[[外交への変更(DIPLOMACY CHANGES)>manual_hod_DIPLOMACY_CHANGES]] ← → [[予算への変更(BUDGET CHANGES)>manual_hod_BUDGET_CHANGES]]

*工業への変更 [#r4ba61e0]
翻訳中

工場は原材料を同一ステートで生産している状態にある時、関連産業の促進により処理能力へのボーナスを得る。

例えば、鉄と石炭を生産するステートは製鉄所のための理想的な場所だ。
そしてそれは重火器工場と自動車工場を建設するのにも良い場所であり、最終的には戦車工場を建設する事にも向くだろう。

工場で使用するすべての原材料が地元で生産されるならば、このボーナスは最高25%になる。

基本的な工場については、このボーナスの上昇率は原材料間で均等に分割される。
しかし、工業製品と原材料の両方を使用するもっと高度な工場については、工業製品の方がボーナスの上昇率に占める割合が大きくなる。

さらに、製鉄所と製材所はもはやそれらの原材料を生産するステートに制限されない。

工場のもう一つの変更点として、それらが利益を上げていない場合、労働者を解雇するより前に生産を縮小する事が出来る。

生産を縮小する事で、大量失業を引き起こさずに短期間の赤字を乗り越える事が出来るが、それは労働者の移住や転職の原因となるかもしれない。

[[外交への変更(DIPLOMACY CHANGES)>manual_hod_DIPLOMACY_CHANGES]] ← → [[予算への変更(BUDGET CHANGES)>manual_hod_BUDGET_CHANGES]]
[[マニュアル和訳]]

*Industry Changes [#o4be719c]
Factories now get a Throughput bonus when built in a state that produces their input goods, which encourages clusters of related industry.

So, for example, a state that produces Iron and Coal is an ideal place for a Steel mill, which is then a good spot for Artillery and Car factories, and eventually Tanks can be built there.

This bonus can be up to 25% if all the factory’s inputs are produced locally.

For basic factories the bonus is evenly split between input types, but for the more advanced factories which use both manufactured goods and raw materials the bonus is weighted towards the manufactured goods.

Additionally, Steel and Lumber mills are no longer limited to states that produce their input goods.

Another change with factories is they are now able to scale back production before
firing workers if they are not making a profit.

By cutting back they can make it through brief periods of non-profitability without causing mass unemployment, which may cause workers to move away or find another job.


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS