最も引き出し、この目的の達成を容易にする方法であると考えています...」\n\n我々はユダヤとレヴァント地域に大きな影響力を持っているため、かの地で居住地を建設しているユダヤ人に対して、好意的な態度を示す宣言を出すことができます。;His Majesty's government view with favour the establishment in Palestine of a national home for the Jewish people, and will use their best endeavours to facilitate the achievement of this object...'\n\nSince we exert a significant influence in Judea and the Levant, the ancient birthplaces of the Jewish Nation, we can issue a declaration expressing our favorable attitude toward the establishment of a national home for the Jewish people there.;;;;;;;;;;;x;;;
BYZ_absolute_monarchy;Byzantine Empire;Byzantine Empire;;;;;;;;;;;;x;;
BYZ_proletarian_dictatorship;Union of Red Themes;Union of Red Themes;;;;;;;;;;;;x;;
BAB;Babylon;Babylon;;;;;;;;;;;;x;;
BAB_ADJ;Babylonian;Babylonian;;;;;;;;;;;;x;;
BAB_conservative;法典党;The Code of Laws Party;;;;;;;;;;;;x;;
BAB_liberal;空中庭園党;The (Hanging) Garden Party;;;;;;;;;;;;x;;
BAB_reactionary;;“ハムラビの教え”党;Hammurabi's Helpful;;;;;;;;;;;;x;;
BAB_communist;ジグラット派(マルクス・レーニン主義);The Ziggurat Faction(Marxist-Lenninist);;;;;;;;;;;;x;;
BAB_anarcho_liberal;アマ・ギ人民戦線(奴隷解放主義派);Ama-gi Popular Front;;;;;;;;;;;;x;;
BAB_socialist;塔の建設者;The Tower Builders;;;;;;;;;;;;x;;
BAB_fascist;バビロン動物園;Babylon Zoo;;;;;;;;;;;;x;;
build_the_tower_of_babylon_title;バベルの塔;The Tower of Babel;;;;;;;;;;;;x;;
build_the_tower_of_babylon_desc;我々の偉大な先祖によって始められた、全ての中で最も素晴らしい建設計画に関しては、過去数千年の間にごくわずかな進展しかありませんでした。近年のイラクの国力と世界における地位の上昇により、再び計画を再開しようという話があります!もっとも、最近、全ての会話は、理解することが妙に困難ですが...最新の技術を活用すれば、人はあらゆる驚異を達成できることをご存知ですか?;Very little progress has been made in the past few thousand years on that greatest of all building projects initiated by our proud ancestors. With Iraq's recent ascent to power and standing in the world, there is some talk... though all talk has been strangely hard to understand lately... of starting the project back up again! With modern technology, who knows what wonders could be accomplished?;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME4430;改革の圧力;Pressure for Reform;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC4430;「そして、愛は我々自身について、我々の思いやる方法を変えてみせろとあなたを挑発します。」\n--女王\n\n$COUNTRY$の政治情勢は、ますます多くの忠実な臣民が、我が国のほとんど国民を代表していない上院の出す方針に疑問を持ち始めるなど、最近より悪い方向へ変わっている様に思われます。上院は、政治改革を目指す全ての試みやイニシアティブに対する継続的な妨害に関して、主に責任がある組織のひとつであると、ますますみなされる様になっています。そして、人々は上院の設立憲章を、より幅広い国民を代表するように書き換えるように要求しています。;And love dares you to change our way of caring, about ourselves.'\n-- Queen\n\nThe political climate in $COUNTRY$ has taken a turn for the worse lately, as more and more of our loyal subjects are beginning to question the wisdom of our less than representational Upper House. The Upper House is increasingly being seen as the one institution primarily responsible for the constant smothering of all attempts and initiatives aiming at political reform, and people are demanding that the institution's founding charters be redrawn to allow for a broader representation.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA4430;愚かさが、我々が受けている極度の圧力の下で笑っています。;Insanity laughs under pressure we're cracking.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTB4430;我々には、もはや他の選択肢はないのだろうか?;Can't we give ourselves one more chance?;;;;;;;;;;;;x;;
ADM_DESC;行政に予算がつくことで、あなたの国の官僚は官僚機構を運営・維持し、行政効率を上昇させることができます。行政効率が低いと、あなたの国の政府が予算を執行するときはいつでも、多くの無駄な出費も行わなければならないでしょう。全ての政府支出に関する基本額は、実際の価格を左右するあなたの国の行政効率に比例して、常に増減します。;Spending on administration allows your bureaucrats to run and maintain a healthy bureaucracy, increasing your administrative efficiency. Having a low administrative efficiency means that you effectively pay more whenever the government spends money. The base prices for all government spendings are always increased by the inverse of your administrative efficiency to determine actual cost.;;;;;;;;;;;;x;;
RELEASE_PLAY_AS;Play As;Play As;;;;;;;;;;;;x;;
EGY_921;Palestine;Palestine;;;;;;;;;;;;x;;
raise_the_bonnie_blue_flag_title;ボニーブルー・フラッグ!;The Bonnie Blue Flag!;;;;;;;;;;;;x;;
raise_the_bonnie_blue_flag_desc;「万歳!万歳!\n南部諸州の正当な権利に、万歳!\nひとつの白星を掲げるボニーブルー旗に、万歳!」\n\n『ボニーブルー・フラッグ』は、連合にとって、非公式ながら最初の軍旗でした。また、1861年にハリー・マッカーシーが作曲した、この旗をたたえる内容の、人気のある連合の行進曲のタイトルでもありました。ボニーブルーを掲げよう。そして、我々の軍旗の下に集う志願兵たちを歓迎しよう。;Hurrah! Hurrah!\nFor Southern rights, hurrah!\nHurrah for the Bonnie Blue Flag that bears a single star!'\n\nThe 'Bonnie Blue Flag' was the first, unofficial flag of the Confederacy, and also the title of a popular 1861 Confederate marching song by Harry McCarthy praising that same flag. Hoist the Bonnie Blue, and watch the recruits flock to our banners.;;;;;;;;;;;;x;;
the_bonnie_blue_flag;ボニーブルー・フラッグ;The Bonnie Blue Flag;;;;;;;;;;;;x;;
the_bonnie_blue_flag_desc;青地に白星を一つあしらった軍旗が、我々の兵士を戦場へ導きます。;A single white star on a blue field leads our troops to battle.;;;;;;;;;;;;x;;
trinket_wage;ごくわずかな最低賃金;Trinket Minimum Wage;;;;;;;;;;;;x;;
tut_2b_15;工場が建設される方法は、あなたの国の現在の経済政策によって異なります。たとえば、自由放任経済の下では、あなたの国の全ての工場は、あなたの国の資本家たちによって建設されます。しかし、現在のベルギーの政策であれば、政府も資本家も、両方が工場を建設することができます。より多くの工場を建設することは、国の経済をさらに発展させる良い方法です。さあ、Vlaandern(フラーンデレン)州の“工場建設”ボタンをクリックしてください。;How factories are built depends on your country's present economic policy. Under a 'Laissez Faire' economy, for example, all your factories are built by your capitalists. In the current Belgian system, however, both the government and the capitalists can build factories. Building more factories is a good way to boost the country's economy. Go ahead and click the 'Build Factory' button for Vlaandern.;;;;;;;;;;;;x;;
webster_ashburton_treaty_title;ウェブスター=アッシュバートン条約;Webster-Ashburton Treaty;;;;;;;;;;;;x;;
webster_ashburton_treaty_desc;宣戦布告なき戦争だったアルーストック戦争の後、1842年にウェブスター=アッシュバートン条約が締結された。この条約により、イギリスとアメリカとの間で、メイン州とニューブランズウィック州の境界線が最終的に確定しました。また、五大湖の共有利用に関する管理方法の合意、北緯49度線上に両国の国境があることの再確認、大西洋における奴隷貿易の終了に向けた相互合意なども行われました。;Following the events of the (undeclared) Aroostook War, The Webster-Ashburton Treaty of 1842, between the United Kingdom and The United States of America, delimited with finality the borders between Maine and New Brunswick, regulated the shared use of the Great Lakes, reaffirmed the 49th parallel border and called for a mutual commitment toward ending the Atlantic slave trade.;;;;;;;;;;;;x;;
SPA_2209;Cuba;Cuba;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_203;Caribbean Islands;Caribbean Islands;;;;;;;;;;;;x;;
PV_CLERGY_LIT_PROVIDES;Clergy provinces: $VAL$;Clergy provinces: $VAL$;;;;;;;;;;;;x;;
PV_CLERGY_LIT_NUM;$NUM$ of your population are Clergy (Optimal $OPT$): $VAL$;$NUM$ of your population are Clergy (Optimal $OPT$): $VAL$;;;;;;;;;;;;x;;
PV_CLERGY_SETTING;Educational spending at $SETTING$: $VAL$;Educational spending at $SETTING$: $VAL$;;;;;;;;;;;;x;;
PV_CLERGY_TECH;技術補正: $VAL$;From technology: $VAL$;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME13357;失権の原理;The Doctrine of Lapse;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC13357;『失権の原理』とは、イギリスのインド藩王国に関する政策の名です。これは、後継者がいないまま藩王国の統治者が死亡したり、統治者が“明らかに無能力者”である場合には、すぐさまその藩王国をイギリス東インド会社は併合できるというものでした。この方針は、サタラ、 サンバルプール、ナグプール、ジャンシーやアワド等の藩王国を併合するために用いられました。我が国の現状を見て、東インド会社の当局者は、本日、我々の権利は無効であると宣言しました。;The Doctrine of Lapse' was a British policy regarding Britain's Indian subject nations, the Princely States, that stated that any such nation could be immediately annexed by the British East India company if the ruler died without a direct heir, or if the ruler was found 'manifestly incompetent'. The doctrine was used historically to annex the states of Satara, Sambalpur, Nagpur, Jhansi and Awadh. Due to our country's present state, officials from the East India Company today declared our princely rights null and void.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA13357;そんなぁぁぁぁぁ!;Noooo!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME13358;失権の原理;The Doctrine of Lapse;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC13358;『失権の原理』とは、イギリスのインド藩王国に関する政策の名です。これは、後継者がいないまま藩王国の統治者が死亡したり、統治者が“明らかに無能力者”である場合には、すぐさまその藩王国をイギリス東インド会社は併合できるというものでした。この方針は、サタラ、 サンバルプール、ナグプール、ジャンシーやアワド等の藩王国を併合するために用いられました。もっとも、後にこの併合は、1857年のセポイの乱の際、反乱が拡大した要因の一つになりました。そのため、この方針は、1858年のイギリス政府によるインド直接統治の開始とともに撤回されました。$FROMCOUNTRY$政府の悲惨な状況を見て、本日、東インド会社はその独立を無効であると宣言しました。;The Doctrine of Lapse' was a British policy regarding Britain's Indian subject nations, the Princely States, that stated that any such nation could be immediately annexed by the British East India company if the ruler died without a direct heir, or if the ruler was found 'manifestly incompetent'. The doctrine was used historically to annex the states of Satara, Sambalpur, Nagpur, Jhansi and Awadh, the latter being annexation being one of the sparks that ignited the Sepoy Rebellion of 1857. The doctrine was repudiated with the Establishment of the British Raj in 1858. Due to the tragic state of affairs that pervades the government of $FROMCOUNTRY$, the East India Company today declared that country's independence null and void.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA13358;素晴らしい!;Excellent!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTB13358;フン、役に立たない地域などいらぬ。;Bah, more useless territory.;;;;;;;;;;;;x;;
RUS_absolute_monarchy;The Russian Empire;The Russian Empire;;;;;;;;;;;;x;;
RUS_prussian_constitutionalism;The Russian Empire;The Russian Empire;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_absolute_monarchy;The British Empire;The British Empire;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_prussian_constitutionalism;The British Empire;The British Empire;;;;;;;;;;;;x;;
GER_absolute_monarchy;The German Empire;The German Empire;;;;;;;;;;;;x;;
GER_prussian_constitutionalism;The German Empire;The German Empire;;;;;;;;;;;;x;;
the_vega_expedition_title;ヴェガ号の探検;The Vega Expedition;;;;;;;;;;;;x;;
the_vega_expedition_desc;1878年から80年にかけて、スウェーデン国王オスカル2世から資金の援助を受けたアドルフ・エリク・ノルデンショルドは、ヴェガ号による探検において、ユーラシア大陸の船による周航に成功した最初の人間になりました。北極海航路のうち、北東航路ついては、少なくとも19世紀の中頃には航行可能だろうといわれていました。ノルデンショルドは、実際に北東航路を突破した最初の人間です。そのため、1880年に彼がストックホルムに帰還したときは、大歓迎を受けました。;in 1878-80 Adolf Erik Nordenskiold, with financial support from King Oscar II, became the first person to successfully circumnavigate the whole of the Eurasian landmass with his Vega Expedition. While the existence of the Northeast Passage had been confirmed since at least the middle of the century, Nordenskiold was the first to actually navigate the passage, and his return to Stockholm in 1880 was widely celebrated.;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_2068;Zambezi;Zambezi;;;;;;;;;;;;x;;
rhodesia_charter_title;イギリス南アフリカ会社;British South Africa Company;;;;;;;;;;;;x;;
rhodesia_charter_desc;鉱山王セシル・ローズによって設立されたBSAC(イギリス南アフリカ会社)は、1889年に勅許状を取得しました。同社はイギリス東インド会社にならって作られ、アフリカ南部と中部の更なる開発を促進する目的で設立されました。この地域は、以前はザンベジという名で知られていました。しかし、植民地時代以降は、イギリスの利益のためにこの地域を開発した男を記念し、『ローデシア』として知られるようになりました。代わりに、ザンベジの名は、この地域の川の名前となりました。;The BSAC, founded by mining magnate Cecil Rhodes, recieved its royal charter in 1889. The company was modeled after the British East India Company, and was established to promote the further exploitation of South-Central Africa. The area previously known as Zambezi, after the river of the same name, would later during the colonial era become known as 'Rhodesia', in honor of the man had opened the region up to British interests.;;;;;;;;;;;;x;;
TUR_proletarian_dictatorship;Turkey;Turkey;;;;;;;;;;;;x;;
GER_2530;Northern New Guinea;Northern New Guinea;;;;;;;;;;;;x;;
AST_2528;Southern New Guinea;Southern New Guinea;;;;;;;;;;;;x;;
kaiser_wilhelms_land_title;カイザーヴィルヘルムランド;Kaiser-Wilhelms-Land;;;;;;;;;;;;x;;
kaiser_wilhelms_land_desc;ドイツ皇帝の名にちなんで名づけられた『カイザーヴィルヘルムランド』は、ニューギニア島北東部のドイツ領の名前でした。そして、そこはビスマルク諸島やその他の太平洋上の島々とともに、ニューギニアのドイツ植民地を構成していました。この地域は、第一次世界大戦中にオーストラリア軍によって占領され、1975年まで国連の委任統治領となりました。;Named after the German Emperor, 'Kaiser-Wilhelms-Land' was the German name for the North Eastern Part of the island of New Guinea, which, together with the Bismarck Archipelago and other pacific holdings constituted the German colony of Neuguinea. The territory was occupied by Australian troops during World War One, and held as a League of Nations mandate until 1975.;;;;;;;;;;;;x;;
megali_idea_title;メガリ・イデア;Megali Idea;;;;;;;;;;;;x;;
megali_idea_desc;“大いなる理想”という意味の『メガリ・イデア』とは、全てのギリシャ民族居住地域、特に相当数のギリシャ人が少数民族として暮らす小アジア地域西岸を領土に組み入れた大ギリシャ国家を目指す民族統一主義者の思想でした。この思想は、多くのギリシャ人が支持したことと、19世紀を通してトルコが弱体化し続けたことにより、強力に推し進められました。そして、“大いなる理想”の実現は、第一次世界大戦後に締結されたセーヴル条約によって非常に間近なものになりました。しかし、セーヴル条約によって獲得した広大な領土は、1919年から21年にかけて行われた希土戦争の結果、ほとんどがトルコに取り返されました。大きいことは素晴らしい!;The 'Megali Idea', the Great Idea, was an irredentist conception of a Greater Greek state encompassing all ethnic Greeks, including in particular the substantial Greek minorities living on the Western Coast of Asia Minor. The concept was a driving force between much of Greece's interactions with the fading Ottoman state during the 19th century, and the goals of the Great Idea came very close to a realization in the Treaty of Sevres, signed at the end of World War One. The vast land gains that the Treaty of Sevres accorded to Greece were however largely undone by the following Greco-Turkish war of 1919-21. Big is beautiful!;;;;;;;;;;;;x;;
DIFFICULTY_LABEL;難易度;Difficulty;;;;;;;;;;;x;;;
expand_motala_verkstad_title;モータラ工場;Motala Verkstad;;;;;;;;;;;;x;;
expand_motala_verkstad_desc;『モータラ・ヴァルクスタード』(モータラ作業所、もしくは機械工場という意味)は、イェータ運河建設のため、1822年にバルツァール・フォン・プラテンによって設立されました。1843年から1870年にかけて、オットー・エドヴァルド・カールスンドが職長を務めていた期間に、モータラ工場はスウェーデンでもっとも国際的に有名な製作所になりました。作業所は、ジュール・ヴェルヌの小説『海底二万里』のなかで、小説に登場する架空の潜水艦『ノーティラス号』の部品を製造した工場として書かれています。;Motala Verkstad' (Motala work- or machineshop) was founded in 1822 by Baltazar von Platen during the building of the Gota Canal. During the foremanship of Otto Edvard Carlsund, from 1843 to 1870, Motala Verkstad became one of Sweden's most internationally renowned manufacturies. The Workshop is mentioned in Jules Vernes novel '20.000 Leagues under the Sea' as having produced parts for the novel's fictional 'Nautilus' submarine.;;;;;;;;;;;;x;;
motala_verkstad;モータラ工場;Motala Verkstad;;;;;;;;;;;;x;;
desc_motala_verkstad;イェータ運河建設のため、1822年にバルツァール・フォン・プラテンによって設立されたモータラ工場は、スウェーデンでもっとも有名な機械工場のひとつです。;Founded in 1822 by Baltazar von Platen during the building of the Gota Canal, Motala Verkstad is one of Sweden's most renowned machine shops.;;;;;;;;;;;;x;;
court_yard_speech_title;Borggardstalet!;Borggardstalet!;;;;;;;;;;;;x;;
court_yard_speech_desc;;『中庭危機』(スウェーデン語:Borggardskrisen)は、カール・スターフ自由党政権、それから首相の無謀な国防予算削減によって引き起こされた、スウェーデンの憲政上の危機でした。1914年2月6日、国王グスタフ5世は、国王、国家、そして軍を支持するため各地からストックホルムを目指し後進してきた約30,000人の農民に向かって、国防予算増加に賛成する内容の刺激的な演説を行いました。スウェーデン君主が、平民による統治という神聖な原理を無視して、直接的な仲介を行ったのは、この時が最後です。;The 'Courtyard Crisis' (Swedish: Borggardskrisen) was a constitutional crisis in Sweden provoked by the reckless cuts in the defense budget promoted by the Liberal government of, then prime minister, Karl Staaf. On the 6th of February 1914 King Gustav V adressed -- with a rousing speech in favor of increased defense spendings -- a crowd of some 30.000 farmers who from every corner of the country had marched to Stockholm in support of King, Country and the Armed Forces. It was to be the last time that a Swedish Monarch interfered directly against the sacred principles of plebian rule.;;;;;;;;;;;;x;;
international_negotiations;国際的圧力;International Pressure;;;;;;;;;;;;x;;
desc_international_negotiations;我が国は、ある特定の問題に関して、諸外国から外交的圧力を受けています。;We are exerting diplomatic pressure on a foreign country regarding a very specific issue.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME23300;不可思議なクジラが船舶を沈める!;Mysterious Whale Sinks Ship!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC23300;「$YEAR$という年は、奇怪至極な事件が起った年として、記憶されている。 [...] ことの起りは、少し前から、幾隻もの船舶が洋上でえたいの知れない「巨大な怪物」に出会い、その怪物というのが長い紡錘状をしていて、時々からだから燐光を放ち、クジラよりもはるかに大きく、行動も敏捷だといううわさがつたわったのである。」\n\n昨年、数隻の商船が、奇妙な怪異により、海上で遭難しました。多くの人々は、この怪異のことを、今のところ未発見の巨大な鯨の一種の仕業だと考えています。有名なフランスの海洋生物学教授であるピエール・アロナックス氏が、この世界中の海に出没するようになった不思議な海獣の調査のため、科学調査団に加わると申し出ています。また、噂によると、いくつかの国々が、この怪異の正体を究明するため、独自に調査隊を派遣することを計画しているようです。;THE YEAR $YEAR$ was marked by a bizarre development [...] In essence, over a period of time several ships had encountered 'an enormous thing' at sea, a long spindle-shaped object, sometimes giving off a phosphorescent glow, infinitely bigger and faster than any whale.'\n\nSeveral ships of the merchant marine have been lost at sea over the past year to a strange phenomenon, believed by many to be a large and as of yet undiscovered species of whale. The renowned French professor of Marine Biology, the legendary Pierre Arronax, has offered to join a scientific expedition to investigate this strange beast that has taken to haunting the oceans of the world, and rumor has it that several countries are planning expeditions of their own to get to the bottom of this mystery.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA23300;海の平和に対する、この邪悪な脅威を、終わらせなければならない!;This nefarious threat to the peace on the high seas must end!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTB23300;どこかの空想科学小説みたいな話につきあっている暇はない。;This sounds like something out of a children's book, and I will have none of it.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME23301;不可思議なクジラが船舶を沈める!;Mysterious Whale Sinks Ship!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC23301;「$YEAR$という年は、奇怪至極な事件が起った年として、記憶されている。 [...] ことの起りは、少し前から、幾隻もの船舶が洋上でえたいの知れない「巨大な怪物」に出会い、その怪物というのが長い紡錘状をしていて、時々からだから燐光を放ち、クジラよりもはるかに大きく、行動も敏捷だといううわさがつたわったのである。」\n\n昨年、数隻の商船が、奇妙な怪異により、海上で遭難しました。多くの人々は、この怪異のことを、今のところ未発見の巨大な鯨の一種の仕業だと考えています。噂によると、すでにいくつかの国々が、この怪異を調査し始めているとのことです。我が国も、独自に調査隊を派遣するべきではないでしょうか?;THE YEAR $YEAR$ was marked by a bizarre development [...] In essence, over a period of time several ships had encountered 'an enormous thing' at sea, a long spindle-shaped object, sometimes giving off a phosphorescent glow, infinitely bigger and faster than any whale.'\n\nSeveral ships of the Merchant marine have been lost at sea over the past year to a strange phenomenon, believed by many to be a large and as of yet undiscovered species of whale. Rumor has it that several countries are already investigating this phenomenon, but perhaps we should send an expedition of our own?;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA23301;海の平和に対する、この邪悪な脅威を、終わらせなければならない!;This nefarious threat to the peace on the high seas must end!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTB23301;どこかの空想科学小説みたいな話につきあっている暇はない。;This sounds like something out of a children's book, and I will have none of it.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME23302;アロナックス教授が浜辺で見つかる!;Professor Arronax Washes Ashore!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC23302;有名なフランスの海洋生物学者ピエール・アロナックス氏が、本日、$COUNTRY$の浜辺に漂着したことが分かりました。教授は、船を沈めむさぼり食うと噂されていた不可思議な鯨の正体を明らかにすべく捜索隊に加わったものの、何度も攻撃を受けました。教授は自身の経験に大きな衝撃を受けています。彼の話は、本当に興味深いものです。アロナックス氏は、自身の船が怪生物と遭遇した際に海に落ちたとこと、そして怪生物の正体が実は海中旅行可能な人間の作った船であることを主張しています。また、アロナックス氏は、その船が大地との接触を完全に絶つことを誓い、船に乗って世界の海で自由な生活を送ることに賛同した、自由を愛する男に指揮されている、もしくは指揮されていたとも主張しています。真実がどうであれ、おそらくアロナックス教授が奇妙な船の客として航海中に遭遇した、多くの奇妙な新しい生物に関する詳細な説明は、今後何年にもわたって、我々の科学的努力に多くの恩恵をもたらすでしょう。;The renowned French marine biologist Pierre Arronax was found washed up on the shores of $COUNTRY$ today. The professor has been gone for quite some time since joining an expedition sent out to discover the truth behind a mysterious whale said to sink and devour ships on the high seas. The professor is shocked by the profound experience he has had, and his story is indeed remarkable. Arronax claims that he was washed overboard during a close encounter between his ship and the creature, and that the creature is in fact a human ship, capable of under water travel. Arronax maintains that the ship is, or was, commanded by a freedom-loving vigilante who has sworn off all contact with terra firma in favor of a free life on the world's oceans aboard his ship. Whatever the truth, Professor Arronax's many detailed accounts of many strange new life forms -- supposedly encountered during his voyage as a guest aboard this strange vessel -- will be a boon for our scientific efforts for years to come.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA23302;何人も咎無く我を害せず!;Nemo me impune lacessit!;;;;;;;;;;;;x;;
italia_irredenta_title;未回収のイタリア;Italia Irredenta;;;;;;;;;;;;x;;
italia_irredenta_desc;イタリアの領土回収主義運動は、イタリア王国周辺で、人口の大部分、もしくは人口のある程度をイタリア民族が占めている地域を王国に組み入れるため、努力を傾けていました。このことは、オーストリア領内にあるイタリア固有の領土に対する領有権主張だけでなく、それを超えてダルマティアやオーストリアに対する領土的野心を持っている事を意味していました。;The Italian Irredentist movement strove for the transfer to the Kingdom of Italy of all territories in the immediate vicinity of the Kingdom which were largely or partly seen as populated by ethnic Italians. Not only did this include claims to Austrian lands in Italy proper, but it also meant territorial ambitions further into Dalmatia, and Austria.;;;;;;;;;;;;x;;
the_heligoland_question_title;ヘリゴランド問題;The Heligoland Question;;;;;;;;;;;;x;;
the_heligoland_question_desc;北海に浮かぶ小さな島ヘリゴランドは、ナポレオン戦争の間、イギリスの領地になっていました。その後、1814年に、キール条約によりデンマークに割譲されました。ドイツ統一の後、島の居住者の多くがドイツ人であったため、島はドイツ帝国の野心の対象となりました。;The small North Sea island of Heligoland had become a British possession during the Napoleonic Wars, ceded formally by Denmark in the 1814 Treaty of Kiel. After the Unification of Germany the island became an object of desire for The German Empire, as the few inhabitants of the Island were by and large Germans.;;;;;;;;;;;;x;;
miskatonic_university_title;ミスカトニック大学;Miskatonic University;;;;;;;;;;;;x;;
miskatonic_university_desc;ミスカトニック大学はニューイングランド州でもっとも有名な高等教育機関のひとつです。そのキャンパスは、暗く轟々と流れるミスカトニック川のほとり、美しいエセックス郡の風光明媚なアーカム市に位置していています。ミスカトニック大学は、古代の書物やオカルトに関する書物の膨大でユニークな収集で有名です。大学が収集した本の中には、あの伝説的な『エイボンの書』の断片や、フリードリヒ・ウィルヘルム・フォン・ユンツトの代表作『無銘祭祀書』の原本などがあります。;With its campus located in scenic Arkham, beside the darkly muttering Miskatonic River, in beautiful Essex County, Miskatonic University is one of New England's most renowned institutions of higher learning. Well known for its collection of unique and vast collection of books on the ancient and the occult, Miskatonic University sports, among others, fragments of the fabled Book of Eibon, and an original copy of Friedrich von Junzt's standard work 'Unaussprechlichen Kulten'.;;;;;;;;;;;;x;;
miskatonic_campus;ミスカトニック大学;Miskatonic University;;;;;;;;;;;;x;;
desc_miskatonic_campus;科学が神話と出会う場所;Where Science Meets the Mythos;;;;;;;;;;;;x;;
construct_the_walhalla_title;ヴァルハラ神殿;The Walhalla;;;;;;;;;;;;x;;
construct_the_walhalla_desc;1830年から1842年にかけて作られたヴァルハラ神殿は、バイエルンのレーゲンスブルグにある栄光の神堂です。この建物は新古典主義様式の神殿で、ドナウ川を見渡せる場所にあります。神殿は、アルミニウスからコペルニクスまでのドイツ史上の著名人を称える目的で、国王ルートヴィヒ1世の命により建てられました。;Constructed between 1830 and 1842, the Walhalla is a hall of fame in Regensburg, Bavaria, housed in a neo-classical temple building, overlooking the Danube. The brain child of King Ludwig I, the hall commemorates famous personalities from German history from Arminius to Copernicus.;;;;;;;;;;;;x;;
the_walhalla;ヴァルハラ神殿;The Walhalla;;;;;;;;;;;;x;;
desc_the_walhalla;ヴァルハラ神殿は、アルミニウスからコペルニクスまでのドイツ史上の著名人を称えています。;The Walhhalla commemorates famous personalities from German history from Arminius to Copernicus.;;;;;;;;;;;;x;;
introduce_the_presbyteries_title;長老派教会を取り入れる;Introduce the Presbyteries;;;;;;;;;;;;x;;
introduce_the_presbyteries_desc;1848年、ハノーヴァー王国は長老派教会を取り入れることで、自国のルター派教会内での人民代表制度を強化しました。これにより、教会委員に選ばれた一般人が教会に関する事柄の責任を負うようになりました。;In 1848 The Kingdom of Hannover strengthened popular representation within its Lutheran State Church by the introduction of Presbyteries, popularly elected church boards charged with administering church affairs.;;;;;;;;;;;;x;;
build_gotthard_tunnel_title;ゴッタルド鉄道トンネル建設;Build the Gotthard Tunnel;;;;;;;;;;;;x;;
build_gotthard_tunnel_desc;ゴッタルド鉄道トンネルは、ゲシェネンとアイロロの街をつなぐため、1871年から1881年にかけて建設されました。ゴッタルド鉄道トンネルは、最新技術により、ようやく構造的に建設可能になったと考えられ、ゴッタルド峠の下に実際に建設された最初のトンネルでした。;The Gotthard Rail Tunnel was built between 1871 and 1881, connecting the towns of Goschenen and Airolo. The first tunnel ever to be built under the Gotthard Massif, the Gotthard Tunnel was in its time considered an architectural achievement made possible by modern technology.;;;;;;;;;;;;x;;
the_lambert_charter_title;ランベール特許状;The Lambert Charter;;;;;;;;;;;;x;;
the_lambert_charter_desc;ランベール特許状とは、マダガスカル島と、そこに存在したメリナ王国に対して、フランスが行った数々の侵略行為を正当化するために利用された文書のことです。この文章がきっかけとなって、最終的に、マダガスカルはフランスに併合されることになりました。この特許状は、フランス人在留者ランベールの影響を受けて育った皇太子ラダマ2世が、ランベールに対して発行したものでした。その内容は、マダガスカル王室に収益の10%を特許料として支払う見返りに、フランスに対してマダガスカルから鉱石やその他の天然資源を採取する権利を認めるというものでした。;The Lambert Charter was a document used by France to justify its many attempts at making inroads into, and eventually annex, the independent country and island of Madagascar. The document was signed by crown prince Radama II, who had grown up under the influence of French expatriates on Madagascar, and purported to give France the right to extract minerals and other natural resources from the country, in return for a 10% royalty payable to the Royal House of Madagascar.;;;;;;;;;;;;x;;
end_the_merina_monarchy_title;メリナ王国の最期;End The Merina Monarchy;;;;;;;;;;;;x;;
end_the_merina_monarchy_desc;フランスは、長期にわたってマダガスカルをその勢力下においていました。1897年の原住民による対仏蜂起の後、フランスは正式に王室を廃絶させ、島を併合しました。;Following a local uprising in 1897 France, who had long held Madagascar in its sphere of influence, formally deposed the Royal House and annexed the Island.;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_SETUP;ある国が、革命により我々との同盟関係を破棄する時。;When a nation breaks their alliances with us due to revolution.;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_HEADER;外務大臣報告;The Foreign Minister reports;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_1;外国で革命!;Foreign Revolution!;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_2;$MONARCHTITLE$、;$MONARCHTITLE$ the nation of;;;;;;;;;;;;;x;
REVOLTALLIANCE_3;ァY$ACTOR$ァWで;ァY$ACTOR$ァW;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_4;革命が発生しました!;is in revolution!;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_5;かの国と我々の同盟関係は完全に破棄され、我々の影響力はまったくなくなりました。;All our alliances with them are broken and our influences with them has gone to waste.;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_6;*;*;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_BTN1;OK;OK;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_BTN2;OK;OK;;;;;;;;;;;;x;;
REVOLTALLIANCE_BTN3;確認;Go to;;;;;;;;;;x;;;;
RHO;Southern Rhodesia;Southern Rhodesia;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_proletarian_dictatorship;Zimbabwe;Zimbabwe;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_absolute_monarchy;Southern Rhodesia;Southern Rhodesia;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_hms_government;Southern Rhodesia;Southern Rhodesia;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_ADJ;Rhodesian;Rhodesian;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_conservative;ローデシア党;Rhodesia Party;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_liberal;統一連邦党;United Federal Party;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_reactionary;ローデシア戦線;Rhodesian Front;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_socialist;ZANU(ジンバブエ・アフリカ民族同盟);ZANU;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_communist;ZAPU(ジンバブエ・アフリカ人民同盟);ZAPU;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_anarcho_liberal;責任ある政治協会;Responsible Government Association;;;;;;;;;;;;x;;
RHO_fascist;ウェン-ウェス;The When-Wes;;;;;;;;;;;;x;;
EGY_1842;Darfur;Darfur;;;;;;;;;;;;x;;
EGY_1838;Kordofan;Kordofan;;;;;;;;;;;;x;;
EGY_915;Lebanon;Lebanon;;;;;;;;;;;;x;;
CHI_2562;Formosa;Formosa;;;;;;;;;;;;x;;
BEL_1977;Bas-Congo;Bas-Congo;;;;;;;;;;;;x;;
BEL_1987;Katanga;Katanga;;;;;;;;;;;;x;;
BEL_1990;Congo Orientale;Congo Orientale;;;;;;;;;;;;x;;
BEL_1984;Kasai;Kasai;;;;;;;;;;;;x;;
POR_1999;North Angola;North Angola;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_1956;South Cameroon;South Cameroon;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_1960;North Cameroon;North Cameroon;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_1868;Somaliland;Somaliland;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_2026;Rift Valley;Rift Valley;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_2024;Kenya;Kenya;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_2019;Uganda;Uganda;;;;;;;;;;;;x;;
TRN_2108;Transvaal;Transvaal;;;;;;;;;;;;x;;
POR_2060;Mocambique;Mocambique;;;;;;;;;;;;x;;
FRA_1884;Sierra Leone;Sierra Leone;;;;;;;;;;;;x;;
FRA_1813;Niger;Niger;;;;;;;;;;;;x;;
FRA_1892;East Ivory Coast;East Ivory Coast;;;;;;;;;;;;x;;
FRA_1893;West Ivory Coast;West Ivory Coast;;;;;;;;;;;;x;;
FRA_1788;Gambia;Gambia;;;;;;;;;;;;x;;
FRA_1783;Senegal;Senegal;;;;;;;;;;;;x;;
FRA_1775;Mauritanian Coast;Mauritanian Coast;;;;;;;;;;;;x;;
MOR_1696;West Morocco;West Morocco;;;;;;;;;;;;x;;
POR_2003;South Angola;South Angola;;;;;;;;;;;;x;;
POR_2006;East Angola;East Angola;;;;;;;;;;;;x;;
ALD_1718;East Central Sahara;East Central Sahara;;;;;;;;;;;;x;;
ALD_1714;West Central Sahara;West Central Sahara;;;;;;;;;;;;x;;
TRI_1739;Libyan Desert;Libyan Desert;;;;;;;;;;;;x;;
EGY_1754;Libyan Coast;Libyan Coast;;;;;;;;;;;;x;;
FRA_1780;Inner Mauritania;Inner Mauritania;;;;;;;;;;;;x;;
ORA_2103;Vrystaat;Vrystaat;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_2092;Northern Cape;Northern Cape;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_2083;Namaqualand;Namaqualand;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_2096;Eastern Cape;Eastern Cape;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_2087;Cape Colony;Cape Colony;;;;;;;;;;;;x;;
BEL_1992;Equateur;Equateur;;;;;;;;;;;;x;;
FRA_1978;Congo;Congo;;;;;;;;;;;;x;;
CNG;Congo;Congo;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_absolute_monarchy;Congo Free State;Congo Free State;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_presidential_dictatorship;Zaire;Zaire;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_hms_government;Congo;Congo;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_democracy;Zaire;Zaire;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_ADJ;Congolese;Congolese;;;;;;;;;;;;x;;
the_congo_conference_title;コンゴ会議を主催;Host The Congo Conference;;;;;;;;;;;;x;;
the_congo_conference_desc;『ベルリン会議』として知られるコンゴ会議は、ドイツの宰相オットー・グラーフ・フォン・ビスマルクの提唱により1884年に開催された国際会議でした。会議において、“一般法”を採用した直接の結果、アフリカでの植民地化に関する様々な原則が確認されました。また、ベルギー国王レオポルド2世は、個人的資産としてコンゴ自由国の建設が認められました。今回の会議の結果、何が起こるのでしょうか?コンゴ会議を主催し、サイコロを振ってください!我々は、この決定を原則化するまでの数ヶ月の間に、他国に対して招待状を送る準備を整えなければなりません。;The Congo Conference, also known as the 'Berlin Conference', was an international conference held in 1884 at the initiative of German Chancellor Otto Graf von Bismarck. The immediate consequences of the 'General Act' adopted at the conference was a formalization of the rules of engagement for colonial expansion in Africa, and the confirmation of The Congo Free State as the personal property of King Leopold II of Belgium. What will be the outcome this time around? Host The Congo Conference, and let the dice be cast! We should be ready to send invitations to other countries within a few months of enacting this decision.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME19330;$CAPITAL$会議;The $CAPITAL$ Conference;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC19330;「我々は、アフリカの権益というケーキから、分け前を手に入れることが出来る好機を逃したくない。」\n- ベルギー国王レオポルド2世\n\nここしばらく、$COUNTRY$では、アフリカにおける植民地政策に関する主要な国際会議を開催するための準備が進められてきました。そして今日、$MONARCHTITLE$は、他の文明国や当事国などに対して招待状を送付する準備を行いました。会議の主な議題は、コンゴ問題の最終的な解決です。出席国のどこかに、コンゴ植民地を支配し、開発するための占有権が与えられるでしょう。準列強国、植民地を持たない国や、すでにコンゴに権益を有している列強国は、外交交渉において、コンゴ地域における優先的考慮を要求しています。;I do not want to miss a good chance of getting us a slice of this magnificent African cake.'\n- Leopold II of Belgium\n\nPreparations for a major international conference on Colonial policies in Africa have been underway in $COUNTRY$ for some time, and today the $MONARCHTITLE$ is ready to send out invitations to the other civilized nations and concerned parties of the world. The main issue on the table is a definitive settling of The Congo Question. One delegate nation will be given the exclusive right to control and exploit colonial Congo. Secondary Powers, Nations without a colonial empire and Powers already laying claims to areas in the Congo will recieve preferential consideration in the negotiations.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA19330;よろしい、招待状を送ろう!;Excellent, send the invitations!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTB19330;この会議で何も決まらないことが、一番よいのだが...;I think it would be best if nothing came of this...;;;;;;;;;;;x;;;
EVTNAME19335;コンゴ会議;The Congo Conference;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC19335;$MONARCHTITLE$、$FROMCOUNTRY$は、アフリカにおける更なる植民地化のため、方針や慣習に関する主要な国際会議を主催しています。会議の主な議題は、コンゴ問題の解決です。つまり、この会議の結果で、コンゴ全域が会議出席国のうちどこか一カ国の植民地として認められそうだということです。世界中の、あらゆる立場の、ほとんど全ての文明国が、会議に代表団を派遣しています。しかし、コンゴの権益を手に入れられず、代表団を派遣した費用が無駄になることもありえます。;$MONARCHTITLE$, $FROMCOUNTRY$ is hosting a major international conference on policies and practices for the further colonization of Africa. The main issue at the conference will be a settling of The Congo Question, and the likely outcome of this conference is that the whole of the Congo will be recognized as a possession of one of the delegate nations. Most every civilized nation of any standing in the world will be sending a delegation to the conference, but sending a delegation could be more costly than the potential gains merit.;;;;;;;;;;;;;;x
EVTOPTA19335;我々は、アフリカの権益というケーキから、分け前を手に入れることが出来る好機を逃したくない!;I do not want to miss a good chance of getting us a slice of this magnificent African cake!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTB19335;代表団を派遣するだけの利益は感じられないな。;I do not feel that such an unimportant affair merits our attention.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME19340;コンゴ自由国!;The Congo Free State!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC19340;「コンゴ自由国は、他に例のない国家である。そこには、隠し事も秘密もまったくない。また、建国者を除き、誰も特権を享受することもない。」\n- ベルギー国王レオポルド2世\n\n先日開催されたコンゴ会議の結果、コンゴ問題に関して決定が行われました。会議は、“一般法”を適用せず、$COUNTRY$に対して、コンゴを統治し、開拓し、植民地化する権利が与えられることを確認しました。これにより、コンゴ自由国は、$COUNTRY$の支配下で、正式な独立国として管理されることになります。おそらく、他国は、貿易関係樹立の準備や、コンゴの経済的潜在力の調査を急ぐでしょう。;The Congo Free State is unique in its kind. It has nothing to hide and no secrets and is not beholden to anyone except its founder.'\n- King Leopold II of Belgium\n\nThe Congo Conference that convened some time ago has reached its decision with regards to the Congo Question. The Conference has confirmed, in the 'General Act' released today, that $COUNTRY$ will be accorded the right to rule, exploit and colonize the Congo. The Congo Free State will be under the rule of $COUNTRY$, but administered as a formally independent state. Other nations will surely hasten to set up trade relations and investigate the full economic potential of the Congo;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA19340;おお、そうか!;Oh joy!;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_liberal;自由党;Liberal Party;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_conservative;保守党;Conservative Party;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_socialist;社会党;Socialist Party;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_communist;共産党;Communist Party;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_reactionary;反動主義党;Reactionary Party;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_fascist;ファシスト党;Fascist Party;;;;;;;;;;;;x;;
CNG_anarcho_liberal;無政府主義党;Anarcho-Liberal Party;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME70000;$STATE$が州に昇格!;$STATE$ Granted Statehood!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME70001;$STATE$が州に昇格!;$STATE$ Granted Statehood!;;;;;;;;;;;;x;;
IS_SECONDARY_NATION;は準列強国です;Is Secondary Power;;;;;;;;;;;;x;;
IS_NOT_SECONDARY_NATION;は準列強国ではありません;Is Not Secondary Power;;;;;;;;;;;;x;;
SET_PRIMARY_CULTURE;ァY$CULTURE$ァWは中核文化の一つになりました。\n;ァY$CULTURE$ァW set to primary culture.\n;;;;;;;;;;;;x;;
CB_ASSERT_HEGEMONY;覇権を主張\n;Assert Hegemony\n;;;;;;;;;;;;x;;
unification_humiliate_cb_setup;他の列強国に、あなたの国の主要な民族に関しては、あなたの国に統治権があることを認めさてください。;Force another Great Power to concede your leadership over your common cultural union.;;;;;;;;;;;;x;;
unification_humiliate_cb_desc;他の列強国に、あなたの国の主要な民族に関しては、あなたの国に統治権があることを認めさてください。その国の影響力は、あなたの国の主要な民族が住む地域では、完全に失われます。;Force another Great Power to concede your leadership over your common cultural union. All his influence over countries in the area will be lost.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME19345;コンゴからのゴム!;Rubber From The Congo!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC19345;コンゴ盆地の土壌は、豊かで肥沃です。そのため、天然ゴムの栽培に非常に適しています。ただ、残念なことに、このうっそうとした木々に覆われた未開の大地は、野蛮で後進的な人々に支配されており、彼らの妨害のため探査や活用ができず、利用できない状態が続いています。$COUNTRY$の強力な資本家たちは、コンゴ自由国の豊饒な大地に眠る天然資源を開発し、利用する機会を得ることしか望んではいません。それに、その程度にしておかないと、原住民が危険な考えを持ってしまうかもしれません。どうしますか、閣下?;The soil of the Congo basin is rich, fertile, and perfectly suited for the growing of natural rubber. Sadly, much of this wild but verdant land lies dormant, unexplored and unused, in the smothering grip of barbarism and backwardness. Powerful economic interests within $COUNTRY$ wish nothing more than to be given the opportunity to develop and exploit the natural wealth of the dark courncopia that is The Congo Free State, and, besides, not doing so might give the natives dangerous ideas. What say you, your Majesty?;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA19345;私は原住民が協力してくれると信じていますよ!;I am sure the natives could lend a hand!;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTB19345;我々は略奪者ではなく、文明の伝道者です。;We have come as bringers of civilization, not as looters.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTNAME19350;コンゴ改革協会;The Congo Reform Association;;;;;;;;;;;;x;;
EVTDESC19350;過去数年、いくつかの目撃報告により、コンゴ自由国の$COUNTRY_ADJ$植民地住民の過酷な実態が明らかにされました。残虐行為が広く行われ、手足の切断や虐殺さえ、しばしば植民地支配のため行われていると報告されました。これら報告により、$COUNTRY_ADJ$の植民地政策に、非常に弱いながら光があてられ始めました。そして、$COUNTRY$の植民地住民に人間としての尊厳を取り戻すことを目的に、国際組織-コンゴ改革協会-が設立されました。この組織には、幾人かの著名な作家や国際的人道主義者が、問題解決のため集まりました。;Several witness reports over the past few years have spoken of the ongoing mistreatment of $COUNTRY_ADJ$ colonial subjects in The Congo Free State. Widspread brutality, mutilation and even massacres have been reported as often used tools of colonial subjugation, and these reports have begun to cast the $COUNTRY_ADJ$ colonial policy in a very poor light. An international organization -- The Congo Reform Association -- has now been founded with the stated goal of restoring human dignity to $COUNTRY$'s colonial subjects, and several well renowned authors and international humanitarians have rallied to the cause.;;;;;;;;;;;;x;;
EVTOPTA19350;畜生!;Blast!;;;;;;;;;;;;x;;
annex_the_congo_title;コンゴ併合;Annex The Congo;;;;;;;;;;;;x;;
annex_the_congo_desc;コンゴ自由国の抱える諸問題に対して、国際的圧力が増しています。我々の君主の個人的資産である自由国は、その地で行われている残忍な植民地政策のために、国際的非難の集中砲火を浴びています。我々にとって一番の選択肢は、おそらく、今のうちに自由国を併合し、統治体制を改革することでしょう。;International pressure has been mounting over the issue of The Congo Free State. The Free State, which is governed as the personal property of our Monarch, is recieving a barrage of international criticism on account of the brutal colonial policies enforced there. Our best option at this stage is probably to annex the Free State and reform its administration.;;;;;;;;;;;;x;;
the_congo_reform_association;コンゴ改革協会;The Congo Reform Association;;;;;;;;;;;;x;;
the_congo_refrom_association_desc;国際的な人道組織が、コンゴにおける我々の植民地政策に対して、まったく好ましくない光をあてています。;An international humanitarian organization is casting a less than favorable light on our colonial policies in the Congo.;;;;;;;;;;;;x;;
MODIFIER_BADBOY;悪評;Infamy;;;;;;;;;;;;x;;
rename_the_congo_title;コンゴ探検!;Explore The Congo!;;;;;;;;;;;;x;;
rename_the_congo_desc;コンゴ自由国がレオポルド2世の個人的資産だと認められたことから、我々はコンゴを探検し、その地にちょっとした個人的な印を残すことが、公正かつ適正なのではないでしょうか?;With The Congo Free State having been confirmed as The Personal Property of King Leopold II, it is only fair and reasonable that we now explore the region, and perhaps leave a bit of a personal mark on it?;;;;;;;;;;;;x;;
PROV2049;Lourenzo Marques;Lourenzo Marques;;;;;;;;;;;;x;;
brazzas_expedition_title;ブラザの探検隊;Brazza's Expedition;;;;;;;;;;;;x;;
brazzas_expedition_desc;イタリア系フランス人探検家ピエール・サヴォルニャン・ド・ブラザは、1870年代から80年代にコンゴ地域を探検し、中央アフリカとコンゴ川右岸に対するフランスの植民地化に大きく貢献しました。仏領コンゴにあるブラザヴィルの街は、彼の名にちなんだものです。;The Franco-Italian adventurer Pierre Savorgnan de Brazza explored the Congo region in the 1870's and 80's, and opened up Central Africa and the right bank of the Congo river to French colonization. The city of Brazzaville in the French Congo was named after him.;;;;;;;;;;;;x;;
USA_prussian_constitutionalism;The Kingdom of America;The Kingdom of America;;;;;;;;;;;;x;;
von_moltkes_staff_reforms_title;フォン・モルトケの改革;von Moltke's Reforms;;;;;;;;;;;;x;;
von_moltkes_staff_reforms_desc;1857年、ヘルムート・フォン・モルトケはプロイセン参謀本部の参謀総長に任命されました。総長に就くとすぐ、彼は改革を行いました。フォン・モルトケの考えに基づき、詳細な兵棋演習のための戦史研究部局や、プロイセンの電信網や鉄道網を調査研究するための専門の特別部局が設置されました。それらは、戦時において、勝利に大きく貢献しました。その結果、普仏戦争の頃までに、プロイセンの参謀本部は欧州でもっとも優秀だと評価されるようになりました。そして、その手法は、すぐに他国でも広く研究され、採用されるようになりました。モルトケは30年にわたりプロイセンの参謀総長の地位にとどまりました。彼は、19世紀にもっとも有能な軍事戦略家の一人として知られています。;In 1857 Helmuth von Moltke was appointed Chief of the Prussian General Staff, which he soon set about reforming. Among the ideas implemented by von Moltke were a department for historical studies, extensive wargaming excercises and a special department dedicated to cataloging and studying the telegraph and railway networks of Prussia, and how they could be used to best effect in the event of war. The end result was that, by the time of the Franco-Prussian war, Prussia's General Staff was considered the most efficient in Europe, it's methods soon becoming widely studied and adopted abroad. Moltke remained Chief of the Prussian Staff for the next 30 years, and is known as one of the most brilliant military strategists of the 19th century.;;;;;;;;;;;;x;;
prussian_general_staff;プロイセン参謀本部;Prussian General Staff;;;;;;;;;;;;x;;
desc_prussian_general_staff;プロイセン参謀本部は、欧州でもっとも優秀です。しかし、遅かれ早かれ、他国もいずれ追いついてくるでしょう。;The Prussian General Staff is the most efficient in Europe, but other nations will catch up sooner or later.;;;;;;;;;;;;x;;
kanun_i_esasi_title;オスマン帝国憲法;Kanun-i-Esasi;;;;;;;;;;;;x;;
kanun_i_esasi_desc;1876年に施行された『Kanun-i-Easasi』(“基本法”という意味)は、オスマン帝国に立憲体制を導入しようとした初期の試みでした。皇帝アブデュルハミト2世によって基本法が廃止されるまでのたった2年の間だけとはいえ、後のオスマン帝国の発展とトルコの立憲主義にとっては、重要な先駆的試みとなりました。;Implemented in 1876, the 'Kanun-i-Easasi' (Basic Law) was an early attempt at gifting the Ottoman Empire with a constitution. While the Basic Law would only remain in effect for two years before being repealed by Sultan Abdulhamid II, it was nevertheless an important forerunner to the later development of Ottoman and Turkish constitutionalism.;;;;;;;;;;;;x;;
the_ruhr_boom_title;ルール川流域の経済成長を促進;Encourage The Ruhr Boom;;;;;;;;;;;;x;;
the_ruhr_boom_desc;以前はベルクやマルク、クレーフェといった領邦の一部であったルール川流域は、日に日に変化しています。毎日、拡大を続けるプロイセンの鉄道網に石炭を供給するため、新しい炭鉱や鉱山、採掘口が作られています。また、最近は、秋雨の後のキノコのように、イギリスから工業技術を輸入した工場が、次々に建設されています。ルール川流域は、急成長を続けています。もし、ほんのちょっとでも、その勢いをドアの外に押し出す援助を行えば、経済成長の波は容易にドイツ国内の他の地域にも広がるでしょう。;The Ruhr area, formerly parts of the counties of Berg, Mark and Cleves, is changing day by day. Every day new coal pits, mines and shafts are opened up to supply the ever expanding Prussian railway networks, and lately, supported by imports of British industrial technology, factories are springing up like mushrooms after an autumn rain. The Ruhr is booming, and the example could easily spread to the rest of Germany, if only it were given a little nudge out the door.;;;;;;;;;;;;x;;
ruhr_boom;ルール川流域の経済成長;The Ruhr Boom;;;;;;;;;;;;x;;
desc_ruhr_boom;ドイツ中の全ての都市が、日々成長を続けるルールの産業主義のおかげで発展し続けています。昨日までの田舎町が、今では現代的な工業センターへと変化しています。;Cities all across Germany are growing and changing from rural townships to modern centers of industry thanks to the examples set by the burgeoning Ruhr industrialism.;;;;;;;;;;;;x;;
support_ruhr_industrialism_title;クルップ一家を支援;Support The Krupp Family;;;;;;;;;;;;x;;
DIPLOMACY_NO_ALLIES_CIVIL_WAR;同盟国に、内戦への介入を依頼することは出来ません。;Allies cannot be called into a civil war.;;;;;;;;;;;;x;;
the_rhine_crisis_title;ライン川左岸;The Left Bank;;;;;;;;;;;;x;;
the_rhine_crisis_desc;欧州の地図がナポレオンによって書き換えられている間、ライン川左岸はフランス本国領として併合されていました。 1840年、フランス首相アドルフ・ティエールは、個人的意見として、ライン川はいまだにフランスの東の自然国境のままであると、公式に発言しました。ナポレオン戦争の際の苦難が人々の記憶の中にまだ残っていた中でのこの発言は、ドイツで騒動を引き起こし、『ライン危機』と知られる対立の原因となりました。;During Napoleon's redrawings of the European map, the left bank of the river Rhine had been annexed to France proper. In 1840 France's Prime Minister Adolphe Thiers publicly stated that, in his opinion, the Rhine still remained France's natural eastern border. With the hardships of the Napoleonic wars still in living memory the statment caused uproar in Germany, sparking what would become known as 'The Rhine Crisis';;;;;;;;;;;;x;;
build_the_eiffel_tower_title;エッフェル塔建設;Build The Eiffel Tower;;;;;;;;;;;;x;;
build_the_eiffel_tower_desc;1889年の万国博覧会会場への入り口アーチとして建設されたエッフェル塔は、フランスを代表する建築物であり、パリとフランス建築史にとり、いつまでもその輝きを失わない象徴です。塔の名は、塔の設計士であるギュスターヴ・エッフェルに由来しています。1930年に、ニューヨーク市にクライスラー・ビルが完成するまでは、世界でもっとも高い人工物でした。;Built as the entrance arch to the 1889 world's fair, the Eiffel tower is one of the most enduring and iconic symbols of Paris and of French architecture. Named for its designer Gustave Eiffel, the Eiffel tower was the tallest man made structure in the world until the 1930 completion of New York City's Chrysler Building.;;;;;;;;;;;;x;;
the_eiffel_tower;エッフェル塔;The Eiffel Tower;;;;;;;;;;;;x;;
desc_eiffel_tower;世界は、エッフェル氏の素晴らしい鋼鉄製タワーの威容を見て、畏怖しています!;The world awes at the sight of Monsieur Eiffel's marvellous iron lattice tower!;;;;;;;;;;;;x;;
confiscations_of_mendizabal_title;メンディサバル法;Confiscations of Mendizabal;;;;;;;;;;;;x;;
confiscations_of_mendizabal_desc;メンディサバルの永代所有財産解放令とは、スペイン国内に修道院が所有する土地や資産の民有化や没収を目的に、1835年から37年にかけて出された一連の法令のことです。反教会主義的な自由主義の活発化や、カルリスタ戦争中の様々な出来事によるスペイン社会の分裂の中で、この法令により、多くの古くから続くスペインの修道院が荒廃することになりました。;The Ecclesiastical Confiscations of Mendizabal were a series of decrees issued between 1835 and -37 aimed at the privatization and expropriation of monastic land and property in Spain. Inspired by anticlerical liberalism, and the polarization of Spanish society during the events of The Carlist wars, the decrees led to the abandonment of many ancient Spanish monastaries.;;;;;;;;;;;;x;;
haussmanns_renovations_title;オスマンのパリ大改造計画;Haussmann's Renovations;;;;;;;;;;;;x;;
haussmanns_renovations_desc;オスマンの計画は、パリを現代的な都市に再生するという内容で、1852年から1870年にかけて実施されました。計画は、パリの旧都心自体が、都市改造なしには、発展し続ける都市に必要なインフラを備えることができないことを証明したため、急速な都市化と拡大発展の時期が終わった後に開始されました。オスマンの支持により整備された長く広々とした大通りは、それ以来、パリの街路配置を特徴付けています。;The Haussmann Plan was a project for the modernization and urban renewal of Paris, carried out between 1852 and 1870. The project was initiated after a period of rapid urban growth and development, as the old city center of Paris had proven itself incapable of meeting the infrastructure demands of a growing city. The long, open boulevards championed by Hausmann have remained defining characteristics of Paris' street layout ever since.;;;;;;;;;;;;x;;
SM_COUNTERDISTANCE;Counter Distance;Counter Distance;;;;;;;;;;;;x;;
OL_GP_INFLUENCE;影響;Influence;;;;;;;;;;;;x;;
OL_VIEW_GP_INFLUENCE;ァY影響ァW画面の表示/非表示を切り替えます。;Toggles ァYInfluenceァW view;;;;;;;;;;;;x;;
CB_EXPIRE_DATE;ァY$DATE$ァWに期限が切れます;Expires ァY$DATE$ァW;;;;;;;;;;;;x;;
BUDGET_CANT_LOAN_DESC;もしあなたの国がちゃんと利子を払っていて、敵対的な態度をとっていないのなら、銀行はあなたの国に資金を貸し出してくれるでしょう。外国の銀行は、あなたの国に対して、安全上の理由から、現在、貸出可能資金のうち$MAXLOAN$以上の額を決して貸そうとはしません。;Banks will only loan you money if you have been meeting your interest payments and are not hostile. Foreign banks will currently never loan you more than $MAXLOAN$、 of their total available funds for security reasons.;;;;;;;;;;;;x;;
MUST_NEGOTIATE_WITH_WAR_LEADER_STATUS_QUO_OUR_SIDE;我が国が戦争目的の標的にされていて、我々の陣営の同盟主導国がァY原状回復ァWの戦争目的を追加している場合、我が国は敵陣営のァY戦争主導国ァWと交渉することができません;We cannot negotiate with the enemy ァYWar leaderァW since we are target of a wargoal and our leader has added a ァYStatus QuoァW wargoal;;;;;;;;;;;;x;;
witwatersrand_gold_rush;ウィットウォーターズランドでゴールドラッシュ;Witwatersrand Gold Rush;;;;;;;;;;;;x;;
desc_witwatersrand_gold_rush;ウィットウォーターズランドでのゴールドラッシュにより、我々は国際的にも知られるようになりました。;A Gold Rush in the Witwatersrand is making us known internationally.;;;;;;;;;;;;x;;
ENG_bourgeois_dictatorship;Republic of Britannia;Republic of Britannia;;;;;;;;;;;;x;;
DIPLOMACY_CANNOT_SET_PRIO_TRUCE;我々は、彼らとの休戦期間の間は、この国に対して影響を及ぼすことができません;We cannot influence this nation while we have a truce with them;;;;;;;;;;;;x;;
MEX_absolute_monarchy;Empire of Mexico;Empire of Mexico;;;;;;;;;;;;x;;
MEX_prussian_constitutionalism;Empire of Mexico;Empire of Mexico;;;;;;;;;;;;x;;
MEX_hms_government;Empire of Mexico;Empire of Mexico;;;;;;;;;;;;x;;


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-07 (金) 15:55:28