モデナのそよ風

フィナーレ

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

というわけで、我が国は1936年元日を列強3位として迎えた。

 

nolink

ループレヒト.jpg

おめでとうございます。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

うむ。フランチェスコ4世と5世、マリア・テレジアも祝いにきているぞ。

 
マリア・テレジア.jpg

おめでとう。無病息災でやっているようですね。

 
フランチェスコ5世.jpg

おめでとう。ループレヒトよ、よくやった。

 
フランチェスコ4世.jpg

おめでとう。これからもモデナ神様とこの国を導いていってくれたまえ。

 
ループレヒト.jpg

はい。

 
フランチェスコ4世.jpg

ところで、あのイタリア国旗の真ん中にあるのはサヴォイア家の紋章だ。モデナがイタリアを統一したのだから、真ん中にはエステ家の紋章があるべきだ。

 

nolink

ループレヒト.jpg

そうですね。至急改めさせるようにします。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

では、昨年12月31日時点での状況を報告するぞ。まずは人口等から。

 

nolink

フランチェスコ4世.jpg

私の時代には162Kしかなかった人口が3億近くになっている・・・、2000倍近くになっている!!

 
ループレヒト.jpg

我が国は人口では英国、中国を抑え、USAに次いで第2位となりました。

 
マリア・テレジア.jpg

準列強のチリが9000万近くの人口で第5位というのも驚きですね。

 
フランチェスコ5世.jpg

なんだか中国がショボーン(´・ω・`)な状態になっていますね。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

我が国が派手に切り取ったからな。

 
フランチェスコ4世.jpg

しかし、フランスの識字率100%、オーストリアの識字率97%というのは驚異的だな。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

次に我が国の民族構成はこのとおりだ。

 

nolink

ループレヒト.jpg

中国を派手に切り取ったせいで、北イタリア人が三割、北中国人と南中国人も合わせて三割という民族構成になってしまいました。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

ふむ。次に領土について報告するぞ。まずは欧州本土から。

 

nolink

フランチェスコ4世.jpg

私は北部イタリア王国を夢見たものだが、その夢をはるかに超えてチロルまで領有する統一イタリア王国となっている。

 
フランチェスコ5世.jpg

おまけにクレタ島も領有してヴュルテンベルクまで併合しているとは・・・

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

未回収のイタリアは、チロルとヴェネチアだけではない。

 
ループレヒト.jpg

まさか、イストリアやダルマチアも割譲させるつもりでは?

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

神に不可能はない。

 
ループレヒト.jpg

(本当かなぁ)

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

何か言ったか?

 
ループレヒト.jpg

い、いいえ、何でもありません。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

うむ。続いてはアフリカでの植民地だ。

 

nolink

ループレヒト.jpg

アフリカではさらにWarri(ワリ)の植民地化を進めています。

 
フランチェスコ4世.jpg

私の時代にはマダガスカルだけだったはずだが・・・。

 
フランチェスコ5世.jpg

私の時代にはオマーンとアブダビ、シナイ半島が加わったが、・・・今やアフリカの東部~中部に広大な植民地を有している。

 
マリア・テレジア.jpg

我が国の他には英国、フランス、スペイン、ポルトガルが植民地化を進めていますが、我が国よりも大きく遅れていますね。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

我が国を除いて列強によるアフリカ植民植が不活発だ。いつの日か我が国が大西洋に到達したら、アフリカを我が国の色に染め上げるのだ。

 
ループレヒト.jpg

アフリカ横断政策というわけですね。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

うむ。続いてはアジアでの植民地だ。

 

nolink

ループレヒト.jpg

北東アジアではさらにShumshu(千島列島)の植民地化を進めています。

 

nolink

ループレヒト.jpg

東南アジアではさらにPort Morseby(ポートモレスビー)の植民地化を進めています。

 
フランチェスコ4世.jpg

私の時代にはアジアの植民地はなかったのだが・・・。

 
フランチェスコ5世.jpg

私の時代には、ダイナムやシャムを蚕食していた程度だったが・・・。

 
マリア・テレジア.jpg

・・・本当に中国がショボーン(´・ω・`)な状態になっていますね。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

我が国が派手に切り取ったからな。

 
モアイ.jpg

これで将来、中国が第一列島線などとたわけたことをぬかすことはないだろう。

 
ループレヒト.jpg

何かおっしゃいましたか?

 
モアイ.jpg

何でもない。私の独り言だ。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

さて、次は工場についての報告だ。

 

nolink
nolink
nolink

フランチェスコ4世.jpg

私の時代にはやっと工業化が緒についたところだったのだが・・・。

 
フランチェスコ5世.jpg

こんなに工場ができているとは・・・!

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

だが、我が国は工業力では第10位と大きく出遅れている。

 
ループレヒト.jpg

これからも更なる工業化を進めなければなりませんね。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

うむ。続いて、各列強との国際関係図だ。

 
    アメリカイギリスイタリアフランスオーストリアエクアドルベネズエラスペイン
アメリカ  -  16   135   -90 -175   55  55 -100
イギリス  16   141  100454551200
イタリア  135  141  -  136 -191  20  0  110
フランス  -90   100  136  -  20  40  40  188
オーストリア -175   45 -191  20  -  40  -40  180
エクアドル  55   45  20  40  40  -  180  50
ベネズエラ  55   51  0  40  -40  180  -  40
スペイン -100 2001101881805040
ループレヒト.jpg

対中戦争で一時は悪化した英国との関係も、我が国の外交官の努力で130台まで持ち直しています。そして、オーストリアを除いて我が国との関係はプラスないし0です。列強上位3か国である米英と我が国の関係は良好といっていいでしょう。そして、英国がすべての列強との関係をプラスに維持しています。

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

うむ。そして、最後に世界地図だ。

 

nolink

ループレヒト.jpg

英国が中央アジアですごいことになっている一方で、ロシアの北米植民地もすごいですね。

 
フランチェスコ4世.jpg

南米のチリの横の南北に細長い国は?

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

それはモアイ氏に説明してもらおう。

 
モアイ.jpg

あれはボリビアだ。ボリビアはチリにポトシ州を奪われた後、アルゼンチンからフフイ州とトゥクマン州を奪い取って南北に伸びたのだ。

 
フランチェスコ4世.jpg

何ともカオスだな~

 

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

以上で最終報告は終わりだ。

 

フランチェスコ4世.jpgフランチェスコ5世.jpgマリア・テレジア.jpgループレヒト.jpg長い間おつきあいいただいてありがとうございました。

 
モアイ.jpg

また別の時空で会おう。

 
ループレヒト.jpg

何かおっしゃいましたか?

 
モアイ.jpg

何でもない。私の独り言だ。

 

エピローグ

欧州

 チロルとヴェネチアを回収したイタリアは、その後、さらに「未回収のイタリア」と称して、ロシア、プロイセン、オスマントルコ、バイエルンと対墺大同盟を築き、二度の戦争でイストリアとダルマチアを回収した。このような帝国の衰退を受け、帝国内の諸民族が活発に動き出した。支配階級であるドイツ人はもはや、諸民族の力を抑えようがなく、帝国は改革を余儀なくされた。そして、ドイツ人とマジャル人、ボヘミア人、スラヴ人との間で妥協がなされ、オーストリア・ハンガリー・ボヘミア・スラヴによる四重帝国化が進められた。

北東アジア

新三国+α

 イタリアに海岸部のステートを大量に奪われた中国は、列強からは「眠れる獅子」ではなく「死せる豚」であると見なされ、中国では列強および準列強による分割が加速して、イタリアが中国南東部を、英国が中国南西部を、ロシアが中国北部を領有し、英伊露の三国で中国をほぼ三分割した。北京周辺のみを辛うじて領有していた清朝はUSAの介入によって独立の存続を認められたが、英伊露は傀儡国家として、ロシアが「魏」を、イタリアが「呉」と「台湾」を、英国が「蜀」を建国した。

後渤海/後新羅

 北京周辺での中国権益を確保したUSAは半島南部のみとなった朝鮮に再度戦争を挑み、保護国化した。その後、USAは傀儡国家として「後新羅」(国旗はこちら?)を建国した。一方、半島北部と満州地方と沿海州を領有していたイタリアは、これらの地域に傀儡国家として「後渤海」(国旗はこちら?)を建国した。

昭和維新

 日本では迪宮皇太子が天皇として即位し、元号は「昭和」と改まっていたが、依然として徳川幕府による治世が続き、徳川家達が第16代将軍となっていた。中国・朝鮮の状況を見て、長州藩では攘夷運動が高まり、沖合を航行するUSAとイタリアの艦船を砲撃した。これに対する報復として、米伊二国連合艦隊が下関砲台を砲撃し、各国の陸戦隊が占拠・破壊した。砲台を二国連合艦隊によって無力化されてしまった長州藩は、以後列強に対する武力での攘夷を放棄し、海外から新知識や技術を積極的に導入し、軍備軍制を近代化してゆくことに積極的になり、同様な近代化路線を進めていた薩摩藩と薩長同盟を締結して、共に倒幕への道を進むこととなった。


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS