ロシアは蛮族か否か

禁猟期間

開始時点で、ロシアは116師団保有しており、プレイヤー国家の中では一番多いようだ。
陸軍研究はやや遅れている程度で、師団数でカバーしろということなのだろう。

オーストリア同様に海軍研究は未だに非文明国家に毛が生えた程度で
おまけに、開始時のランクが6位なので市場買い付けがし辛い為、海軍ツリーに関しては後回しにすべきと判断。

今回は、AHDということもあって、ロシアには研究点割引が付いて非常にお得ではあるが
識字率の死にっぷりが酷くて、オチオチ寄り道も出来たものではない。

研究順はというと、Empiricisim ⇒ Positivism ⇒ Breech-loaded Rifles ⇒ Machine Gunsの順番で
将来のために研究点UPを狙いつつ植民地競争に参入する事にする。

イタリア分割

開始早々、お約束のイタリア分割が始まった。成立したばかりで悪いが、ここでもイタリアは食い物にされる運命にあるようだ。

各々が欲しいステートを通告した上で、ロシア+オーストリア+イギリス・フランス+ドイツの順番で宣戦を行い、ローテーションを組んで順次講和をしていく。

イギリス.......シチリア
フランス.......トスカーナ
オーストリア...カンパニア
ロシア.........プグリア

ちなみに、ドイツはジャワと植民地国家1つを先取出来る特例があるので
ジャワ+ソコトへ進出したようだ。

植民地競争に向けた動き

イギリスは3C政策の実現を目指すと明言し、各国の了承の元、スエズを領有した。
シーレーン防衛面の問題は兎も角、アジア進出をする上でスエズに運河を利用できるのは非常に有り難い。

その間にも、フランスはモロッコからタザを、オーストリアはエジプトからコルドファンを割譲させるなど、各国植民地獲得に向けて抜け目がない。

ロシアも負けじと、Luxさんの-ウォッカを世界に広めようを参考にペルシャから
ペルシャ湾に繋がる3ステートを割譲させた。

後でFuwaさんから指摘されたが、3回に分けて割譲させた方がBBR的にお得だという話が出た。 この時の判断ミスが大きな影響を及ぼすのであった・・・。

東洋のナポレオンとヤンキーという存在

今回の日本は、早期に文明開化を果たすディシジョンを実行しており
1年足らずで文明化を果たしていた。

ややリスキーであるが、マルチの特質上、日本分割がいつ起きてもおかしくないので悪くない判断なのかもしれない。

ヨーロッパ各国がイタリアやアフリカで涎を垂らしている刹那
東南アジアでは日本によるシャムのUdon Thani Region(これなんて読むの・・・。)とオランダ領ジャンビの割譲が行われたようだ。

シャムは兎も角、オランダはイタリア分割やアフリカ進出でヨーロッパ勢の目がアジアに目が向いてない間に獲得したようだ。

今回の日本は、AHDのルール上朝鮮は中国のサブステートであり
またマルチルール上併合不可なのでまずは手近の東南アジアを固める算段なのだろう。

とはいえ、ハワイに手を出さず、アメリカにすんなり併合させた辺り
何か裏で密約などがあるのだろうか?

アメリカはというと、1865年までのプレイヤー間の宣戦は禁止というルールに基づき南北戦は無事終えたようだ。
開始前に、南北戦争中は各プレイヤーで戦争物資の買占めが起きると予想された事から、最初から辛い思いをしたようだが
逆に言えば、マルチの先例をいち早く受けた事になる。 なんと羨ましい!(棒

大陸封鎖例

ツァー筆記中

ロシアは蛮族か否か


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS