ポーランドはいまだ滅びず

史実概要

 

クラクフ共和国は、1815年のロシア、プロイセン、オーストリアの3国の領域が接触する地域に緩衝国として
誕生しました。

 

同時に、スイス、ベルギーと共に、各国から永世中立国として認定されたこの小さな共和国は、

 

当時唯一残されたポーランド人の国家として、ポーランドの心の支えでもあったようです。

 

同時に、ポーランド独立を企図する勢力の潜伏できる町でもあり、当然不穏な勢力の温床ともなることは必然でした。

 

史実では、(クラクフを影響下においていた)オーストリアに対して1830年と1845年に2度の大規模な蜂起を行い、1846年、オーストリアにより併合された。

 

さてさて、この小さな共和国。Vic2の世界では如何に?

 

果たしてポーランドは復活できるのか?

 

それでは大佐と愉快な?仲間たちとのポーランド復活(を意図した)劇のはじまりはじまり。

 

ポーランドいまだ滅びず第一話

1836年クラクフ上院にて

 
nolink
 
 
mu.JPG

ポーランドは滅びぬ!何度でもよみがえるさ!

 
 
mu.JPG

ポーランド復活こそポーランド人の夢だからだ!

 
 
mu.JPG

上院議長!(当時の国家元首)全権をよこし給え、いいこだから・・・・

 
 
mu.JPG

というわけで全権をいただいた。

 
 
mu.JPG

私が臨時に100年ほどこの国の指揮を執る。みなさんよろしく。

 
 

まずは現実を見てみよう

部下.JPG

大佐、1月7日(pauseキー押し忘れたため)にオーストリアと同盟締結しました。次はどうしますか?

 
 
mu.JPG

その前に、現状の確認からいく。

 
 
mu.JPG

クラクフはこの赤丸囲んだ部分だ。普墺露に囲まれている。

 
 
nolink
 
 
mu.JPG

識字率は54%。まあ悪くは無い。主要産出物は石炭だ。

 
 
mu.JPG

政治体制はご覧の通り、民主主義ときている。自由に工場が建てられない。

 
 
nolink
 
 
mu.JPG

技術は小国にしてはマシなほうだ。画像がおおいので何かのついででごらんに入れよう。

 
 
mu.JPG

対外関係はオーストリアがかなり友好的で、かなりの高確率で同盟を結んでくれるが。同時に勢力圏に入れられてしまう。

 
 

最初の一歩と当面の方針

mu.JPG

wikiの各国戦略の手引きでは、手始めに港を手に入れよ、とのことであるが。生憎ver1.3から手ごろな港を持つ小国がオーストリアの勢力下にある。

 
 
mu.JPG

そこで、サルディニアやシチリア・・・と思ったが、、、不可能ではないが、ひとつだけデメリットがある。

 
 
部下.JPG

 
 
mu.JPG

識字率だ。技術開発では初期だとこれが大きな差が出る。シチリアもサルディニアもオーストリアが倒してくれるが、これが痛い。なんと30%台にまで落ちてしまう。

 
 
部下.JPG

そこで・・・オーストリアが倒してくれそうなところで、識字率も下がらないのは???

 
 
mu.JPG

この地図を見たまえ。

 
nolink
 
 
mu.JPG

ここ、デンマーク領でなおかつ植民地だ。たとえ識字率が高かろうが低かろうが、影響は無い。

 
 
mu.JPG

ただ、デンマークは海軍がそこそこ強いので、プロイセンとデンマークがかなりの確率で戦うので、弱ったところを叩く。

 
 
部下.JPG

なるほど。

 
 
mu.JPG

それと港ではないが、ここだ。

 
 
nolink
 
 
 
 
部下.JPG

こ・・・ここはスイス?

 
 
mu.JPG

そうだ。ここはオーストリア様が倒してくれる上に、工場もついてくる。識字率も高い。63%台になる。

 
 
部下.JPG

なるほど。

 
 
部下.JPG

国家予算は指示どおりにこのようにしておきました。技術研究も「取引の自由」研究に取り掛かっております。

 
nolink
 
 
mu.JPG

うむ、ご苦労。

 

ポーランドはいまだ滅びず


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS