ポーランドはいまだ滅びず

ポーランドいまだ滅びず第十一話 今度は正面からヒグマ退治

 
 

1902年11月 ポーランド議会にて

 
nolink
 
 
 
mu.JPG

・・・・以上のように我がポーランドの軍事力はロシア・オーストリアに比してほぼ同等の戦力しか保有していません。

 
 
mu.JPG

もし、この2カ国が共同で攻撃してくるならば、わが国の敗北は必至であります。

 
 
mu.JPG

とりあえず、オーストリアは先の戦争で押さえることができましたが、奪われたスロバキア地方と、新規独立させたスロバキア、
及びハンガリーの制圧を目論む可能性が高いです。

 
 
mu.JPG

従いまして、よりいっそうの軍備増強と、ロシアに対しても、二度とわが国の領土を奪われないために、その国力の斬減をはかる必要があります。

 
 

1902年11月 クラクフ 旧王宮の一室

 
nolink
 
 
 
mu.JPG

とりあえず議会の承認は得ておいた。

 
 
bu1.JPG

はっ。準備は滞りなく進んでます。

 
 
bu1.JPG

兵力の回復とインド・アフリカで生産中の旅団を編成・配置には半年くらいでしょうか。

 
 
mu.JPG

今度は総動員で対抗されても戦力はほぼ互角と見る。

 
 
mu.JPG

とりあえず最初の半月は進めるだけ前進して、敵とぶつかったら包みこむようにやさしく包囲して差し上げろ。

 
 
mu.JPG

それと、当初は同盟国には参戦を要求しない。

 
 
mu.JPG

弱い同盟国軍は助けるのがめんどくさい。

 
 
mu.JPG

こっちに敵をひきつけておいてあとからゆっくり獲物をいただいてもらう。

 
 
mu.JPG

今回欲しいのは領土ではない。敵の領土=国力が減ればいいのだ。

 
 
mu.JPG

領土要求は他国にもやってもらおう。BBRがもったいない。

 
 
bu1.JPG

はっ。

 
 
mu.JPG

では、解散!

 
 

1903年7月 旧王宮地下某所

 
 
material.JPG

ご苦労、聞いたぞ。準備は進んでいるな。

 
 
mu.JPG

はい。しかし、このまま順調に行ったとして、何年かかるかわかりませんな。

 
 
mu.JPG

オーストリアは何とかなるでしょうが、ロシアは・・・・。

 
 
material.JPG

そう言うだろうと思って書物を用意しておいた。

 
 
material.JPG

読んどけ。(パサッ)

 
 
mu.JPG

・・・?この本は?

 
 
material.JPG

今年巷で流行った架空歴史小説だ。これでも読んで勉強しておけ。

 
 
mu.JPG

・・・・・

 
 
mu.JPG

・・・・これはっ・・・この内容は・・・・。

 
 
mu.JPG

・・・・・奇遇ですな。参謀本部で密かに研究していることと・・・・しかし・・・

 
 
material.JPG

対露戦が終わるまでしばらく時間があるだろう。ゆっくり考えておくことだ。

 
 
mu.JPG

それはそうと、ロシアとの闘いが一段落したら、アレを教えていただけますかな?

 
 
mu.JPG

もうポーランドは後に引けない寸前まで来てるのですからな。

 
 
material.JPG

そうなったら教えてやる。約束だからな。

 
 
mu.JPG

頼みましたぞ。

 
 

1903年8月4日 ポーランド=ロシア国境

 
 
bu1.JPG

大佐、全軍配置完了しました。

 
nolink
 
 
 
bu1.JPG

本国の西部以外にも

 
nolink
 
 
nolink
 
 
 
bu1.JPG

黒海の西岸と東岸にそれぞれ配置しています。

 
 
bu2.JPG

第1陣は足の速い騎兵隊を中心に編成してます。

 
 
bu2.JPG

第2陣は砲兵込みの部隊としてます。

 
 
mu.JPG

諸君、今回の闘いはポーランドの領土拡大を意図したものではない。

 
 
mu.JPG

ヒグマどもに虐げられている民族の独立のために行うものだ。

 
 
mu.JPG

かつて我等のようにロシアの支配下にあったものたちだ。

 
 
mu.JPG

彼等が独立すれば、今後、我等の力となってくれるだろう。

 
 
mu.JPG

わかったな?わかったら前進しろ!

 
 
mu.JPG

従わぬ奴はワルシャワの動物園のヒグマの檻の中で、裸でBBQをさせてやる。

 
 

1903年10月8日

 
 
bu2.JPG

万事順調です。セオリーどおりやっています。

 
 
bu2.JPG

南北にながーく戦線ができましたが、南北の切れ目から後背に回り込みます。

 
nolink
 
 
 
bu2.JPG

いささか分を超えた大包囲網ですが。

 
 

1903年12月16日

 
 
bu1.JPG

大佐!

 
 
mu.JPG

どうした騒々しい。前線は落ち着いただろうが。

 
 
bu1.JPG

ロシア各地で反乱軍が蜂起しました!

 
nolink
 
 
 
mu.JPG

くそ!このクソ忙しい時に!

 
 

1904年4月25日

 
 
bu3.JPG

南部戦線 順調です。

 
nolink
 
 
 
mu.JPG

トルコはどうしてる?

 
 
mu.JPG

主力はセルビアと戦っています。

 
 
bu3.JPG

コーカサスには若干しかきてません。

 
 
bu3.JPG

手伝っていますが占領は遅々として進んでません。

 
 
mu.JPG

くそ。せっかく奴等の中核州を占領できるように空けているのに。

 
 
bu2.JPG

中央戦線も順調です。

 
nolink
 
 
 
mu.JPG

どこだここは?

 
 
bu2.JPG

えーっと、モスクワからウラルにかけての部分です。

 
 
mu.JPG

相変わらす広いな。

 
 
mu.JPG

後何度これを繰り返すのか・・・・

 
 
bu2.JPG

え?

 
 
mu.JPG

いや、なんでもない。

 
 
bu2.JPG

大佐、日本がすこしやる気になっているようです。

 
nolink
 
 
 
mu.JPG

! 領土要求はしてるのか?

 
 
bu2.JPG

いえ、まだ。。。

 
 
mu.JPG

くそ。

 
 

1905年2月15日

 
 
bu2.JPG

大佐、ヒグマが和平をのむそうです。潮時です。

 
 
bu2.JPG

今回の戦果は・・・フィンランドの独立

 
nolink
 
 
 
bu2.JPG

ウクライナの独立

 
nolink
 
 
 
bu2.JPG

満州の独立と、ロシア沿海州の日本への割譲でした。

 
nolink
 
 
 
bu2.JPG

なお、大佐が期待していた日本とトルコはロシアに一切領土要求をしませんでした。

 
 
mu.JPG

もうしらん。あの2国は・・・・

 
 
mu.JPG

よし、撤収しろ。

 
 

1905年3月 旧王宮の一室

 
nolink
 
 
 
bu1.JPG

大佐、報告です。

 
 
bu2.JPG

あれ?いらっしゃいませんか?

 
 
bu1.JPG

?何だ、この本は?「世界はルクセンブルク中心に回ってる」? 「ハワイアンエンパイア」?

 
 
bu2.JPG

ああ、巷で今年流行った架空歴史小説だ。

 
 
bu2.JPG

この本を読んでるとすればもしや・・・・

ポーランドはいまだ滅びず


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS