外交における変更(DIPLOMATIC CHANGES)

大義名分(Casus Belli)

AHDにおける比較的大きな変更として、大義名分なしに宣戦できなくなったことがある。
プレイヤーがするような完全なまでの合理的な要求を、AIが同様に行うのは期待できないので、大義名分の新たな作り方を加えることにした。この過程のどこかであなたの行いは発覚する可能性が非常に高いが、どれだけの悪評を得ることになるかは、いつそれが発覚したかによって異なる。早期に発見されるのはよろしくないが、準備が進めば進むほど、大義名分が説得力のあるものとなる。大義名分の生成速度は政府の軍事政策によって異なり、愛国主義が最も早く、平和主義が最も遅くなる。

A rather large change in AHD is that you cannot declare war without a Casus Belli (Reason for war). Since you cannot always count on the other side doing something to justify your perfectly reasonable requests, we have added a mechanic to create CBs. It is highly likely that you will be discovered at some point during this process, but how much Infamy you receive for this depends on how soon you are found out. It is worse to be discovered early, the further along your preparations are the more convincing they look. CB generation speed is based on your government’s Military Policy, with Jingoists having the fastest CB creation and Pacifists the slowest.

Diplomatic_Casus_Belli.jpg
 

共産主義を奉じる列強は「プロレタリア革命の拡散」という特別な大義名分を所持しており、他国へ共産主義体制を強制することができる。もし他の列強がこの戦争に介入し、失敗した場合は、「反革命」の大義名分を手に入れ、不運な国にその列強の政治体制を強制することができる。

Communist Great Powers now have a special “Spread the Revolution” CB, which can be used to install communist regimes in other lesser nations. If other GPs intervene in this war, but fail to stop it, they will receive a Counter-Coup CB it install their own government type in the unfortunate nation.

影響圏(Sphere of Influence (SoI))

あなたの影響圏内の国であっても、もはやその国のすべての産物を優先的に取得することはできなくなった。準列強ならば50%まで、ただの文明国なら75%まで、非文明国ならすべてを優先的に取得できる。
また、あなたの影響力が100に達し、さらに影響力が注がれた場合、他国の影響力が下がります。

Nations in your Sphere of Influence now no longer give you access to their entire Market by default, instead a Secondary Power gives you access to 50% of their Market, a lesser Civilised nation gives you 75%, and Uncivilised nations give access to their entire Market.
Also, when you reach 100 influence with a nation, further influence will
“spill over” and decrease the influence of other nations.

海外への投資(Foreign investment)

更なる新しい特徴として、列強ならば他国に工場や鉄道を、非文明国の場合は鉄道だけになるが、建設することができる。これの利点は、投資すればするほど、他の列強の影響力が上がりにくくなることである。
影響圏内の文明国なら、優先的に取得できるものが増える。その国の産業すべてをあなたが保有していたら、その国の産物全てを思いのままにできる。
海外投資のリスクはあなたの投資によって、弱小国が準列強、果ては列強になってしまう可能性があることだ。
さらには、影響圏に入っていない国は、国営化の決断をすることがあり、これは海外からのすべての投資をなかったことにしてしまう。共産革命が起こった国では、必ず国営化が起こることになる。
自由主義経済を掲げる政府は他国への投資ができないし、計画経済の政府を持つ国へはどの国も投資できない。

Another new feature, Foreign investment allows Great Powers to build Railways and Factories in other nations, or just Railways if they are Uncivilised. The benefit of this is, the more money you invest in a nation, the harder it is for other GPs to influence them.
In the case of Civilised nations in your SoI, you also gain more access to their Markets. If you own 100% of their Industry you have access to 100% of their market.
The risk to Foreign investment is that your help may raise a lesser nation to Secondary Power or even great Power status.
Additionally, any nation not in a SoI may take the Nationalise Decision, clearing all Foreign investment. Any nation that suffers a Communist revolution will Nationalise by default.
Laissez faire governments cannot invest in other nations, and no nation can invest in a nation with a Planned Economy government.

軍事画面(MILITARY SCREEN)に続く


添付ファイル: fileDiplomatic_Casus_Belli.jpg 254件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-02 (木) 05:49:58 (2694d)