導入(INTRODUCTION)

ヴィクトリアII ゲームマニュアル、エドウィン・ハンクス著 (Victoria II Game Manual By Edwin Hanks)


なぜ、およそ1世紀にわたるゲームを一人の人間にちなんで名づけたのか?
「ヴィクトリア時代」の根拠は何なのか?
Why name a game . or nearly a century of history . after one person?
What justifies the term, “The Victorian Age?”


ナポレオン・ボナパルトの戦争は1815年に終わり、
革命期と帝政期のフランスはヨーロッパの面影を一変させ、
それまでの世界のイメージを消し去った。
その後すぐに世界の舞台でスポットライトを浴びたのは
戦勝国たるイギリスであった。
これはヴィクトリア姫が生まれた1819年の世界のことであった。
The wars of Napoleon Bonaparte had ended in 1815,
and while Revolutionary and Imperial France had changed the face of Europe and consumed the imagination of the world until then,
it was victorious Great Britain that soon took over the spotlight on the world stage.
This was the world Princess Victoria was born into, in 1819.


19世紀の残りから20世紀を通じて、
イギリスは世界最大の力をもったまま勝ち残っていた。
全ての海軍の頂点たる、数多のロイヤルネイビー(英国海軍)を機軸に
かの国は、アフリカ植民地の大部分、
中東の一角、多くのアジア、カナダ、オーストラリア、
そして世界中の何百もの局地や島々を大なり小なり統治した。
イギリスは、インド亜大陸の莫大な富をも支配した。
Throughout the remainder of the 19th Century and into the 20th,
Great Britain remained the foremost power of the world.
To a greater or lesser degree, she held sway over much of colonial Africa, parts of the Middle East, much of Asia, Canada, Australia, hundreds of isolated properties and islands around the world,
which the prolific Royal Navy used as bases, and on top of all that,
Britain controlled the riches of the enormous Indian subcontinent.


しばしば言ったように「日没なき帝国」大英帝国は全地球にまたがり、
帝国全土が一日のうちの何時においても、
すっぽりと暗闇にのまれることはなかった。
As was often said, “the sun never set upon her empire” .
the British Empire spanned the globe,
and the whole of it was never entirely in darkness at any hour of the day.


ヴィクトリア女王(もしくはしばしば女帝とも呼ばれる)は63年間、
発展していく国土を統治したが、
その始まりは彼女がたった18歳のときである。
彼女は良識とそれによる慈悲、礼節、
およびロマンチックであどけないことでも有名だった。
Queen Victoria . or The Empress, as she was often called , ruled this expansive realm for 63 years,
beginning when she was only 18 years of age.
She was noted for her good sense and relative compassion,
and also for her propriety and romantic innocence.


ヴィクトリアはまた、当時の世界的な特徴や
ヨーロッパの様々な王室の相互関係を体現した。
彼女は民族的にはドイツ人であった。家庭内ではしばしばドイツ語を話し、
ドイツ人に嫁ぎ、そして彼女の娘は後にドイツ帝国の女帝になった。
1901年の彼女の崩御のころ、大陸の君主の大半は
彼女のいとこ、甥、姪、孫で占められており、
その中には、ひ孫で第1次世界大戦を率いたウィルヘルム2世も含まれていた。
Victoria also stood for the cosmopolitan nature of the age,
and the interrelationships between the various royal families of Europe.
She was ethnically German, often spoke German at home, married a German, and her daughter herself later became the Kaiserin of mighty Imperial Germany.
At her death in 1901, most of the continent’s rulers were her cousins, nephews, nieces or even grandchildren,
including grandson Wilhelm II, who led Germany through World War I.


真実からすれば、この時代の世界人口の半数以上は大英帝国の外に住んでいた。
しかし、実際の統計では、事実上ほとんど半数の人口は、
ヴィクトリアのロンドンに何らかの形で支配された地域に住んでいた、
という事実を強調する。
そして残りの何億もの人々は、ユニオンジャックがなびく帆船すなわち
イギリスの商品を載せて外国の港へ運んでいた貨物船、
ある者を守り、残りに死をもたらすためにそびえ立つ軍艦
のどちらかに作用されていた。
It’s true, more than half of the world’s population during this period of time lived outside of the British Empire.
But this figure virtually emphasizes the fact that almost half the world’s population did,
in fact, live in some area of the world which was ruled from Victoria’s London!
And of the remainder, hundreds of millions more were touched in some way by the sailing ships flying the Union Jack ,
either the cargo vessels which carried British goods to foreign ports,
or the towering warships, which offered protection to some, and death to others.


これは、世界におけるヴィクトリアの足跡である。
19世紀の大部分を通じて、イギリスのポンドは国際通貨の「金本位」だった。
ロイヤルネイビーは公海上で第一の権威であった。
そしてイギリス本島に鉄道を広げ、工場を煙らせた先例は、
歴史におけるこの時代に別の名をもらたすだろう。
「工業化時代」と。
This was Victoria’s mark upon the world.
During most of the 19th Century,
the British Pound Sterling was the “gold standard” of world currencies,
the British Royal Navy was the primary authority on the high seas,
and the example being set in the British Home Isles,
with her sprawling railroads and her smoking factories,
would give rise to the other name for this period of history
. The Industrial Age.

 

ゲームコンセプト~19世紀の世界(Game Concept: The World of the 19th Century)

ヴィクトリア2は、19世紀から20世紀前半にかけての時代の有り様、
つまり政治、国勢情勢、軍功、植民地化、国際貿易、技術と発見、工業化、
そして大衆運動のたくさんの局面をうまく表現した、
楽しいゲームであることを企図している。
Victoria 2 is intended to be a fun game that captures many aspects of the politics, international affairs, military exploits, colonisation, world trade, technology and discoveries, industrialisation and popular movements which made the historical period of the 19th Century and early 20th Century what it was.


それはプレイヤーが、歴史に没頭するのに妥当なレベルにある
世界中の任意の国を選んで遊べるようになっており、
歴史と政府の重要な部分に取り組む世界的なストラテジーゲームである。
It is a game of global strategy, addressing important areas of history and government,
allowing the player to choose to play any country in the world with a reasonable level of historical immersion.


前作「ヴィクトリア~太陽の沈まない帝国」とは違い、
このゲームは歴史的な決定論を避ける。
あなたの変動的な歴史における全ての出来事の如何にかかわらずに
史実に沿って「あの年のあの日」に発生する歴史的イベントに成り代わり、
ヴィクトリア2は世界がどう変化したのかによって、
歴史的イベントや傾向を合わせようとする。
これを実現するために、我々は当時の主要で一般的な経済活動をモデル化し、
史実および、あなたとコンピュータが織り成すパラレルワールドの意向の両方に沿って
これらの引き金となるイベントが適宜生じるよう、計算しなければならない。
Unlike its predecessor, Victoria: An Empire Under the Sun, this game steers clear of historical determinism.
Instead of historical events happening because it’s a certain day or a certain year when that really happened,
irrespective of everything that has changed in your alternate history,
Victoria 2 seeks to match historical events or trends with the context of how the world has changed.
To do this, we have to model the major popular and economic movements that drove the history of this period,
and figure out how to make these trigger events at the right time,
both true to history and making sense within the alternate world that you and the computer have wrought.


あなたの国の予算、政策、外交、軍備、研究および工業化を操作するにあたって、
あなたは、自身の選択によって実際に影響を及ぼしている、と感じ取るだろう。
あなたは「ガイアナに干渉するか」それとも「東インド諸島に植民するか」のような
決定において「バタフライ効果」を発動し、
その結果あなたが予想しきれなかった効果が起こりうる。
しかしそれは、実在する何らかの背景があってこそ、起こりうるのである。
When you take control of the budgets, policies, diplomacy, military, research and industrialisation of your country,
you will feel like you’re really influencing things with the choices you make.
You’re driving the “butterfly effect,”
where your decision to intervene in Guyana, or to colonise the East Indies,
will cause other effects which you might not be able to predict,
but which will make sense in the context of what’s really going on.


1836年のヨーロッパとアメリカ大陸では、鉄道がまだ新機軸であったが、
それらは次の100年の歴史を変えていくだろう。
工場はちょうどできつつあったところであるが、次の世紀には、
人々が仕事を探すために、田舎の農場から都市の中心部へと集団移動が起こるだろう。
これらの仕事は低賃金であっただろうが、
それでも家族の生活水準を以前より向上できたかもしれない。
これらはこの時代における人類全体にとって、
土地から土地へ、のみならず、階級から階級へ、も含まれた大きな動きであった。
中間階級たる商店主やホワイトカラーは成長し始め、
そしてそれは、地域的にも国際的にも活発化していた商取引による収益が
養われつつあったことを意味していた。
In the Europe and Americas of 1836, railroads were still an innovation,
but they would transform the history of the next 100 years.
Factories were just starting to come into being,
and over the next century, a mass migration from the farms of the countryside
to the industrial centres in the cities would occur so people could find jobs.
These jobs would have low wages, but they might still enable a family to survive at a higher standard of living than before.
There was much movement among the population of the period,
not just from place to place, but even from class to class.
A middle class of shopkeepers and white-collar workers began to grow,
which meant incomes could support a more vigorous local and international trade of goods.


圧力はこの時代において、世界中の多くの政治的経済的状況に対して特徴をつけていった。
しかしそれはまた、急激な変化を引き起こした時代でもあった。
急激な変化は、下級階級か、貴族のような上流階級のどちらかにとって、
いつも歓迎されいるわけではなかった。
それはいくらか混乱と不愉快の時代であった一方、
ある者にとっては、めざましい機運の時代であった。
Oppression came to characterise many of the economic and political aspects of this time in history, worldwide,
but it was also a time of awakening and rapid change.
Rapid change not always being welcomed by either, the lower classes, or the ranks of aristocrats,
it was a period of turmoil and discomfort to some, while being a time of astounding opportunity for others.


軍隊はこの時代に変革を遂げた。
高精度な大砲と小火器によって、戦場には新たな戦術が導入された。
爆弾と榴弾砲の爆発力によって、かつての「砦」は時代遅れとなり、
この時代における新しい「要塞」は、はるかに堅固になるよう、性質を改められた。
海においては、全てが変化した。
軍艦たちは、それら自体が技術革新によって装甲や大砲を纏った要塞と化し、
かえってそのために、銅や鉄の装甲を打ち抜く必要に迫られた。
The military arts were revolutionised during this time, with new tactics being adopted on the battlefield,
and the accuracy of cannon and personal firearms increasing.
The explosive power of bombs and howitzers made old fortresses more irrelevant,
and the new fortresses of this period changed their character to be far more sturdy.
At sea, everything changed, as the ships themselves increasingly turned into fortresses,
with armour plating and technologically advancing naval artillery
which was necessary to punch through the copper, iron, or steel plating.


そして1836年に最先端であった軍艦は、兵装、防御、何よりも推力の変化によって
わずかに10年間もたてば、時代遅れとされただろう。
石炭駆動の蒸気エンジンは、国際貿易が陸上輸送と工場によって激変したのと同じように、海戦を一変した。
同様に、我々の歴史の終盤においては、人類に空の支配をも与えるために、
燃焼機関と他の技術は結びついた。
A ship which was state-of-the-art in 1836 would become obsolete mere decades later
because of changes in armament, protection and, most especially, propulsion.
Coalfired steam engines transformed naval warfare,
just as it did world trade and even landbased transportation and factories.
Similarly, at the end of our historical time period,
the combustion engine combined with other technologies to give mankind control of the skies.


ヨーロッパ諸国はこの時代、海外の全ての大陸に帝国を拡大し、世界の大部分を支配した。
重要な主要国はヨーロッパ以外にも存在した。
中国は明らかにそうだし、アメリカもまた主要国である。
おそらくはブラジルとメキシコも主要国であろう。
19世紀後半から20世紀はじめにかけて、
日本は産業、技術、軍制、そして政府さえもヨーロッパの革新性に倣って真似をし、
ヨーロッパに評価されるために、その国力を築き上げた。
しかしそれらをもってしても、国際貿易と植民地支配という点によって、
やはりヨーロッパこそが世界を支配している、というように見なされた。
アフリカの大部分は、ゲーム開始年代には植民地化されずに残っているが、
ゲーム終盤には植民地として塗りつぶされてしまった。
部族文化は、アメリカ西部は言うまでもないが、未だ東インド諸島、オセアニア、オーストラリア、
さらにはアジアの内陸部でさえ独立して統治していて、そこでは辺境の住民、牛飼い、
カウボーイとそのライバルたるアメリカン・ネイティブが、
この時代まで名声を得続けていた。
European nations ruled much of the world at this time, having expanded her empires abroad into all the continents of the world.
Significant world powers existed outside of Europe,
most obviously in China, but also in the United States, and perhaps Brazil or Mexico.
By the late 1800s and early 1900s, Japan had emulated innovations in European industry, technology, warfare and even government,
and had built herself into a force to be reckoned with.
But still, European dominance in colonisation and world trade placed them
at the helm of much that went on in the world.
Most of Africa remained uncolonised at the beginning of our game time-period, but had been filled in by the end.
Tribal cultures still held independent sway over parts of
the East Indies, Oceania, Australia, and even interior Asia, not to mention the American west,
where frontiersmen, cattle drivers, cowboys and rival Native American tribes earned fame that persists to this day.

選択の幅(Range of Choices)

(翻訳中)


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS